ペンタブレット筆圧機能の使い方(しぃペインターの使い方

ペンタブレットで、しぃペインターを使う場合の、筆圧機能の説明です。
筆圧感知は、紙に筆やGペンなどで描くようにペンにかかる力をキャンバスに表現する機能です。
うまく調整して使いこなせば、より快適にお絵かき掲示板を使えます。
現時点で筆圧機能は非公式な機能です。
動いたらラッキーくらいで過度は期待はせず、自己責任でご利用ください。

ペンタブレット筆圧感知機能 初版:2005年 - 2008年12月5日更新 oekakiart.net

用意する物

(1)ペンタブレット
筆圧機能を使うにはまずペンタブレットが必要です。
(2)JAVA
筆圧機能の前に、しぃペインターやPaintBBSなどのプログラムを動かすのに必要です。
JAVAが無いとお絵かき掲示板で絵を描くこと自体ができません。
最初から入っているパソコンもありますが、無い場合はダウンロードしてインストールします。
JAVAは次のサイトでダウンロードできます。http://java.com/ja/
(3)JTabletSetup
しぃペインターの筆圧機能を使うのに必要になります。
JTabletSetupは次のサイトでダウンロードできます。http://cellosoft.com/2draw/sketchstudio/

筆圧機能を使ってみよう!

キャンバス キャンバス右上の[P]を押して[筆圧設定小窓]を出します。

筆圧設定小窓 初期状態では筆圧感知がOFFになっているのでONにします。
□alpha.OFF(透明度感知)
□size.OFF(太さ感知)

それぞれ左横にある□をクリックしてONにします。

試し描きをしながら、バーを左右に動かして使いやすい値を設定します。
上段のバー二つは、透明度(A値)の設定  : A最小値とA最大値
下段のバー二つは、ペンなどの太さ設定:PX最細値とPX最太値
この時、最小値より最大値の方が大きくなるとダメです。描けません。
また、筆圧機能をONにしていると、ツールバーのA値や太さ変更は無視されます。

参考までに筆者は上図のような設定で描いています。
使いにくい場合は、A値の設定だけONにして、太さ設定をOFFにしてみるのも良いと思います。

筆圧機能とWACOMペンタブレットのフェルト芯を併用するとアナログ感覚で気分良く描けます。

自分のPCのコンパネにあるペンタブ設定 パソコンのコントロールパネル内にある
ペンタブレットの設定も併用して調整すると更に自分好みな設定を探せます。

しぃペインターの使い方 > [P]筆圧機能の使い方

お絵描き掲示板の使い方
しぃペインター しぃペイント(PaintBBS) 共通

お絵かき掲示板Art.net>>イラスト講座>>お絵かき掲示板の使い方