青木青花店

76章 77頁 連載中 「イラスト」

駅に近い、路地にある花屋「青木青花店」
その名前に反して、この店には青い花が無い。
大学生、神崎すみれはこの店の求人広告を目に止め、アルバイトを希望する。
店の中で美しい花に囲まれていたのは、偏屈な店主で・・・。

キャラクターをオリキャラにて投稿しております。タグは「青木青花店」です。

各章の花の画像は、自分で撮影した花の写真や、素材写真から許可を得て使用・加工しております。許可を得て加筆しているものもあります。ご了承下さい。
体裁は短編ですが、話がつながっております。
作品全体として最初からお読みになっていることを前提に進んでいきます。
お楽しみ頂くには一話から順に楽しんで頂ければ幸いです。

お好きな花がみつかりますように。

2014年 6月3日 日下京一拝

01.2月某日
02.Viola mandshurica
03.Hyacinthus orientalis
04.Freesia refracta
05.Spiraea thunbergii
06.Dianthus caryophyllus L.
07.Tulipa gesneriana
08.Anemone coronaria
09.Mentha L.
10.Muscari neglectum
11.Taraxacum
12.Argyranthemum frutescens
13.Ranunculus asiatics
14.Gardenia jasminoides
15.Armeria maritima
16.Caryophyllaceae
17.Trifolium repens
18.Pieris japonica
19.Cerasus × yedoensis
20.Myosotis scorpioides
21.Heliotropium arborescens
22.Chamelauciumuncinatum
23.Magnolia liliiflora
24.Papaver rhoeas
25.Daphne odora
26.Lavandula angustifolia
27.Adiantum
28.Rhododendron
29.Agapanthus africanus
30.Nigella damascena
31.Nemophila menziesii
32.Syringa vulgaris
33.Magnolia heptapeta
34.Iris sanguinea
35.Hydrangea macrophylla
36.Lilium ’Casa Blanca’
37.Gloriosa rothschildiana
38.Cirsium japonicum DC
39.Gladiolus Tourn. ex L.
40.Hibiscus syriacus
41.Ipomoea nil
42.Centaurea cyanus
43.Dahlia
44.Rosa
45.Helianthus annuus
46.Platycodon grandiflorus
47.Gentiana scabra var. buergeri
48.Cosmos bipinnatus Cav.
49.Celosia argentea
50.Osmanthus fragrans var. aurantiacus
51.Lycoris radiata
52.Miscanthus sinensis
53.Lespedeza
54.Trichosanthes cucumeroides
55.Sanguisorba officinalis
56.Kerria japonica
57.Physalis angulata
58.Chrysanthemum morifolium
59.Malus domestica Borkh.
60.Pericallis × hybrida
61.Helleborus niger
62.Osmanthus heterophyllus
63.Euphorbia pulcherrima
64.Camellia japonica
65.Japanese apricot
66.Narcissus
67.Viola mandshurica
本編を書き終えて
1.Jasminum
2.Rosa
3.Camellia japonica
4.B.rapa var. nippo-oleifera
5.Convallaria majalis
6.Galanthus nivalis
7.5月第2日曜日
あとがき

写真素材をお借りしているサイト様・撮影者さま
無料写真素材 写真AC様
fashion86様

日下京一さん


  連載No.000067 登録:2014/05/24 〜 更新:2016/07/06 (10 Res. 2016/05/02,) [編集 | 削除]

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50][51][52][53][54][55][56][57][58][59][60][61][62][63][64][65][66][67][68][69][70][71][72][73][74][75][76]

あとがき

やっと全話を投稿することができました。
気がついたら、こちらで連載を始めて2年を過ぎていました。
とても長かったような、あっという間だったような。

せっかくなので、裏話といいますか、裏設定といいますか・・・コソコソと作っていた設定をお伝えしてみようかと思います。
とても長い上に自己満足のメモ程度のものです。後で辻褄が合っているか確認するためのメモも混ざっています。
全話お読みいただいた方、いらっしゃいましたら、ねたばれガンガンあるかと思いますが、参考にしていただけるともしかしたらニヤっとできるかもしれません。



