絵師名簿No. 009232

雪音

最終章

No. 009232 Last Update:2020/08/11 Registration date first time:2020/07/19

お名前
雪音
誕生日
05月02日
年齢
屍体
性別
男性
地域
愛知県
使用道具
ペンタブ
描くの好き
特にありません。
描くの苦手
特にありません。
絵のこだわり
特にありません。
希望感想
不要:イラストを見てもらえれば十分満足です
貰って嬉しい感想
特にありません。
レスに気付く期間
特にありません。
重視するマナー等
特にありません。
憧れ好きな絵師等
特にありません。
メッセージBox
初めましてよろしくお願いします
 
ちょっと良く分からないので観難い事や変なのがあるかも知りませんが、御了承ください。
それと多くの人が何かしら為になればと思い、休みのせいかコロナ過のせいかわかりませんが
小学生など幼少の方も見えますので、出来る限り理解して頂く為に
ひらがなやわかりやすい言葉の言い回しで理解し難い時もあると思いますがよろしくお願いします。
昔は自分でHPやサイトを作ったり、いろいろやりましたがしばらく携わっていないので
浦島太郎状態ですw
 
序章としまして、簡単なプロフィールと絵に関する考え方とか紹介したいと思います
一度には無理なので、少しづつかも知れませんがお付き合い下さい。
出来れば最終章までには、多くのみなさんが良い絵が描ける事を願います。
 
最初に簡単なプロフィール的な事で絵を描き始めた頃からの話したいと思います
描き始めの頃と言うか、そもそもPCを始めて最初の頃は壁紙などの絵を観て良いな〜って感じで
始まりです。 自分でPCを触り始めて間がない時ですが無謀にもw 
ペイントソフトと3Dソフトをワゴンセールで安かったので試しに買ってみました
とっ言うのも壁紙の3DCGが綺麗で感動しました。 やり始めは何もかもが目新しく新鮮でした
ですので、3DCGが始まりですw 何と無謀なのでしょう今なら注意する所です
で、取り合えず何とか3DCGは初心者でしたがそれなりに、誤魔化しながら制作しました簡単なのですがw
でも、何かが違うと思い制作していましたが、綺麗なのとみんなが凄いとか乗せられて制作してました
3DCGはわかってる人には解りますが、例えば箱を作って光源の設定と材質と色を指定すれば
後は、レンダリングと言って勝手にPCが絵にしてくれます、なので自分で描いたものではないので
3DCGは、そこで終了となりましたw
 
次はペイントソフトです〜 ペイントと言えば当時はフォトショップが全盛の時代です
今もありますが、私は解らずよく似た名のペイントショップを使いましたw
まったく会社も違いますが、今思うとそう変りはないと思います。
今は色んなソフトがありますが、無料ソフトでもかなり良いです
また特化したソフトも有料ですがあります、私自身は有料も無料もそれほど差を感じません
ただ有料品はペイントショップしか使った事御座いませんがw
今はGIMPを使ってます、初心者向きではないですがソフトの機能理解できれば
初心者でも使えます、有料などではフォトショやSAI・クリスタ(クリップ・スタジオ・ペイント)
など有名ですが、どれを使うかはあなた次第です〜私自身は無料でも十分と考えます
と言うのも基本使える機能が少なくとも支障が少ないし、有料は機能多くても理解しないと
意味がないからです。まぁ〜保障とか使い方の説明などいろいろ利点はありますが
ですので、有料のは使用説明書や購入した各会社で聞いて下さいw
私が絵を描く事に関して、説明する事は共通する事なので特別専用用語や難しい事はないです
ここまでの話はあまり意味がないので、漢字や多少難しい言葉もありましたが終了とさせて頂きます
 
