みんなで作るリレー小説 [ Story No. 547 ]

分岐元:No.546 <<

「え、えっと・・・あなたは?」は自分の隣には不釣合いな美少年に話しかけた。
「あ、僕?僕はっていうんだ。君は?」
「わ、私は・・・///そ、それよりさっきの・・・」
「ん?あ、あぁ、そうだよ。は天才だよ。でも才能を自分でダメにしてしまってるんだ。」

のいっていることがよく分からなかった。だって私が天才だとか・・・。わけの分からない事ばかり・・・。


筆者:緋媛 (08/04/07(Mon) 17:58)

このページはどうでしたか?

コメントはこの頁のリンク付きではじめの頁に一括表示されます(辛口なコメントはご遠慮ください)

CTぱちぱち

この頁の観覧数:CT

このページに続きを追加する