お話の解説
一部の話は前後のお話とは違う、少し浮いた話があったかと思います。このお話は特に表題の花の花言葉が重要なお話になります。その話を花言葉と合わせて読んで頂けると、一体何が書かれていたのか、分かるかもしれません。
以下はそうしたお話と番外編について解説を少しだけさせていただこうかと思います。ネタバレも含まれるため、番外編を含めまだお読みでないお話がありましたら、お読みになってからのお目通しをお勧めいたします。どうしても腑に落ちない、というお話があればご参照ください。また、ネタバレと言いながら、真相や正解についてあえて言明していないお話もあります。ご了承ください。


ワレモコウ
花言葉は変化、移りゆく日々、愛慕、もの思い、明日への期待。
とある男女の移りゆく日々のお話。男性の方は最後まで読んでくださると「寝起きが悪い」、から連想出来るかと思います。語り手の女性は・・?あえて色々な風にとれるようにしてあります。


この物語には2人の大切な人をうしなった人物が出てきます。あえてこの話ではどちらともつかない描写にしてみました。三人の青い花の名前を持つ女性が出てきましたが、彼が棺に添えたのは、何という名前の花だったのでしょうか?

68.スミレ
話の中で触れられているように、一連の事件から2年が経っています。
この問答がどうしてもやりたくって、必死に花言葉をしらべました。書き始めから、この物語は恋愛ものにする気満々で(派手にドンパチやったり、暗いところがあった癖に)最後は幸せに、と思っていたのでこの話で本編を終えられて良かったです。また、青い花が幾つもある中で主人公をすみれにしたのはこの経緯が理由でした。主人公をあやめにするかすみれにするかで迷いました。あやめも藤もその花言葉をキャラクターの性分に反映しています。
パンジーの花言葉は「think of me(私を思って)」。紫は「You occupy my thoughts(あなたのことで頭がいっぱい)」、白は「thoughts of love(愛の思い)」。ビオラは私のことを思ってください。どんな顔で、とニヤリとできるかと思います。対してその返信のジャスミンはあなたについていきます、あなたは私のもの。この花言葉はちょっとマイナーなのですが、この意味を知った柚木の表情を想像してニヤニヤしてください。笑


ジャスミン
もんどりうつ柚木が書きたくて書きました。68話と同じく、一連の事件から2年が経っています。
本編のすみれサイドとどちらを最後にしようかと悩みましたが、本編はサラッとした結末にしたかったのと、すみれで始まりすみれで終わる方がオツかなと思い、ジャスミンは番外編になりました。すみれサイドとは違って柚木サイドはおかしいくらいに取り乱す柚木の舞台裏です。俺はどうしたんだ⁉︎と取り乱す柚木は書いていて面白かったです。自分がやったことなのに笑。
あえて出てくる花については言及していません。花言葉で会話してるんですが、私にはこんなハイレベルなメールの応答は出来ません。調べて頂くと、恥ずかしいくらいの柚木の返信の内容が分かります。お時間がありましたら、その内容を調べて頂けると柚木のキャラ崩壊具合がわかります。笑。
ちなみに、調べにくいので言及しておくと、ヤマブキは「ずっと待っていました」。アマリリスは寄り添っておしゃべりするような姿から「おしゃべり」という花言葉があります。もう溢れる気持ちで一杯の柚木に対して、「おしゃべりですね、(その言葉を)ずっと待ってましたよ」と返事をするすみれさん…男前です。

菜の花
花言葉は快活な愛、小さな幸せ。
すみれの様子がちょっとおかしいですね。どうしてでしょうか?大雪のクリスマスから4年後のお話です。この歌の問答、私が初めてこの歌を知った時に不思議に思って調べまくった経験があります。

スズラン
花言葉は再び幸せが訪れる。
一つ前の菜の花でふたりが話していた「菜の花や月は東に日は西に」を参考にするとオヤと思える名前が連発します。
上から和明、菜月、満、花菜。明るいという字は日と月に分解できます。

スノードロップ
この花、死を象徴する花とも言われているそうです。
コーヒー駄目な人、いましたよね?