少し絵に関する考え方とか、描く事に必要な取り組みについて自分の考え方の一部分なのですが
お話したいと思います
まず初めに絵を描こうあるいは描きたいと思いう時、ありますよね?
そういう時って思いだけが先に走る時があります、勢いだけで描いてハイ終了とかすぐUPして
後日落ち込む時とかw 絵描きあるあるなのですが、そんな物です
ですが、少し良く考えてみましょう私が心の師匠とする方ですがucchieyさんという方が見えます
その方は龍をモチーフにした絵を良く描きます、FFなどの背景が有名です 描き方はグリザイユ画法で
絵を描いて完成してから3ヵ月程寝かせて最後に確認してから世に出すらしいです
私の感想はひたすら凄い!! しかないです実質絵も凄いです少しはと思い細部まで見ましたが
1ピクセルもゆるぎがありません、初めて見た時は感動しかありませんでした。
色の彩や深見や絵の奥行などとにかく一度はじっくり観てみるのも良いかもしれません
pixivに上げたりしています、まぁ〜そこまでしろとは言いませんが最後に自分で納得が
行くような確認はした方が良いです、画法に関しては後に簡単ですが説明したいと思います
まず描こうと思う時に、絵の設定を作った方が作業が進みます、設定をちゃんと考えれば
絵に迷いや、観る人の理解が深まります これも絵師あるあるなのですが、取り合えず何か描こう
なんて言うのは結果的に内容がいい加減で時間がかかるだけです、また観る方も何がしたいのかと
思う事が良くあります まぁ〜何となく判る時がありますが良い方向には向きませんw
ですので何を伝えたいのか、何を感じてもらいたいのか設定もしくは考えを固めた方が良いです
え〜と・・まぁ絵に関する事を考えると限がないので、次の項目へ移動します
 

 

 
前の項目で設定や考え方をしっかり持った方が後々良いですよ〜
みたいなことを話しさせて頂きましたので、次は配置に関してですが
それほど難しく考えないで下さい。 一つの考え方としてこ言う方法があります
とだけの、認識でいいです
 
まず何も描いていない白いキャンパスに、人が最初に見るのは中央付近なので
例えばメインキャラ1体だったら、中央付近真ん中を中心に好みか設定で多少
中央付近左右でいいです、 例えば道路中央に立っている女性とか
まぁ〜普通考えると現実は車とかあるのでダメですが、だけど絵なので自由な
所が絵の良い所です。 写真だと現実なので道を横切るような感じや交通規制して
安全な方法を取ると思いますが、絵は自分の思いで設定できるのでいろんな事が
出来ます、ですがあまり奇想天外なことをすると見る方も困るとおもいますので程々にw
まぁ〜それが作者の狙いならば、それはそれで良いです〜そういう設定でいろいろ考えるのも
一つの手かも知れません、例えば不思議の国のアリスとかw
 
次は二体の、ダブルキャスト(二人の主人公)は何となくわかると思いますので
三体位だと配置はおよそ三角形や逆三角形など多少バランスが必要かな〜
まぁ〜そういう感じでどこかに気を付ける感じ程度でいいです。
ただあまり増やし過ぎると、見る方の導線が散らばるので注意が必要です
あっちこっち見て結局何? 何てこともあるかもしれませんので
そういう事にも多少気を付けると良いかもしれません
 
観る方の導線にも多少考え方や意識が必要です、
例えば、顔とかの場合最初に目に行くと思いますが
人によっては前髪や口元に行く場合があります、ですので最初に観て欲しい
ものに気を向かせる為に、例えば目にハイライトを入れたり色であったりと
何かと工夫は必要です。 派手な前髪にもっと派手な目は逆に効果は良くないと
何となくわかりますが、たまに居ますので注意が必要です〜
まぁ〜頭全体を注目させたい時もありますので一概には言えませんが
観てもらいたいとか注目をして欲しいなど、知らない間にそういう事が起きますので
気を付けて下さい〜導線は自分で流れみたいなのを作ってみるのも良いです
大体ザクっと描く前そんな考えを持つと絵柄とか絵の中の物語みたいなのに
多少影響してきます。
 
まず設定を考えてキャラの配置関係と完成して人はどのような流れで見る感じが
良いのか誘導するラインはこんな感じかな〜? と言うような事を考えると
また広がりが増えてくるんじゃ〜ないのかなと思います
 
次にアナログとデジタルの違いでデジタルの特徴としてレイヤーと言うのがあります〜
これはデジタルの最大の特徴ではないかと思います レイヤーを上手くと言うか
使い方で仕上がりや描く作業が楽になります。
レイヤーとは透明な紙みたいな物で(実際にはないですが)ベース(線画描いた紙)上に
重ねるような形でそのレイヤーに服などの色を付けていく感じです
ん〜わかるかな? 少しネットで検索すると出てくると思います
わからない時は検索して調べて見て下さい〜
 
