お絵かき掲示板Art.netイラスト講座>投稿イラスト講座 vol.13『日本髪の構造と飾り』ぺんたさん

投稿イラスト講座vol.13『日本髪の構造と飾り』

イラスト講座作成:ぺんたさん 制作日:2009年8月11日

作例1「仲之町」(2009-6-8)

『日本髪の構造と飾り』

いつもお世話になっております,ぺんたです。
 最近,「和風が好きです」というお声をよく聞きますし,花魁や舞妓さんなど,髪を結った人物を描いた絵もよく拝見します。

 でも,現代のヘアスタイルと違って,日本髪ってどこがどうなっているかわかりにくいですよね。 そのせいか,描きたいように描いて,自分の好きなかんざしとか飾りをいっぱいつけました,という印象の作品が多いように思います。

 FF10のユウナさんとか,スターウォーズのアミダラ姫のように,ファンタジーとかSF作品の登場人物なら,袖がちぎれて下半身がプリーツスカートだろうが,脳天に髪の毛が逆立ちしていようが,どんな服装も髪型も,何でもござれ,作者の自由,ということでOKなのですが(ただし,これらは断じて「和風」ではありません),「花魁/おいらん」「舞妓」「芸者」の絵を描くとなりますと,これは特定の時代の日本に実在する職業ですので,自由自在というわけにはいきにくいです。

 江戸時代の日本は,厳しい身分社会でしたので,その人がどういう職業の,どういう身分の人なのかは,髪型や服装からすぐわかるようになっていました。逆にいうと,その職業の人はこういう着物でこういう髪型だよ,というのが厳しく決まっていて,違うかっこうをさせるとおかしい,ということです。それを受け継いでいる京都の舞妓や芸妓は,髪型と服装について,いまでも,ものすごく厳しい決まりがあります。

 「そんなのどっちでもいいじゃない」と思われるかもしれませんが,例えば,現代でも,「一流会社に勤務するエリートビジネスマンの男性が会社で働いているところ」という設定の絵を描くとき,真っ赤っかのアロハシャツを着せたり,背広のワイシャツの襟元に,レースひらひらのおリボンをちょうちょ結びして,髪型をポニーテールにしたら絶対ヘンですよね。それと同じように,職業ごとのふさわしい服装が決まっていて,「和」の世界は,それがかなり厳しい,とお考えください。

 「そんなに厳しいんじゃ,もう描きたくない〜」とならないように,今回,日本髪の基本構造と,髪飾りの基本的なルールをご紹介します。基礎さえ覚えてしまえば,あとは,いろいろな資料を見て応用がききますから,ご安心くださいね。

ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

1 日本髪の作り方

 ここでご紹介する「日本髪」は,江戸時代の中〜後半の文化文政ころから明治ころまでのものです。(それ以前はまだ結髪技術が高度化していませんので,とりあえず,お絵かきの世界で頻繁に出てくる時代のものに限定して説明させていただきます。)

「ちょんまげ」という言葉がありますが,日本髪の特徴は,ワンレングスの長い髪をたばねて,その長い毛先を折り曲げて,さまざまな形の髷(まげ)を作ることにあります。なお,江戸時代の女性は完全なワンレングスで,カットした前髪等は一切ありませんのでご注意ください。(理由は7.で説明します)。まずは日本髪の作り方です。

  1. 髪の毛を,フロント=前髪サイド=鬢(びん)えりあし=たぼ(つと,ともいう)トップ=根,の5つのブロックに分けます。
  2. トップ=根のところが全体の土台になりますので,ここをひも(元結/もっとい)できつく縛ります。(頭痛がするくらいきつく縛るので,舞妓さんは,みんな,数年たつと根の中心部が円形に十円玉ぐらいハゲてしまい,「舞妓ハゲ」とおそれられているそうです。)このとき,縛る位置を上のほうにする(「根が高い」といいます)か,下のほうにする(「根が低い」といいます)かで,雰囲気とか身分が変わります。上で縛るほうが気品があるとされているので,武家の娘はみんな「根を高く」,上のほうで縛ります。
  3. えりあしの「たぼ」の毛を整えて,根の結び目に合流させてしばりつけます。たぼを下のほうにたるませるか,ぴたっと上になでつけるかで,全体のシルエットがすごく変わります。
  4. サイドの「びん」の毛を整えて,同じく根の結び目にしばりつけます。びんを横に大きく張り出した形を「灯籠鬢(とうろうびん)」といい,ちょうちんを半分に切ったみたいな形になります。びんを張り出すかどうかもシルエットの要のひとつです。
  5. 前髪をひとつにまとめて,いったんひたいの上あたりで縛り,さらに,その先を根のところに縛ります。このとき,ぎゅっとうしろにひきつめて縛るか,前にふっくら押し出してまとめるかでシルエットが変わります。
  6. ここまでやると,すべての髪の毛が根のところで結ばれて,大きなポニーテールみたいに1本になりました。この毛を使って「まげ」を作ります。基本的には,まげの形で髪型の呼び名が変わります。
1 日本髪の作り方

ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

2 まげの形と髪型の呼び名 その1〜島田髷・丸髷

 根の結び目で1本になった髪の毛を,上に折り曲げて前方にもっていき,前の端を内側に折り込みます。
8の字を横倒しにしたみたいな感じですね。その上で,このまげの中央部分を糸とかひもとか布とかで縛ります。
これが島田髷(しまだまげ)です。

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)
現代の花嫁さんや武家の娘のヘアスタイルである「文金高島田」は,根を高くとった島田髷で,まげの髪の毛をふっくらと棒状にまとめて,頭の真上にのっけます。まげの中央に結ぶのは細い金の水引(祝儀袋の中央にかけてあるやつ)や白い紙,組紐などいずれも細いもので,形ばかり飾りに結びました,という感じです。京都の現代の芸者は,「私たちは芸は見せるけどエッチなことはしません。気品があるんです。」という心意気で,この高島田に結っています。Artnetの資料写真館にある「屋敷娘」も,武家に勤務する腰元(江戸時代の丸の内OLみたいなもの)という設定ですので,この高島田を結っています。
つぶし島田
 これに対して,町人の娘や江戸時代の芸者,遊女などは,まげの中央をぎゅーっと結びました。そうすると,まげの中央がへこみます。これを「つぶし島田」といい,色っぽくなったり,可愛い感じになるとされました。根の高さはいろいろです。まげは,後ろから見るとリボンのように上下が広げてあることが多く,まげの中央の結び目には,ちりめんの布とか,しぼりの布(総絞りの布は,子鹿の背中みたいな模様になるので,鹿の子(かのこ)といいます。)とか,太い束にした金銀の水引などボリュームのあるものをふっくらと飾ることが多いです。ちなみに,鹿の子を飾ったつぶし島田のことを,特に「結綿(ゆいわた)」といい,若い町娘の典型的な髪型とされました。
丸髷(まるまげ)
 まげの中央を何かで結ばずに,そのまま輪のようにまとめた髪型を「丸髷」といい,これは遊女とか主婦の髪型です(後で出てくる5,の図解の一番下が丸髷です)。島田も丸髷も,びんを横に張る/張らない,びんを上げる(耳を見せる)/下げる(耳を見せない),たぼを上げる/下げる,根を高くする/低くする,という組み合わせがあります。5,の一番下の丸髷の芸者のように,びんを左右に大きく張り出した灯籠鬢にするときは,たぼはすっきり上になでつけるとバランスがいいと言われています。
2 まげの形と髪型の呼び名 その1〜島田髷・丸髷

ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

3 まげの形と髪型の呼び名 その2〜伊達兵庫(通称/立兵庫)

 花魁の髪型としてよく出てくる,ウサミミかちょうちょみたいな髪型が伊達兵庫(だてひょうご)です。

通称として「立兵庫」ともいうのですが,「立兵庫」というのは,本来,髷用に折り曲げた髪の毛を脳天に突き立てて,その根本を残った毛でぐるぐる巻いた形のことで,あのウサミミヘアのことではありません。ウサミミヘアは,もともと,まげの髪の毛を横に寝かせてわっかにした上で中央を毛で縛った「横兵庫」という形でした。この髪型で,わっかの両端の毛を上下にひっぱると,みょーんと伸びてあのウサミミ形になるわけです。名前がややこしくて混乱しやすいのでご注意ください。
google画像検索のとき,「伊達兵庫」「立兵庫」「横兵庫」のどれでも,たぶん1つや2つはウサミミヘアがヒットします。なお,遊女以外の普通の人がこの髪型にすることはありません。

 ちなみに,遊女の結う代表的な髪型は,伊達兵庫,つぶし島田,丸髷といったところです(他にもいろいろありますが,歌麿の浮世絵の遊女はほとんどが灯籠鬢の丸髷で,北斎の浮世絵には伊達兵庫の遊女がたくさん出てきます)。

3 まげの形と髪型の呼び名 その2〜伊達兵庫(通称/立兵庫)

ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

4 髪飾りの種類とさしかた…花魁の場合

ピクシブとかで花魁の絵を検索すると,でっかい造花を飾ったものとか,イチョウ型のかんざしを脳天に差したものとかが出てきますが,はっきりいって完全にウソです。

現代でもわりと常識なのですが,髪飾りのうち,布地を使った造花とか,ふわふわしたものとかは,娘さん,つまりミスが使うものです。ですから,遊郭でいうと,まだお客さんとエッチな接客をしない,修行中の小さい子たち(禿=かむろ,といいます)は花かんざしをさします。ただし,それも,後で説明する「つまみ細工」のもので,リアルな造花をどかんと乗っけたりは絶対にしません。祇園でも,舞妓さんはつまみ細工の花かんざしですが,芸妓はすっきりした固い材質(べっこう,という黄土色の半透明のプラスチックのようなものとか,白い象牙とか,銀とか珊瑚とか)でできた櫛とかんざしとこうがいだけです。

