みんなで作るリレー小説 [ Story No. 4 ]

分岐元:No.1 <<

晴れない硝煙の街で空気のようにありふれた銃弾が飛び交う。
「バン!」
「ブシャー!」
間近に銃声音が聞こえたと同時に薔薇より赤い血が噴き出した。
「父さあーーーーん!!」
は顔を涙と汚物でクシャクシャにしながら大声で叫びました。
「………」
横でグッタリしているの父は青白い顔を見せ、その体はピクリとも動かない。
「と、父さん、父さん、ちくしょおおーーー!!」

次の瞬間、暗闇から大男が二人こちらへ近づいてきた。
周囲にいた人の群れは皆、唖然とした顔で固まっていた。


筆者:ミミニャ〜 (07/01/26(Fri) 20:04)


このページはどうでしたか?

コメントはこの頁のリンク付きではじめの頁に一括表示されます(辛口なコメントはご遠慮ください)

CTぱちぱち

この頁の観覧数:CT

このページに続きを追加する