次は実際に描く工程に入るのですが、自分の場合アニメ塗りの様な線画は最終的に
存在しないので、使っても一部残す程度になります〜昔アニメ画を一時期描く事は
ありましたが今はラフで当たりを取ったら、もう実際上塗りって感じになります
塗りながら形やバランスを取る感じ? まぁ〜厚塗りなのであまり線画は気にしません
線画の線が〜なんて言うの良く初心者など耳にしますが、大体一度に綺麗な線を引こうと
思う気がします〜はっきり言って無理ですw 線画描くの慣れている人でも難しいと
思います〜俺出来るよ何て言う強者も居るとは思いますが普通はラフで当たりを取って
主線描く感じになると思います〜薄く何本か線を引く(本数は関係ない、自分がイメージした線)と
自分が引きたい線が浮き上がって来る感じは経験者などわかると思いますが
その線を一度に引くのは例えある方向では出来たとしても次の線は無理です
普通はラフ描いてその上に線画にする主線レイヤーを作る感じになると思いますが
多少やり方は人によって違いはあるかもです まぁ〜自分で線画描くのも良いし
Artnetさんの様な絵板で塗り絵専用の線画探すのもいいw ただこれからの絵板は
絶滅危惧種に近いので大切にして行きたいと思います 
 
次は塗り工程に入りたいと思いますので次の項目という事で
 


 

次の項目でとか言っていましたが〜まだ少し言い残した事ありますので
もう少しお話があります。 絵描くのにソフトについてとアナログ線画の処理など
取り合えず急ぎで色々伝えないと行けないので、思いついたりした時など
多少前後しますし〜出来るだけかんたんな説明だけなので抜けてたりしますが
なので個々に勉強して下さい。
 
前回描く前の事を簡単にサラっと説明しましたが〜ソフトを忘れていたので
簡単な紹介みたいなのをしときます〜 PCが主としてなので最近よく聞く
アイビスなどはあまり良く知りませんw スマホやiPadなどの端末で利用できるらしいですが
取り合えずPC関連のソフトですが、私はGIMPを使ってますお絵描きより画像処理系の
ソフトになります〜次に良く聞きますのがFireAlpaca(ファイヤーアルパカ)で結構前からあるのが
Azペインターだっけかそういうのw 古くはPixia(ピクシア)など他にはピクトベアと言うのが
あったような気がしますが、Azはしぃペインターに近いので使いやすいけど最近のソフトと比べると
描き難い感じで、Pixiaは他のソフトより独創性が強いのでFireAlpaca辺りが初心者から上級まで
使いやすいと思います〜風景画を描くのに便利なパースもありますし、筆の入り抜きもあります〜
入り抜きとは書道ような描き始めは細く入り途中は普通の線で最後は細く終わるような感じで線画描いたり
髪やまつ毛など描きやすいのと、あと手振れ補正などあります。 ダウンロードサイトは窓の杜が
お勧めかな〜古くからあるし詳細や説明などもあるので、ソフトはこんな感じかな?
あw 32bit版と64bit版あるので取り合えず、自分のPCを確認してください
確認方法など説明できるけど〜検索しても出てくると思うw
 
次はアナログ線画をデジタルへの取り込みについて簡単ですが説明します
紙に書いたアナログ線画を写真などで取り込んでUPしたりデジタルカメラまたはスマホなどの
画像データーをPCに保存したりいろいろ方法はありますが、もしよくわからないとかがあれば
絵師名簿から匿名でいいのでメールで内容頂ければ ここの項目で説明します
PCに取り込んだとして、線画画像を処理します最初はコントラストを上げて白くします(大まかな線画の線消えないように)
白くなったら白くならない所とか余分な所やゴミなど消しゴムなどで消すか白で塗れば良いです〜
後線画の線を整えて下準備をしましょう、慣れないうちはひと苦労しますがw
 
いよいよです〜線画がある状態になったとして、塗りに入ります〜ですがもう少し説明させて下さい
ソフトに線画画像開いたら、線画のレイヤーがでます、ソフトによりますがこれが一番下のベースレイヤーです
塗り絵線画などで透過処理してある線画があります、開いたレイヤーの上に新規レイヤーを作成して白で一枚バケツ塗りか
取り合えず一枚白いレイヤーが要ります、それを一番下に移動すれば普通の描いた様な線画が出来ます
この場合一番下が白だけのレイヤーでその上が線画だけのレイヤーとなります、一番下の白いレイヤーを選択(アクティブ)に
して新規レイヤーを作成すると、そのレイヤーが色塗りで使うレイヤーになります
普通の場合(線画の描かれた透過でない白い線画)線画の描いてあるベースレイヤーを複製して同じの2枚にします
上の複製したレイヤーを乗算にすれば線画の線の状態になり一番上にすると塗っても↓の状態になします

