みんなで作るリレー小説 [ Story No. 1317 ]

分岐元:No.1315 <<

何故返事がないのか、少し気になったが、授業が始まったので前を向いた。

五分休憩ーー。
「翔くん。なにか、悪いこと、言った?」
「・・・。お前、まさか、忘れた、のか?」
美麗が顔をあげる。
「え?」
「あんなに・・・。」
言いかけたまま、翔は黙り込んでしまった。
あれ、なんだか、記憶に、引っかかるーー。
南崎翔、みなみざきかける、ミナミザキカケル・・・。

記憶を引っ掻き回す。

「・・・あっ!もしかして、水晶のストラップくれた・・・?」
小さい頃から、ずぅっと持っている、水晶が一つついたストラップ。
「!そうだよ、思い出した?」
「うん、うん!」


筆者:雛苺 (2011年11月30日 00:23)

このページはどうでしたか?

コメントはこの頁のリンク付きではじめの頁に一括表示されます(辛口なコメントはご遠慮ください)

CTぱちぱち

この頁の観覧数:CT

このページに続きを追加する