とある水族館の水龍

2章 2頁 完結 「イラスト」

オリキャラの小説が遂に出来ました。文章が微妙ですが差し支えなければ見て欲しいかと。

ドルフィンドラゴンさん


  連載No.000129 登録:2017/10/18 〜 更新:2017/10/18 (0 Res. ,) [編集 | 削除]

>> 次の章を見る [1][2]

とある水族館の水龍 .1

ある年。動物のDNAを使った実験で多くの変わった生物が生まれ、世の中で繁殖してきた。

その中には人懐っこい友好的な両棲生物がいた。

青い背に白い腹、丸く尖った口と体中に生えた鰭、蛇の様に太くて長くしなやかな胴体、細長い舌、鋭い歯―。イルカらしさを持つ龍(ドラゴン)の様な生き物「海豚龍(ドルフィンドラゴン)」である。

頭が良いだけでなく、その巨体に似合わない身軽な動きが観る者を魅了する。その時代では数頭の海豚龍によるパフォーマンスショーが水族館に人気を呼んでいる。

イラスト
[000129問題の通知]
CTぱちぱち

ドルフィンドラゴンさんの「とある水族館の水龍 .1」にコメントはこちら!

URL:

お名前: パスワード:

この章のコメント:0
この連載の他の章のコメント:0

「とある水族館の水龍」エピソードリスト 2章 2頁 完結

No.1 観覧中
とある水族館の水龍 .1

連載掲示板 → 「とある水族館の水龍」1章