葉牡丹
おじいちゃんの得意科目である程度推測がつくかもしれません。
スズランの話を読んでいただけていれば何となく、誰の話かわかるかもしれません。
スノードロップと葉牡丹は書く必要はないんじゃないかと思って、最後まで悩みましたが番外編ですし、そういう話もいいんじゃないかなと入れさせて頂きました。

5月第2日曜日
この日は何の日でしょうか?作中でもちょっとだけ言及させていただきました。一番はじめの「2月某日」を読んでいただくとオヤと思う所があるかもしれません。
すみれで始まり、すみれで終わる本編、番外編まで読んでいただくと日付で始まり、日付けで終わるようになっています。この話もどうしても書きたかったものです。どこに入れようかと迷い、最後の最後にしました。本編では少ししか触れられなかった彼女の人柄がよく出ていれば、と思います。

<追加>
番外編追記
ーJasminum
67.Viola mandshuricaの視点違いのお話です。
前回、しれっと「本編は終わりです」と言いましたが実際に最終話にしたかったのはこちらの方でした。しかし、ずっと語り部としてすみれが活躍していたので、最後の最後で柚木視点になるのはいかがなものか?と思い立ち、こちらは番外編にまわしました。
柄にもなくもんどりうつ柚木をお楽しみいただけたら幸いです。


ーRosa
44.Rosaで三人が「薔薇を手向けることが必要だろう」と言っていました。
すみれはその意味を知ることはなかったですが、その「薔薇」の正体がこの人物です。彼女には設定も名前もあって、きちんとした物語もくっついているのですがミステリアスな雰囲気とあくまでも端役でしたのでそういったことは一切明かしませんでした。
機会があれば、彼女のお話もいつか。
椿は発言通り、完全にブラックなのですが、裏の世界をチラつかせても覗こうとしない柚木の分別のあるところが椿はお気に入りなんだと思います。
本編の後日談として、書かせていただきました。


ーCamellia japonica
47.Gentiana scabra var. buergeri
48.Cosmos bipinnatus Cav.
49.Celosia argentea
の間の別視点の話です。そして、51.Lycoris radiataでの三島のこと、花のことの種明かしです。
64.Camellia japonicaで桐生が恐怖を覚えたように、椿は得体の知れぬ何か、です。
その不気味さと異質さを残すために本編では深く立ち入らず、三島の処理をしたのは椿であると明言したに止めました。
でも、実はこちらの視点のお話も作っていたので番外編に入れることにしました。
椿のもっと踏み込んだお話もあるにはあるのですが・・・。
機会がありましたら。
ちなみに、51.Lycoris radiataではフレッドが血だまりをリコリスにたとえていますが、私はむしろ椿に似ていると思います。


ーB. rapa var. nippo-oleifera
さて、どんな月か答えはわかりますか?

大雪のくだりがありますが、63.Euphorbia pulcherrimaのことです。
間に67.Viola mandshuricaが入ります。
本編からずいぶん経ってからですが・・・ふたりは幸せです。


ーConvallaria majalis
誰のお話かは明言しません。
ちなみに、ここに登場する名前とある俳句は関連しています。
そういえば、「月と太陽が同時に出ている」ときの月はどんな月か・・・
わかりましたか?


