みんなで作るリレー小説 [ Story No. 1187 ]

分岐元:No.1 <<

ねえ。

人と違うって羨ましい?

誰も持ってない能力を持ってるって羨ましい?

…人によって違うけど、少なくとも私は羨ましかったな。

そう、過去形です。

私は「人と違う」「人とは違ってしまった」

はっきり言うと、「人じゃない」「人じゃなくなってしまった」

私は人じゃない。異能者。

異能を使って人を駆除する「狂いの国のアリス」の一員。

これは、私の過去、現在、そして未来のお話。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「おや、旅人ですか?

こんなところに迷い込んでくるとは

よほど、あなたは旅がお好きなのでしょう。

お疲れでしょう?ただいまお茶を入れてきます。

その間、そこにある本でも読んでいて下さい・・・」

そう青い髪の男は告げ、大広間をあとにした。

燕尾服を着ているところをみると、この家の使用人だろう。

ふと、手元を見ると3冊の本が置いてあった。

これか、と思い視線を向けるとどれも精巧なつくりになっている。

さて、どれを読もうか…


筆者:輝夜 (10/09/01(Wed) 18:43)

このページはどうでしたか?

コメントはこの頁のリンク付きではじめの頁に一括表示されます(辛口なコメントはご遠慮ください)

CTぱちぱち

この頁の観覧数:CT

このページに続きを追加する