お絵かき掲示板Art.netイラスト講座>投稿イラスト講座 vol.2『馬の描き方(1)〜馬の顔面描く時のちょっとしたコツ〜』不肖の弟さんの場合

投稿イラスト講座 vol.2

『馬の描き方〜馬の顔面描く時のちょっとしたコツ〜』 不肖の弟さんの場合

制作日:2007年4月11日

はじめに

こんなのでいいのだろうかと思いつつ・・・。

馬の顔を描いてみたが、変な顔に見える場合、大抵目の位置が狂っている事が多いです。
目の位置さえ直せばいいのに惜しいなーと思う事がたくさんあります。
と、いうわけでちょっとしたコツというか参考になればな、と思い描いてみました。自分も本格的に習ったわけではないのであまり偉そうには言えませんが、気をつけている、ごく基本的な事です。

Lesson1.〜正面から見た馬の顔〜

とりあえず
一番分かりやすい正面から。

アタリというか基本的な形は上下の切れた、下の長い「ひし形」です。(赤斜線の範囲)上の左右の角に耳が付きます。

ひし形の一番出っ張った所に目が来ます。
馬の目が顔全体の長さに対してどれぐらい上にあるか?分かってもらえますでしょうか?

一番多いミスが「目の位置が低すぎる」のです。

馬の目は相当高い位置にあり、耳に近い方にあります。
耳から目までの長さ(赤)と目から口までの長さ(青)を良く見て、必ず目から下を長く描くようにします。(犬やネコとは決定的に違います。)

馬の正面

目の下から頬のふくらみが始まり、
鼻のラインのやや上で終り、あとは鼻の穴の裏あたりに自然に隠れる感じです。
膨らみ加減や顔全体の長さなどで微妙に変わってきますので自分なりにラインを探してください。
左右対称で問題ないかと思います。

目と鼻の穴を繋ぐように、ゆるく内側にカーブした線を入れるとそれっぽくなると思います。多分(笑)

Lesson2.〜横から見た馬の顔〜

次は真横です。

あごの大きなふくらみの終りからまっすぐ上に伸ばすと耳の裏につながります。
これが首との境目です。(太い赤点線)

首は基本緩い山形カーブです。鹿の首のようなS字には絶対なりません(笑)

正面と同様、目は当然高い位置にあります。
耳に近い方です。
これはもうどの向き描いても同じですし、基本です。
注意するのは耳に近い事は当然ながら、下のあごの線からも高い位置にあるという事です。
耳に近く、なおかつ顔の上面に近い方に必ず描き入れて下さい。
どちらか1つが欠けても「変な顔」です(;^ω^)

鼻先とあごとは、あごの発達であごが太いです。
鼻先+下唇の方が細い。
先端に行くほどすぼまってます。

馬の横顔

Lesson3.〜斜めから見た馬の顔〜

一番描きたいであろう(笑)、でも形がとりにくく、狂いやすい斜めです。
角度によって千差万別、色んな形に見えるので「これだ!」という方法は・・・・知らないです(死

とりあえず自分が気をつける事は、
目の位置は意識して高くする。(基本)

中心線から左右が開きすぎないように、また左右のそれぞれのパーツの高さがずれないように、 あごはあまり大きくしすぎないように・・・

とにかく文章では描き表しにくいですが、アタリとかは人間と同じような感じです。
おでこのライン、目の出っ張り。鼻から口、そしてあごのふくらみへ。こればかりは描いて、描いて、自分でイイと思うラインを探してみて下さい。

斜め顔さえ描ければ大抵どんなポーズでも行けてしまう気がします。(変なアングルなしの場合。)

馬の斜め顔

あとがき

最初は「だれも見て無くてもいいや。でも見てくれた人の馬絵がちょっとでも馬らしく見えるようになったらいいな」と勝手にラクガキ板で描いた奴でした。
そしたら色んな方からレスを頂きまして、折角ですのでまとめページに、ということで作らせてもらいました。
リアルな塗り、とかの高度なテクではありませんが、描く時にちょっと心に留めてもらえればいいかなと思っております。

ラクガキ板でレスをくれた皆様と、馬が好きだと言って下さる皆様に感謝しております。ありがとうございました。


・『馬の描き方(1)〜馬の顔面描く時のちょっとしたコツ〜』不肖の弟さんの場合
『馬の描き方(2)〜馬体の描き方バランス編〜』不肖の弟さんの場合
『馬の描き方(3)〜馬の描き方パーツ編〜』不肖の弟さんの場合
『馬の描き方(4)〜馬の描き方 乗馬と馬装編〜』不肖の弟さんの場合

このイラスト講座は役立ちましたか?  CTぱちぱち。

お絵かき掲示板Art.netイラスト講座>投稿イラスト講座『馬の描き方(1)〜馬の顔面描く時のちょっとしたコツ〜』不肖の弟さんの場合