お絵かき掲示板Art.net

カラスさんのイラスト「この絵はどうですか?」

アドバイス板
No:9 - 004038
2020年03月26日(木) 19:56
作者:カラスさん

作者メッセージ
こんばんは。初めて投稿します。この絵は鉛筆でとある国の風景を模写したものです。風景の写真は無くしてしまったのでありませんm(_ _)m

藝大に通ってる人や美術に精通してる人から見たこの絵はどうでしょうか?

僕は今まで美術教室や美術予備校には通った事がないです。大学も美術系の大学ではなく都内にある理系の某単科大学です。デッサンの練習もあまりしたことがないですし、幼少期から鉛筆で何かを書き続けていたわけではありません。この絵は人生で5枚目に描いた鉛筆デッサンです。大体の画材は初見でそれなりに使いこなせてしまいます。自分で言うのも変ですが、油絵やアクリルの方が鉛筆でのデッサンよりも上手いと思います。油画とアクリルで絵を描いたのは通算で10回もないですし、練習したことは無いです。恐らく才能?があるんだと思います。しかしながら僕自身芸術自体にあまり興味がありません。

美術の練習をまともにしたことがない人間の描いた絵としてこの絵の評価はどんなもんですか? また、何か改善点は有りますか? アドバイスや感想お願いします。

これを機に美術に興味が持てたらいいなと思ってます。

コメント

宇宙人でさん(1585581397)

初めまして。わたしは、この掲示板でイラスト系の作品を投稿していますが、高校で美術を専門に学び、予備校にも通っております。(大学も美術大学をめざしています。)
少しでも参考になりますと嬉しいです。

全体で見ると上手いと思いますが、よく見ると違和感や残念だな。と思う点を上げさせていただきます。

まず、遠近感についてです。どれが近くでどれが遠いというのは、デッサンにおいて重要なのですが、それがこのイラストだとわかりにくく、のっぺりしているな。という印象です。
改善点としては、手前をしっかり描きこむ。遠いところをぼかすなどが挙げられます。

遠近感を出す上で、色の幅(グレーの幅)も重要になります。カラスさんの絵は、全体的に柔らかいグレーで均一した色のイラストですが、もう少し明暗の関係をハッキリさせ、色の幅を広げるともっと良くなると思います。

それから、物の質感が全部同じに見えるかなと思います。例えば、自転車だと、金属の部分はと光沢が目立つはずです。しかし、このイラストだと、背景の植物も家も自転車も同じようなタッチで描かれているので、同じ材質に見えてしまいます。それぞれの物の質感を描き分けるのもデッサンでは大切なことです。

私は風景を描くのが苦手なので、すごいと思いました。これからも頑張ってください!


ひまななしさん(1585376862)

初めまして

正直な話、模写ですとわりと初めから描ける人はそこそこ居るなという自分の身の回り見ての感覚です
特に画材のアクリル、油絵の方も使い方というより自分の思った立体感、色の深みみたいなものを出そうという興味と根気強ささえあれば初めてでもそこそこ描けてしまう印象です

勿論適正は有る方だと思います
全体を書き込む事、ざっくりとパース感を作れてる事、それなりの集中力と絵を描く興味がないとまず出来ない事だと思います。
このままの集中力でバリバリ描いて、しっかり基礎技術も履修すれば2年ぐらいで何処かの会社にも受かれるんじゃないでしょうか?大手は難しいですが
twitter、pixiv等のSNSをもしやってらっしゃったら他の同年代の人達を探してレベルを計るのも良い刺激になるかもしれませんね

後はどんなタイプの絵を描きたいか、風景、写実、イラスト、デザイン、キャラクター等々…様々あるのでこれから見つかると良いですね。
応援しています。f


りりれれさん(1585233075)

 アドバイスというか自分の思うことになりますが…
絵自体は非常に丁寧でいい感じだと思います、描き込みも素晴らしいですし、多分カラスさんらしさが出てるんだろうと思います。

 まあ、カラスさんがどんな絵を描きたいかによって役に立つ、立たない、
が変わるので断言できることは無いという気はします、絵に正解はないし、
絵に寄せる人の思いもバラバラです、結局一番大事なのはカラスさんの気持ちだと思います。

 「デッサン」と、「写真」の関係についてですが(これも僕の個人的
考えです)、「写真」は非常に遠近感が出にくいです、「デッサン」の
究極は、そこに実物があるように見える、だとすれば、奥行きの描き分け
が絡んできます。「写真」を否定しているのではなくて、「肉眼」と、
「写真」の違いを認識されたうえで「写真」を活用されれば、コントロール
がしやすくなる気はします。(写真から肉眼に引き上げるには”嘘”が
必要になってくると思います)
(”絵”として言うなら、遠近感ゼロでも全く問題は無いはずです)

 あと、「デッサン」には段階があると思っていて(個人的にです)、
形(輪郭)が正確に描ける→
立体感(遠近感)(奥行き何メートルとか)が正確に描ける→
質感が正確に描ける(砂糖と塩の違いとか)→
存在感が正確に描ける

人間の目は不思議なもので、正方形を定規で描いても、正方形に感じない
らしいです、正確とはいったい何なのかと思ってしまいます…
(個人的には正確性はどうでもいい派で、素敵な嘘支持派です…)

 長々とすいませんでした。


ゆきずりさん(1585231861)

こんばんは。
個人的な感想です。
隅々まで一生懸命に描かれた、とても味のある絵だと思います。
それは鉛筆描きのモノクロ画面というアナログ画の風味に因るところが大きいと思います。
絵の勉強はまず立方体や球体、円柱といった形をきちんと取るところから始めるので、その辺りがクリアされていない感じはします。
ですが根気のある人は絵を描くのに向いていると思うので、今後絵を好きになって学んでいかれるのであれば、きっと大作が描ける方になると思われます。
しかし一番大事なのは無性に絵が描きたくなる衝動で、これがないと絵を描くのはきついとは思いますけれども。


コメントの投稿はアドバイス板

もどる