お絵かき掲示板Art.net

紅 亜門さんのイラスト「無題」

オリキャラclub!OCP
No:7 - 014130
2020年03月27日(金) 10:19
作者:紅 亜門さん

作者メッセージ

お前がこの山の聖域を犯そうならば、私が一撃で地に帰してやるぜ!

珍しい…この山に客なんてな。まぁ、獣に殺られない様に気を付けろよ。



基本的なプロフィール

名前:朝臣 神(あそん しん)
種族:人間
一人称:私
二人称:お前、等
得意:霊術
苦手:世話
能力

神天山封印
神天山の範囲に居る悪しき者を封印する能力。
自由浮遊
指定した生き物以外の物を自由に浮遊させる能力。
これを使ってお札を浮遊させ、生き物等の封印物に貼っている。
紅玉
あらゆる物が封印されている玉を自由に出現させる事が出来る。
容姿

黒のポニーテールをリボンでくくっていて、紅いメイクと紫の口紅をしている。
能力を使う時は左目(彼女から見て)が反転目になり、文様が増える。
紅い目で、巫女服を着ている。
普段は大麻(おおぬさ。博麗の巫女が使っている棒みたいなヤツ。お祓い棒の正式な名前。薬物じゃないぞ!)を持っている。
邪道

「お前らはいつまでも邪道だな!」
私は二人を叱っていた。
私の弟と妹なのだが、真面目に仕事をしようともしない。
妹に至っては、殆ど霊術を扱えないという始末。これは酷い…
「いつまでもそのままだと、いつか地獄の罰を受けるぞ。精々気を付け、日々真面目に仕事や修行に取り組むように!」
結局この二人は…あれだけ忠告したのに地獄に行ってしまった。
あぁ…跡継ぎが居なくなってしまったなぁ…

詳しい設定

朝臣神社の巫女で、神天山に住まう人間。
普段は巫女として悪霊の封印やお祓いを行っており、人々からの人気も高い。
男性らしい口調で、師匠が女性でありながら男性らしかった事の影響だという。
年下の世話が下手で、それ故に妹と弟を地獄に落としてしまった。
紅玉の封印には異常な程の霊力を消費していて、年に一度訪れる『厄日』と呼ばれる日には紅玉の封印が解けてしまう。
顔のメイクには、悪霊が嫌う霊力があるらしく、それは化粧に使う塗り物に霊力があるからだという。


朝臣神だぁ!良くデザイン間違える!
手抜きの時は輝度で影塗るけど、手抜かない時は普通に乗算で塗っています(

コメント

コメントはまだありません

コメントの投稿はオリキャラclub!OCP

もどる