この様にワンピースを塗りたい場合塗り忘れの無いように100%の不透明度で大きめに塗り
ワンピースの線まで(色を付けたい)消しゴムで消して行き、例えば消し過ぎた時は戻る機能あるので
戻るか(ショートカットキー ctrl+z キー)筆で色塗りなおすか、自分の場合大体戻らずザクッと一通り消して
後で塗り直しながら細部チェックして仕上げてますw こんな感じ↓

基本、部分でレイヤーで分けて仕上げる感じです、そうした方が後々いろいろ楽なのでそうした方が良いです
ちなみにどのように分けると良いのかわかりやすいよう、最近の絵をどういう風に塗り分けているのかわかるよう色を変えてみました
これはただレイヤーで分けて塗ってあるのを色を変更しただけです。 わからない人は違う色に塗り替えたと思うかも知れませんが
こういう事が、簡単に出来るのがデジタルの良い所です

 
次はレイヤーの事について進めていきたいと思います〜事項に続くw
 

 

 

ハイ次は〜レイヤーの事多少理解してもらった方が良いかな〜みたいな感じです
まぁ〜簡単にではございますが〜よろしくお願いします
前の項目でも、少し言ったように部分分けした方が後々楽だし変な箇所はその場所修正すれば、すぐ直るし
例えばワンピースを塗りましたが、ザッと塗って後ザッと消して〜消し過ぎたとことかはまた塗る〜みたいな
ただそれ繰り返せば誰でも、簡単に出来ると思うけど〜慣れてくると手抜き始める〜w
まぁ〜バケツ塗りとそう変わんない、難しく考えないで〜レイヤーにもいろいろ機能あって
ソフトで多少違うのだけど〜わりとレイヤーの機能は良く使うし有能〜なので覚えて損はないと思います
むしろ覚えてください〜お願いします、とは言ってもそんなに難しい事でもない
レイヤーが多くなってそちらの方が、混乱するかも〜ww と思います
ん〜と自分の最近の絵(アニメ画のような奴)で大体35レイヤーくらいですが〜一見多そうに思うけど
部分を理解するとそんな物かな〜まぁ〜実際絵として見えるのはもっと少ないが色々他のがあるから
 
ここからレイヤーをどう使うかを、少しお話したいと思います〜また話かよ〜とか思わないで〜
まぁ〜数が多いレイヤーになりますが、基本的考え方は着せ替え人形とよく似ていて
レイヤーはある程度順番にしないと、重ねた感じになるので順番間違えるとせっかく描いたのが表示されません
ですので〜大まかな順番を頭の中に叩き込んで覚えてください〜まず最初に背景は大体最後に描いたり
最初に描いてもレイヤーではベースレイヤーの次辺りなので、まず足からになります足って素肌見えてる
自分のだと〜ズボンの下の事、靴下の上まぁ〜わかると思うけど〜人物の最初のレイヤーはそうなります
取り合えず下から順番に教えます、レイヤーの順番みたいなのが慣れてくると上のワンピ先に塗ろうかな〜とか
後だいたい色を決めるのに、ワンピとズボン(パンツ)先に試し塗り(色合わせ)みたいなの出来ますが
慣れないうちは取り合えず順番みたいなの覚えるといいです〜順番は肌の見えてる足の部分が一番下に来ます
肌の足が塗れて線画どうり出来たら、次は新規レイヤー作って靴下の部分になります〜小さいのですぐ出来ると
思いますが〜次はあまり気にならなければラインとか靴下のレイヤーと一緒にしても良いし〜後で色変えたり
何か変更するのだったら、ラインのレイヤー作った方が良いかな〜まぁ〜ラインじゃ〜なくても良いしw
クマさんとかワニ?みたいなのでも良いし〜ただ小さいのでそこは考えてw でっとりあえずライン終わりました
次はまたレイヤー作って靴に行きます〜靴もそんな感じで終わったら次はズボンに行きますが
何となくわかるよね?順番的には足の下の部分は靴レイヤーで終わりなんだけど次行くのに肌の足レイヤーは下にあるので
靴からズボンレイヤーに飛んで?も良いです。 それでズボン塗るんですがちょいテクですw
ズボンはワンピの所からズボン下の裏のとこまで(影になってる所)ザッと塗ります〜それで線画どうり整ったら
それを複製(コピー)して、同じの2枚にします〜ズボンレイヤーを同じの2枚に出来たら下のズボンレイヤーは
影部分のレイヤーにするので、上のズボンレイヤーの下の裏の所(影になる所)は消します消しゴムでw
下レイヤーの影の付け方は色々方法あって、下のズボンレイヤーに影色で直接塗ったりぼかしたり、複製して
3枚にして真ん中のズボンレイヤーを乗算かけて暗い色にしたりと方法はいくつかあります〜
あとレイヤーの不透明度のバーがあるので(スライドしたりするやつ)動かすと塗ったズボンレイヤーがどんどん
薄く?透ける?ので乗算かけて影が濃いなと思ったらそれで調節できます(下に元のレイヤー必要)
まぁ〜何度かやると〜その部分だけ影レイヤー作ればいいや〜とか思うこともあるし
もっと簡単に済まそうと思ったら最初のズボンレイヤー1枚で影の部分を部分選択して影色付けるか
やり方は結構色々あるw まぁ〜色々やって自分で探すのもありです
 
