Amazon.co.jpロゴ


チーム対抗お絵描きバトル
お絵かき掲示板Art.netチーム対抗お絵かきバトル掲示板 > 「迎えにくんのがちょっと遅えよ」J.さん
Team. Bone
Bone
J.さん 迎えにくんのがちょっと遅えよ
イラスト「迎えにくんのがちょっと遅えよ」

『誘惑』

堕天使候補の天使をスカウトしにきた悪魔さん。
思いのほか彼がふてぶてしくてちょっとびっくり。


早くも折り返し・・・!!
・・・完成してます<m(__)m>


No. 006088 Artworks by. イラスト:J.さん [作者検索] [もどる]

[作者用] イラストサイズ: 600 * 800 (391 kb)/shipainter/Q:2 2018年05月01日(火)
[Bone のイラストをすべて見る]

この絵の評価を投票できます.
良いと思う項目を選択 → どのくらい良いか選択 → [投票]

ミミニャ〜さん

こんにちは〜
これは本当に見れば見るほど魅力的な絵ですね〜
スカウトの骸骨君と堕天使候補生という
面白いテーマと解りやすい構図でつかみも良いし
自然物で作られた個性的な牢獄はとても細かく描き込まれて魅力的だし、
隙間から見える空や光からその高さや情景が浮かんでくるのも面白いです。
候補生さんのどこを見ているのか解らない視線がすごく良い味だしてるなーと思いました。
将来大物になりそうな気がします(笑

VS早くも折り返し地点ですが、
今日は珍しく新しい人もたくさん見にきてくださっているので
VS板にもご新規さんが流れてきてくれる事に期待しております(-人-)

2018年05月03日(木) [No.006088-1 - 編集]
J.さん

>ミミニャ〜さん
お目に留めて頂きありがとうございます^^
もう折り返しなんですよね・・・!twitter効果で、ご新規さんも増えると良いですね!
あと1か月となりましたけれど、よろしくお願いいたします^^

牢獄の描写、とても大変だったので(技量と根性の問題なんですけれど!笑;)、
注目頂けまして嬉しいです!牢獄も高所にある想定で描いていたので、お伝えできていたみたいで安心いたしました^^
不思議な雰囲気の方って斜視の方が多いみたいで(ハリウッド俳優さんですとか!)、
人物に不思議な雰囲気をもたせたい時は斜視めで表情を作ってます^^
「将来大物」に思わず吹き出しそうになりました!(笑)ありがとうございます!



2018年05月04日(金) [No.006088-2 - 編集]
そとさん

J.さん、こんばんは!美麗な天使さんのちょっとふてぶてしいような表情も、とても綺麗な輪っかと翼から、もしかしたら元からではなく、色々なものを見続けて故の諦観にも見えてきたり、ぬっと大きくて怖いだろう悪魔さんは、髑髏ではっきりした表情は分からないはずなのに、小さな首の傾げや二人の間のちょっとずれた思いが生む空気が楽しくて、あれ?とか、きょとんとしているのが見えてくるようで、可愛くてたまらなくなりました。二人の間だけが色付いて、止まっていた時間が動き出したような、夕方のような朝方のような不思議な色合いに、物語が動き出すようでわくわくします。鳥さんの影がボロボロの十字架になっているのも、天使さんの心の何かの兆しかなとも思えるのですが、鳥さんの色がとても綺麗で、どちらの道が正しいのかなと問われているようにも思えたり、天使さんの座り方が悟りを開けそうだったり、不思議な牢獄に、彼を捕まえたのは誰かな、神さま、人間、それとも実は悪魔の根回し?と想像を広げるのも楽しくて。わさわさした翼や奥に見える木の葉が本当細かくて、感触を感じられるようだったり、サワサワ風に吹かれて揺れるのが今にも見えてきそうで、隅々まで楽しませていただきました。スカウトさんだと、上司さんがさらに上にいらっしゃったりして、中間管理職で大変とか、天使さんと飲み友達になれそうとか、妙な方へも妄想が広がってしまったりもしつつ(笑)、大好きです。

2018年05月06日(日) [No.006088-3 - 編集]
Crazycatさん

今日は! コメント失礼致します^^

確かな描写がリアリティを感じさせますね。
何より顔が好み…!///
これは堕天してもお美しい悪魔になるに違いありません!

素敵絵ご馳走様でした!

2018年05月20日(日) [No.006088-4 - 編集]

URL:

J.さんの「迎えにくんのがちょっと遅えよ」にコメント

色:
お名前:
パスワード:

[006088通報]

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。