お絵かき掲示板Art.netイラスト講座>塗り絵メイキング 鈴。さんの場合

塗り絵メイキング vol.6

私の塗り方 鈴。さんの場合    線画提供 めだまさん

画材:しぃペインターSTD / 制作日:2007年3月11日

塗り絵完成図 線画

はじめに

恐れ多くも私の塗り方を紹介させていただきます。
普段は、水彩やエアブラシなどいろいろな塗り方をするのですが、
今回は基本のバケツ塗りを応用した、塗り方を紹介させていただきます。
こんな塗り方をする人もいるのかと参考にしていただければと思います。

(マメメモ:バケツ塗りについて。)
ミミニャーさんがイラスト講座にかかれているように、「バケツ塗り」は初心者にとって一番簡単な塗り方です。
でも、この塗り方は、線画によってはあまり向いていないものもあります。
経験がある方もいるかと思いますが、「ペン」「エアブラシ」「水彩」等、鉛筆以外の線画でバケツ塗りをすると隙間や、ムラが出来てしまいます。

そこで、今回はどの線画でもぬれるバケツ塗りということで、下のレイヤーをどんどん重ねていく形をとっています。
鉛筆しか使いませんので、水彩苦手な方や初心者さんでも塗りやすいと思うのでご参考にしてください。

塗り絵工程1

まず、線画の位置を確認し、(今回はレイヤー2でした。)
レイヤー0にバケツでどさっと色を塗ります。
塗り潰し
これはこれから色を重ねていく時にはみ出たものがわかりやすいようにするためです。
白だと、気づきづらい時がありますので。
その塗り絵で使用する予定のない色の中で選ぶことをお勧めします。
私は、大抵はグレーか紫などの明るすぎず暗すぎない程度の色で塗ります。
それくらいの色が一番塗り残しやはみ出ているのがわかりやすいと思っていますので。

328×398 (22KB)

塗り絵工程2(肌の塗り。)

肌をレイヤー1に塗っていきます。

塗り方基本は鉛筆でぐいぐいあたりをとってバケツ塗り。それを繰り返します。
はみ出ているものは最後に調節するので気にせずにどんどん塗っていきます。
鉛筆 ⇒ 塗り潰し

影などはRGBをいじりながら、暗い色を重ねていきます。
影を塗る時も基本は鉛筆でかこってバケツ塗りです。
細かい影や、形が気になるものは、最後に拡大してドットうちにより微調節していきます。

こういう塗り方の時、どうしても影の形と場所がぼやけないので目立ちます。
光源を決めて塗っていくのですが、形等に迷ったらアニメを参考にするのをお勧めします。入れるときの形等はすごく勉強になります。
アニメ設定資料集とかない人もHP等でいろいろ見て研究すると面白いですよ。文明の利器PCすごいです。

327×402 (26KB)

塗り絵工程3(服を重ねていく。)

大体肌が塗れたら次に塗るのは服です。
セルを1つ足して、肌の上に作ってそれにぬっていってください。
塗り方はもちろん、「鉛筆であたりをとってバケツ塗り」!
セルを足して塗らずに肌の上に塗ってもいいのでしょうが、最後に色の調節をする時や、服に模様をかく時等に便利なのでレイヤーは増やせるだけ増やして重ねていきます。
なので服も、服のパーツごとにレイヤーを作って、それぞれに塗って重ねていきます。

バケツ塗りのいいところはあとで気に入らないと思った色を一瞬で別の色に出来るところです。
配色決まるまでに時間かかる私にはバケツ塗りはとても便利なツールです。

そして、服までぬったら一度余分な塗りを消していきます。
髪の毛、顔などの細かいパーツの前に一度整理をして、塗りの構想を考えます。
ここまでほうっておく理由はレイヤー同士がかぶっている部分を消さなくていいので少し楽だ…というところだけです。

…すみません。ただそれだけの怠け癖です。

325×403 (30KB)
鉛筆であたりをとってバケツ塗り


塗り絵工程4(髪の毛を塗る。)

髪は女の命!!!
…はさておき、髪の毛の塗りは、私にとって一番気合が入る塗り場所です。
やはり、影の付き方によって髪質まで違うように見えますから。

今回の髪の毛は5色の色を重ねて作りました。
右の絵にある一番上の丸が基本の紙の色。
2番目がハイライト。そしてそれ以下が影です。
これも基本色をバケツで塗って、それに鉛筆・バケツで色をつけていっています。

髪の毛だけに関わらないのですが、ドットとバケツで塗る時は色を重ねて微妙な影もつけるとよりリアルになる気がしますのでお勧めです。

325×403 (30KB)

塗り絵工程5(最後の調整に入る。)

目以外の人物のパーツを全部塗ったらレイヤー0の紫を消します。そして、そこに背景をかいて行きます。
背景は只今勉強中の身なのですが、しいていうならサイトの「イメージ検索」をよく利用しています。

キーワードを入れると該当する画像が一覧されるあの検索サイト様の機能です。
風景写真もヒットするので、風景苦手な私としてはありがたい参考資料です。
ちなみに今回の女の子は一目見たときから『郵便局員』のイメージで塗っていたので『ヨーロッパ 郵便局』で検索して出てきた郵便局を参考にしています。

そして、背景も出来たら画像の全体調節。
変な配色はないか、影の入り方で気になることはないだろうか、塗り残しはないか等を確認していきます。
変であったらそのレイヤーを選択して鉛筆と消しゴムで…
一番細かい作業ですが、全体が見えてきて楽しい作業です。

そして、最後に命を吹き込む目を塗ります。
別に願掛けでもないのですが、目玉を塗るのが好きだしと一番最後まで残します。

そして、目玉を塗って再度確認したら完成です。

327×403 (396KB)

(おまけ。こんなのも出来ます)

バケツと鉛筆で塗る事に慣れてきましたら、「テクスチャ」を駆使するともっといろいろと面白いことができます。
これは帽子のボタンをトーンテクスチャを使ってグラデーションの様な表現にしたものです。
これ以外にも、テクスチャは服の模様や、背景など様々に利用できます。
また、テクスチャのように、カケアミを塗り絵の中に入れるのも面白いですよ。
今回は背景の一部等に使っています。

427×300 (35KB)
テクスチャ 鉛筆

あとがき

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「レイヤーを作る」→「鉛筆であたり」→「バケツ塗り」→「調節」
簡単に言うとこの作業の繰り返しです。
私が塗り絵の時に一番考えるのは「配色」です。
バケツツールは配色がおかしいと思ったときにとっさに色を変えることが簡単に出来る便利なツールです。
そして、今回のような形の塗りはバケツツールを線画を加工せずともどんな線画でも使用しやすい塗り方だと思います。

この塗り方は、ちょっと塗り絵に慣れてきた初心者さん等でも簡単に出来ると思いますので
よろしければお試しください。(消しゴムで消したり影の調節は少々細かいですが・・・)

最後になりましたが、かわいらしい女の子の線画を提供してくださっためだま様、読んでくださった皆様、
本当にありがとうございました。

この塗り絵の作画アニメーションを見る

この線画を塗り絵掲示板で塗ってみる

レモンノドアメ。 鈴。さんのホームページ

この塗り絵メイキングは役立ちましたか?  CTぱちぱち。

お絵かき掲示板Art.netイラスト講座>塗り絵メイキング 鈴。さんの場合