みんなで作るリレー小説 [ Story No. 1342 ]

分岐元:No.1341 <<

耳に流れこむ音にノリながらスマホに手を伸ばす。
ヘッドホンだと耳っていうより脳に直接来るような感じだよなあ==B
まあそこがいいんだけどさ。
スマホを確認すると、メールが一件きていた。同じクラスのからだ。
メールアプリを起動し、メールボックスから新着メールを選ぶ。
『ねね、明日暇?一緒にカラオケ行かない?』
==B
なんでだよ==B
俺は別にとは仲良くない。むしろ話したことなんてほとんどないっていうか。
間違えたんだろうな。そういえば俺なんでこいつのメアド持ってるんだっけ
まあとりあえず返信するか。
『間違えてない?俺だけど。』
そーしん、と。
そうこうしているうちに曲は次のものへと変わっていた。
今度のは同じアーティストだが、先ほどのよりも少しテンポが遅めで、歌詞がいいやつだ。
ボーカルの透きとおった声によくあっている。いい。


筆者:雛苺 (2014年12月22日 00:18)

このページはどうでしたか?

コメントはこの頁のリンク付きではじめの頁に一括表示されます(辛口なコメントはご遠慮ください)

CTぱちぱち

この頁の観覧数:CT

このページに続きを追加する