ーGalanthus nivalis
紺野はある知人の体験を軸に、花の名前という本を書きました。
その本はこの話の引用文で締めくくられています。
これまでの話が花の名前に書かれていたことなのか
そうではないのか・・・ご判断はおまかせします。
そしてここに出てくる老人も、誰なのか・・・・
それを知るのもあなただけです。

ーBrassica oleracea var.acephala f. tricolor
このひとつ前とこのお話は公開しようか迷いました。
この話の「かず」はどのかずなのでしょう。
この物語にはふたりのかずがいます。
どちらの「かず」にしても、バイバイしたじいちゃんはやっと大好きなばあちゃんに会えたのです。

つまりは、
一馬だったらじいちゃんは怜二です。
和明だったらしいちゃんは一馬です。
どっちにも取れるようにしてあります。


ー5月第2日曜日
あのひと、の最期の記憶です。


この直後が6.Tulipa gesnerianaです。
すべての始まりのおはなしをどうしても最後にもってきたくて、書きました。
そして、この日に投稿したかった。
5.Dianthus caryophyllus L.でも言われているように、彼女がこの世を去ったのは母の日、つまり5月の第二日曜日でした。

どうにかして「2月某日」と対比した一文をいれたくて、苦心した話です。
苦心して作った部分、気がついていただけたら嬉しいです。
はじまりとおわりをどうしても繋げたかった。
そして、どちらの話も死がゆらめく話にしてあります。



最後に、時間軸についてです。
今回のお話、殆ど一人称なので時間軸が分かりにくくなっています。狙って一人称にしてあるのですが、書き手の力量不足ですこし煩雑になってしまった感が否めません。ここでざっとお示しさせて頂きたいと思います。
5月第二日曜日、その直後がチューリップ。
その数年後に本編が始まります。

番外編の時系列は以下の通り。
ジャスミンは本編最終話のスミレと同時。本編から2年後。
椿の開始はリンドウ〜コスモスと同時。
薔薇はサイネリアの数瞬間前。
菜の花が大雪から6年後、最終話から4年後。
スズランは菜の花から更に8年後。
スノードロップは本編から数十年後。
葉牡丹がスノードロップの数年後。

ちなみに、時系列が捉え方によって異なる話が二つあります。
一つ目はワレモコウですが、捉え方によって時系列が異なるかと思います。どちらに捉えるかはお任せしますが、5月第二日曜日の前か本編最終話と菜の花の間のどちらかの時系列になるはずです。
二つ目は菊。5月第二日曜日よりも前か、チューリップの数日後のどちらかになるかと思います。
時間軸通りに話を追ってみると、また少し違った読み方が出来るかもしれません。


構想から5年、文章を書き始めて今の形になったのが2014年の1月初旬頃。ネット上で連載を始めたのが2014年の5月でした。5年間もこの花屋の話を考えていたのかと思うと驚きです。書き出しから約2年弱、ネット上では1年半の連載となりました。途中でめげることもあり、時系列をメモってたデータが飛んだりして呆然としたり。ネタが尽きて書く気が消失したり。いろいろありましたが、きちんと終わらせられて嬉しいです。
元々は50話程度でしたが、大幅に増量して76話という長編となりました。結構飽きっぽい私がよく根気よく書けたなぁと思います。76話全て短編という体裁を取らせて頂いたことで量がかなり嵩張りましたが、連載の場を与えて下さったこと心から感謝いたします。
主人公達以上に強烈な個性の端役たちは、自分の中にあるまた別のお話で登場することになっています。またそちらのお話で登場した時は思い出してやってください。
まだ形にしきれなかったお話もあり、そちらを追加させて頂くかもしれません。
しかし、これでこのお話は一区切り。
本当にありがとうございました。
ここまでお読みくださった方々にも心から感謝いたします。

書き終え 2015.10.16
投稿終了 2016.7.6

この作品は【スライド展示】です。画像か頁をクリックすると進みます。(画像が読み込まれない場合はブラウザをリロードしてください)
  • 1 Page

続きはまだありません。

[000067問題の通知]
CTぱちぱち

日下京一さんの「あとがき」にコメントはこちら!

URL:

お名前: パスワード:

この章のコメント:0
この連載の他の章のコメント:10