みんなで作るリレー小説 [ Story No. 7 ]

分岐元:No.6 <<

警備員の男は去ってゆき、周囲からは呆れたような笑い声が聞こえる。
スクリーンの中では父親を殺された少年の物語が進行している。

ここが映画館である事を思い出し、は照れたように笑った。
気恥ずかしそうに席へ戻ると隣では酔っ払った父親が死んだように眠っている。


筆者:ミミニャ〜 (07/01/26(Fri) 20:04)


このページはどうでしたか?

コメントはこの頁のリンク付きではじめの頁に一括表示されます(辛口なコメントはご遠慮ください)

CTぱちぱち

この頁の観覧数:CT

このページに続きを追加する