それで下の方が終わったら〜ワンピの上の方に行きます〜ワンピを塗る前に頭を部分先にやった方が良いかな
首の付け根の部分がワンピの襟の下に来るからその部分から髪の部分まで頭の部分を、肌色で塗ります〜
この時髪の部分は多少肌の色を髪の部分の線関係なしに少し大きめに塗ります〜髪の毛の部分は
カツラのように後で頭の上にかぶせる感じになりますので気にしなくて良いです。ワンピ側の首の付け根の部分も
ワンピの線関係なく肌を少し超えるくらい塗って下さい、首の見える部分は線画どうりにしてねw
腕はそでを付ける前に塗るので、今は考えなくても良いです。頭の部分肌が塗れたらワンピに行きたいのですが
顔の部分先にやりたくなっちゃうよね〜w 順番はどちら先にやってもいいので気持ち的に顔先に行く?
まず頭側を肌色で塗ったレイヤーから新規レイヤー作成して白目の部分塗ります目の白目は真っ白ではなく
少し彩度の低い青系か茶系か灰色になります白色に近い感じのね、どれにするかは後で決めるとして
取り合えず塗りながら試してください、黒目の部分入らないとわかりにくいので黒目の部分色決まってたら
白目適当に塗ったら新規レイヤーで黒目の部分付けたい色を塗ります。何度かやって慣れてくると
白目はこれくらいで黒目はこんな感じ〜みたになって来るし好きな人の目をまねても良いし
そこは好みでいいです〜ただあまりやりすぎると変になります〜少し手を抜く感じでいいです
眼の部分が終わったらアニメ画なので鼻は省略して、口の部分は彩度低めの少しくすんだ赤かな〜
になると思いますが好みに任せます あまり明るい色はやめた方が良いですがw
それで頭の部分取り合えず出来たら最後の仕上げの時にちゃんとするとして、今はだいたいでいいです
 
次は腕の部分が先になります〜腕から手の部分を先に肌色に塗ります、塗り終わったら次はシャツの白い部分に
なってそでの青い部分になります、手肌終わったらそでの青い部分と思わないように〜順番に行くと腕の白い部分が次で
そでの青い部分が来ます、重ねて行くので手肌終わったらシャツの白い部分で最後にそでの青い部分の方が良いです
そでの青い部分が普通のシャツみたいに肩の部分からそでの部分まで白ければ別に気にしなくて良いです
 
あとワンピと髪と小物(装飾系)かな〜ワンピはズボンでやった感じでやり方はほぼ一緒です
セーラーのえりの後ろの裏と首の付け根のワンピの裏側から背中少々?何か説明が変だけど〜首周りの影っぽい部分
えりの後ろは風でなびいてる感じで光が少しだけ透けてる感じに他より明るくします、あwこれ〜レイヤーで作っても良いです
自分の場合はペンで描きましたが、それとそうだ忘れていた服とかの色を100%の不透明度(色がしっかり)でって
塗りの時に言いましたが〜レイヤーの機能に透明部分の保護というのがあって、自分で塗ったところ以外塗れなくなります
だいたいソフトにもよりますがチェックしたら透明部分が塗れません、アイビスとかは逆仕様?だったかと塗ったところが
塗れない〜みたいな不透過場所の保護になります。 ですのでワンピ塗ったらそこにチェック入れて筆でも楽に塗れます
あw そうそう色ムラとか色が薄くなっていると透過の保護が効きにくいので注意が必要です(色を付けるとこはしっかり塗る)
透明部分の保護は良く使うので知っているといいです。
 
