クオリティ(Quality)機能の説明

クオリティ2以上で描くと同じ大きさのキャンバスでも細かく描けます。
クオリティ値を上げるほど作画アニメーション破損などバグ発生率も上がります。
クオリティ機能は、しぃペインター専用で、PaintBBSにはありません。

クオリティ(Quality)機能の説明 初版:2006年7月 - 2008年12月5日更新 oekakiart.net

しぃペインター クオリティーの使い方

クオリティ値の選択フォーム まず、クオリティ2以上を使うには、クオリティ(Q)選択機能の付いているお絵かき掲示板で『しぃペインター』+『任意のクオリティ値』を選択してから、絵を描き始めます。(PaintBBSはクオリティ1固定です)

クオリティーの効果

簡単に言うと「大きな紙に描いた絵を小さく縮小して表示する」ような感じです。
例えば「200×200サイズのクオリティー2」で描いて投稿すると、
「400×400サイズの絵を200×200に縮小したような状態」で展示される事になります。

実際にクオリティー2で鉛筆線を描いてみると、
同じキャンバスサイズでもクオリティー1の時よりも線が細くなっている事に気付くと思います。
下図は同じキャンバスサイズのクオリティ1と2に同じ太さの水彩とペンで線を描いています。
左図1 クオリティ1 右図2 クオリティ2
クオリティ1 クオリティ2
そこで、クオリティー2で描いてるキャンバスを[+]を1度使って2倍に拡大してみましょう。
線の太さがクオリティー1と同じくらいのになったのが解るでしょうか。
図3 クオリティ2[+]拡大×1
クオリティ2拡大×1

下の4つの図はどれも4×4pxキャンバスの拡大図です。
同じキャンバスサイズでもクオリティ2は多くの線や点が描けます。

クオリティ1 クオリティ2 クオリティ1 クオリティ2
q1線 引ける線の数4本 q2線 引ける線の数8本 q1点
打てる点の数は16個
q2点
打てる点の数は64個

点や線がたくさん描けたら、どうなるの?

  • 細部のディティールや遠景の表現など小さな部分もより細かな表現が可能になります。
  • ジャギー(ギザギザ)の目立たない なめらかな線が引けます。
  • 複雑に混ざり合う色の表現や、グラデーションを繊細に表現できます。
  • でも投稿後も反映される訳じゃないから要注意!詳しくは次で実験してみます。

クオリティ機能を使った画像の投稿前と投稿後の比較

投稿後は表現しきれない部分の色が中間色になるようです。

投稿前クオリティ2
キャンバスの拡大図
一番細い鉛筆で点が64個描けました。
Q2投稿前
投稿後クオリティ2
フルカラーPNG画像の拡大図
64個描いたはずの点が16個に減っています。
Q2投稿後

投稿前は当倍で確認しよう!

高クオリティーは細かな線が引けるので、キャンバスを拡大して描く人も多いと思いますが、投稿後もそのまま細かなエッジやドット単位の表現が再現される訳ではありませんので、投稿前にキャンバスを当倍に戻しても変じゃないか確認しましょう。
当倍状態であれば投稿前も投稿後も見た目的な変化はほぼありません。
拡大して描いていて、そのままの状態で「よしOK!」と思って投稿したら、
見るも無残に絵が潰れてた!なんて事にならないように。

投稿前クオリティ5
200×200pxキャンバス当倍図
Q5投稿前
投稿後クオリティ5
200×200pxフルカラーPNG当倍図
Q5投稿後

実験結果のまとめ

投稿後の画像のきめ細かさはクオリティを上げても変わらない。
つまりはキャンバス画面で描きやすいか否かの好みの問題かなと思いますが、
これらはあくまで一実験結果であってプログラム的にどうなっているのかは解りません。
各自いろいろ試して自分に合ったクオリティーを見つけてください。

コンティニュー時のクオリティ変更でキャンバス拡大縮小

描き途中の絵を一時保存して、後から続きを描けるお絵描き掲示板の場合にクオリティを途中変更できる場所もあります。 (クオリティ変更は作画アニメーションファイル(動画)が無いと上手くいきません)

途中からクオリティを2→1に下げると投稿後の画像は倍の大きさに拡大されます。
途中からクオリティを1→2に上げると投稿後の画像は半分の大きさに縮小されます。
(大抵は1px程度のズレが発生します)

例えば「400×400/クオリティ2」で投稿した絵を、
途中からクオリティ1に変更してコンティニューから投稿すると「約800×800/クオリティ1」になります。

高クオリティ投稿の危険性

クオリティ2以上を使った場合にお使いのパソコン環境によっては高確率でバグが発生します。
特に大きいサイズのキャンバスや、作画工程の多い力作でクオリティ2以上を使うのは非常に危険です。

よくあるバグ

  • ・作画アニメーション(動画)ファイルが非常に壊れやすい。
  • ・コンティニュー不能になる。
  • ・描いてる最中に動作が重くなる。
  • ・キャンバスに描いてもいない図形が勝手に描画される。
  • ・投稿ボタンを押してもエラーが出て投稿できなくなる。
  • ・コンティニュー時にレイヤーが255枚くらい勝手に増えて操作不能になる。

まとめ

クオリティの変更は危険な諸刃の剣です。
自分のパソコンの限界や、これから描く絵がどれくらい作画工程を要するのかなど、ご利用は計画的にしましょう。
作画アニメーション(動画)ファイルが壊れた場合に、画像から続きをコンティニューすると、レイヤーは一枚に結合され、アンドゥデータなども初期化され、再度保存する度に画質劣化します。(動画が正常にある場合はコンティニューしてもJPG劣化が悪化することはありません)

お絵描き掲示板の使い方
しぃペインター しぃペイント(PaintBBS) 共通

お絵かき掲示板Art.net>>イラスト講座>>お絵かき掲示板の使い方