ワンピが出来たとして次は〜スカーフも同じようにザクっと塗って消す〜みたいなだいたい部分作業は一緒です
あwそうだまた忘れてたレイヤーは部分に名前が付けられるので何もしないとレイヤー1とかになります
慣れると気にはなりませんが、初めはレイヤーになれるまでは名前つけた方が良いです〜 自分でどこかわかればいいので
例えばワンピ ワンピ裏とか靴とかシャツなど自分で見て場所がわかれば良いです〜
次は髪ですが、他の部分と同じで髪の分け目部分などしっかり塗りますが消す時はだいたいで良いです
多少髪の部分消してもいいのでちまちま時間かけるより消しすぎたところだけあとでペンで塗ればOKです〜
あと小物も同じ感じで特にこれとはないです〜後背景と仕上げのチェック関係かなぁ〜?
事項でまたやります〜
 

 
一通り人物のべた塗り?終わったら、人物の細部とか影などおよそいつもはやるのですが
それは後でも出来るので、取り合えず一通り進めます。
線画から人物の基本的な色付け終わって、後背景と人物をちゃんと塗れたかな?見たいなチェックの仕方ですが
背景から行きます〜人物メインなので、背景はだいたいで良いですあまり良すぎるとどっちがメインなのか
わかりませんw まぁ〜バランス大事なのでそこは、作者次第ですがw
取り合えず基本的なの行きます〜。 絵を描くのに設定など決めると良いですよ〜って話しましたよね?
背景は設定でだいたいなのは恐らく出来てると思いますが、まぁ〜無理に背景描くよりシンプルに無地でも
良いですし、逆に背景描いた事でおかしくなる事あると思いますので、無理に描きなさいとは言いませんw
出来れば背景も含めて絵にする方が魅力は高まります。簡単ていうか見る人がわかれば良いです
それで背景描くのに、大事になるのがパースとかアイレベルなど人物が居る位置的な事ですが
それは最初絵を描こうと設定する時にだいたい決めると良いのですが、ほぼ人物中心に考えるので
まぁ〜そんなに詳しく考えないと思います。 人物上手く出来た〜さぁ〜どうする?な感じw
 
自分は人から借りた線画を塗る塗り絵が多いのですが、設定とか線画観て自分で後付けの様なものを
付ける感じになります、線画をぱっと見ておよその設定したり、また背景を含めている線画もあります
まぁ〜人のなので、自分に合ってるとか部分的に気に入ったとか、そんな感じで適当ですw
参考まに、今回の線画は楽しそうな女の子で作者のタイトルがお気に入りのワンピだったので
初めパッと見て、時期的に梅雨の晴れ間で散歩しながら水たまりバシャンと足元水しぶきがキラキラ〜
見たいなw まぁ〜そんな感じだったのですが。描く前に線画ジッと見て色とか設定とか背景を
どういう風にするか決めるのですが、背景が自分のイメージと少しパースが合わない感じ〜
でっパースって何?と思う人も居ると思うので、まずパースは何か的な事の話からします
パースは簡単に言うと位置的な事です〜と言ってもそれだけではわからないと思うので
背景でいうと遠近方で、一点透視法とか有名ですが古くからある画法で有名なのがダ・ヴィンチ
などおよそ西暦1500年辺りだったと思いますが、一点透視法でわかり安いのが
最後の晩餐とか有名なのがあるんですが、簡単に言うと〜キャンパスの中心にピンなどで止め
糸などで放射状に引いた線に、例えばドアの輪郭?ふちをその線に沿わすと、絵に遠近感が出るので
人物の位置が見る人にわかりやすくする方法です〜位置関係の遠近感はいろいろあるんだけど〜
一点透視法とか二点透視法と空気遠近方とか重ね遠近法とかちょっとネットで検索すると
出てきますのでだいたい見るとこんな事かぐらいでも覚えると良いです〜
ちょっと反れましたが、背景は位置関係とか大事で人物がどの位置でどれくらいの空間なのか
とか〜結構考えないとダメですw それで例えばどうするのか?女の子の位置関係は
足の接地などの靴の方向や角度で地面の位置とか方向をだいたい決めます〜
なんだそれ〜って思うかもしれませんが、自分で靴とか見てだいたい決めれば、それなりに
なります〜 まぁ〜説明するときりがないので、感覚的にそういうのがあるよ〜とだけw
でっパースが違うのと〜アイレベルが少し低いのでってまた変なの出てきた〜とか思ったでしょw
アイレベルは絵の中で女の子を見ている人の目の位置になります〜 まぁ〜写真とか撮るよね〜
そのカメラの高さみたいな感じです〜なので見てみるとだいたい女の子のお腹辺りかな〜
みたいな〜だったら幼稚園から小学生でも低学年くらい?かな〜となるわけです
そういう事を考えると絵に臨場感?その場にいる感じが出るので〜覚えるといいかも〜
かなり脱線しましたが〜 まぁ〜パッと見た時とジィ〜と見た時で少し違うので
背景は2日〜3日やりませんでしたぁ〜ww そのうち何か思いつくだろうと・・・
それで適当にできたのがあれですw アイレベルが低いので背景の情報が増えます〜
例えば建物で普通だと壁があればいいよね〜てなるのが屋根の裏の部分とか〜
なのでもう人物メインなので適当な感じで背景描きました〜 あw背景のレイヤーは
ベースレイヤーの次辺りでw それで背景終わりましたので次チェック項目?
まぁ〜人物から背景の上レイヤーに黒のレイヤー作ってバケツとかでべた塗りの一枚ねw
黒背景に人物になるのですが〜まず多いのが消し忘れ〜ちゃんと消したつもりでも出ますw
消し忘れとか〜背景や他の部分に影響出やすいので注意が必要です あぁぁあぁぁ〜〜〜
忘れてたww 部分でパーツ塗りするのでその度にチェックした方が良いかな〜
白いのは線画でできるので黒のレイヤーを表示したりパカパカ交互にやるとわかりやすいかな?
てかぁ〜人物もただべた塗りしただけだww まぁ〜ズボンとワンピの大まかな影部分あるか
アニメ画なのでそれでいいかぁ〜ダメだよねw もう少しがんばるか〜
まぁ〜部分塗りなので取り合えずもう一歩踏み込む感じでそれぞれの部分で色に変化を付けます
えぇ〜と人物のシルエット(人物の形)大事ですし〜陰影(影など)もあるといいので
人物というか背景含め光源の方向とか設定で違うのでそういうの考えながらになります
慣れないうちは全体見ないとわかりにくいですが〜慣れてくると部分で大体出来るようになります
部分ではだいたいベースカラーと暗い影カラーと光の当たりやすい明るい明カラー?の
三色位あればいいかな〜ベースと影カラーだけでも違うけど〜三色以上使うとよりいい感じにw
どう考えるかになるのですが〜重ね遠近法っていうのがあります〜簡単に言うと手前明るく
奥は暗くっていう感じです、基本的なのですが太陽などの上からの光だと太陽の方から見ると
頭から肩でだんだん遠くの靴?になりますがだったら靴は暗っぽいのか〜と言う事にはなりません
まぁ〜スポットライトを人物だけにあてるとそんな感じになりますが、反射光や屈折光など自然には
いろんなところから関節的な光がありますので、重ね遠近法は見る人の近い方からだんだん暗く
なる感じになります。 まぁ〜太陽などの強い光も考えないと〜ですがw わかりにくいと思いますが
そういう事を考えながら、部分的にも全体的にも付けていくと良い感じになりやすいかな〜と
考えるとわからないとなりますが、感覚的に考える方がわかりやすいかもしれません
ちょっと入り込んだ話しになりましたのでわかりにくいですが〜そんなのもあったかな?くらいで
良いので覚えると良いかもしれません。 まぁ〜アニメ画あたりだと今のべた塗りに影付ける感じでも
いいと思います。 影付けも影付けたい例えばワンピレイヤーの上に影レイヤーを作るといいです
形や色の濃さも別で調整できるのでいいかな〜最初方は上手く行かなくてもだんだん慣れてきます
 
影の考え方や色について、影の色?って〜なりますが物の色の光の加減みたいなので
物の色に光量が減った感じになります〜影って黒っぽいので薄い黒でいいじゃんっとなりますが〜
まぁ〜大きい影の考え方、例えば林とか光の届きにくいところでは範囲は一定の影の濃さになりまが
木の幹の影は出にくいですw 影の中に影は出ません例えば箱があればその中は濃くなりますが
まぁ〜状況にもよりますが感覚的にそれでいいです。 普通は物の色に減光した色で 
広い範囲では薄い黒か薄いこげ茶?が一定の感じの方みたいな、まぁ〜だいたいですが
そんな感じにするといいかも〜w といいかげんですがw
 
ん〜チェック項目に戻りますが、白と黒で消し忘れや塗り残しなどチェックしたら、ほぼ完成で
出来た絵を反転したり、白黒にして白い部分と黒い部分のバランス?を見るて変な所ないか見た
方が良いです〜何かとびとびで自分でもあれもこれも〜となりましたが簡単にザクっとな感じで
申し訳ございません。 初めは理解しにくいですがやっていくうちにだんだんわかるように
なります〜と言うか言いたい事とか教えたいことがたくさんありすぎて一度に言っても
わからないし、今回もいろいろありすぎて何が何だかって感じだと思いますがよく読んで苦労しながら
少しづつ理解してください〜 後わからない事や詳しく知りたいことなどありましたら
メール下さればここで説明します〜
 

 

 

ハイ取り合えず最後の章とします〜 一通りザクっとしたつもりでも結構いろいろあって
自分でもビックリというか、いつもは流れ的にやっているのでそんなに気にはしてませんが
説明するとあれもこれもになって、大変なので出来るだけ必要な部分を紹介したつもりです
あくまでも基本的なので、考え方の一つとして受け止めて頂ければ幸いです
 
ちょっとチェック項目で忘れてた事を、追加しときます〜一通り言いますので
覚えておいて下さい〜w まず〜反転は(絵を右向き左向きにする事)デジタルだと
画像のタブにあると思いますが、線画や下書きの時バランスや変な所を見つけるのに良いかな〜
背景白と黒で交互にするのと、あと自分がわかりやすい色(服の色の反対色)でもいいです
消し忘れや塗り残しとか、出来たものが確認できれば良いです
白黒にしてチェックするところは、人は絵を観るとき黒いものに最初に行きやすいので
絵柄にもよりますが、黒い部分が多い所や逆に白い部分の多い所など見ると良いです
それから絵をサムネイル(小さな画像)にして、全体を見て小さくしても見やすいとか
何の絵なのか色や人物のわかりずらいところはないか、全体のことを調べるのに良いです
 
まぁ〜色々とありますが最初は少しでも良いので、一通り絵を描く中に取り入れていくと
少しづつかもわかりませんが違ってくるはずです がんばって下さい〜
取り合えず一通りザクっとですが、終わります
 
後注意とアドバイス的な事を、雑談も含めてお話したいと思います
ちょっと注意して頂きたい事ですが〜ネットはいろんな人がいます
年齢や性格など多種多様です、決して安全な所でもありません!! 注意が必要です
楽しく遊べれば良いのですが、今の世の中わかりません 話や楽しくて夢中になったり
注意がたりない時ができやすいので気を付けましょう 
 
小学生や中学生など上手になりたいと思いますが、まだこれからいろんなことを学びます
まだ自分の頭の中と体に差があって、思うようにできませんが一つ覚えておくと良いかも
知れません 絵を良く見る事、最初はうまいとかきれいとかかわいいとか何でもいいので
興味をもつ事が大事です。 興味をもってず〜と見てるとそのうちになぜこんなに描けるの
だろうと不思議に思ったり、自分で考えたりマネてみたりします。でも、まだ描く事が
出来ないのは、手先が描くのに慣れていないとか体の方がうまく動きません
よく絵を描いて練習しましょうとか言いますが、それは普段から出来ます
字を書く事を気を付けるようにすると、知らない間にきれいな線が書けたりします
教科書の印字や習字などのお手本みたいなのをよく見て、バランスの良いきれいな字を
書けるように普段から気を付けると良いです、書けなくても自分で注意する事が大事です
いつも絵をよくみて自分で書く字に気を付けると、きっと良くなるはずです
例えばいい絵をよく見ると自分で描いた絵が、ここが少し変とかちょっと違うとかわかるように
なります〜そうするとどうすればいいのか自分の頭の中で、考えるようになります
初めはできなくとも、ず〜と続けていると出来るようになると思います
がんばればいいのです〜それと楽しくね〜 以上で〜す
 
ありがとうございました ここまで読む人居ないかもしれないけどw
逆に読む人は熱心だなぁ〜と思います〜 その熱意があればきっとうまくなるはずです
がんばって下さい、応援します では・・・
 

 

 

 

 

 

 

 


CT