そういうわけで,男の人にエッチなサービスをする遊女は,当然,ミスではありませんので,固い材質,たいていはべっこうのかんざしと櫛を使う,ということになります(なお,べっこうは,亀の甲羅を削って作ったもので,昔もいまもめちゃくちゃ高価です。小さいかんざし1本で5万円とかします。)。

図の花魁の飾りが,盛装のときの花魁の基本の差し物です。
前髪に耳かき形のかんざしを左右に各3本ずつの6本,後ろのたぼにも同じく6本差します。
このかんざしは,差すところに細い切れ目が入っていて,そこに髪の毛をはさんでとめます。
お琴の支柱ににているので,「琴柱(ことじ)かんざし」といいます。
江戸前のおいらんはコレが多いですが,図にあるように,丸の中に家紋を入れたかんざしをかわりにさすこともあります。

くしは,2枚から3枚を並べて差します。差す位置は,前髪を縛った結び目と,まげの間に,くしの上のはしっこを少し前傾させて差します。
櫛とまげの間に,珊瑚の丸玉かんざし2本と,松葉の形のかんざし2本を指します。
前髪の結び目と後ろのまげの結び目には,それぞれ,金の糸を飾りに結びます。後ろに飾るものは糸を束ねて組紐にしてあり,図の「あげまき結び」など,結び方に名前がついています。
まげのところには,「こうがい」といって,四角い棒状の飾りをさします。
こうがいは,もともと,まげの支えとか,つっかい棒にするために使用されていたもので,単なる飾りとして差すようにもなりましたが,必ず後ろのまげ周辺に差します。

4 髪飾りの種類とさしかた…花魁の場合

これ以外に,追加で何か飾るとしたら,銀でできたビラビラ飾り(円形や扇形のベースに,小さなパーツをつないで揺れるようにしたもの。舞妓さんのやつはビラが一段ですが,花魁のやつはパーツをたくさんつなぎます。)をまげとびんの間につける場合がありますが,スッキリしたのが喜ばれた江戸ではあまりやらず,やはりハデな大阪方面でしょう。まげのところに,あげまき結びのかわりに絞りの布を飾ったりすることもあります。

なお,この図のかんざしは,花魁道中(営業用のパレードのようなもの)とか,大金持ちの宴会とかの場合につけるフル装備で,お客さんとの床入り(要するにベッドイン)のときには飾りを全部はずします。ですから,これより飾りを多くつけるのはいただけませんが,減らすのは自由自在です。カレとベッドインしようと思ってかんざしを抜いていたら,途中でカレが来てしまい…とか,絵のシチュエーションに応じていろいろ考えてみてください。

それから,豆知識ですが,花魁,と呼ばれて花魁道中ができたのは,五千人もいた江戸吉原の遊女の中でも,特に格の高い「大見世(おおみせ)」という一流店のトップをしていた,ほんの数人の遊女だけで,いまでいうと映画スターのようなものでした(浮世絵,というのは江戸のブロマイドです。)。
こういうトップ花魁と遊べるのはお大名とか大金持ちに限られ,一晩で数十万円とか数百万円とかのお金がかかりました。ですから,一晩1万円とかで遊べる安物の遊女(今だとデリヘルとかフーゾクの女の人,という感覚です)の絵だ,というならいいのですが,いやしくもこれは江戸で一番の花魁だ,という設定で着飾らせた遊女の絵とか花魁道中を描く場合は,くれぐれもだらしない着物の着方(えりを肩まではだけて胸の谷間が見えるような着方)はさせないでくださいね。
着物の襟は,後述する髪油との関係で,時代ものではうしろを大きく抜くのはいいとされていますが,前側の襟をはだけて人前に出ると,直ちに「おかしな人」「インラン」「正気を失っている」という扱いになります。せいぜいのどのくぼみ,鎖骨の合流点が見えるあたりまで露出するのが限界です(ベッドシーンの絵だ,というならどこまで露出しても大丈夫ですが,その場合,髪にかんざしをてんこ盛りだとつじつまが合わなくなります。)。

ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

5 髪飾りの種類とさしかた…娘や芸者,その他の遊女の場合

 娘の場合は,ふわふわひらひらのオンパレードです。 ただし,飾るものと飾る場所には決まりがあります。

  1. 前髪の結び目…絹の布や,飾り糸や,水引き(祝儀袋についてるアレ)を1回結んで飾ります。
  2. まげと前髪の間…くしを差します。
    くしの種類
    ア.漆塗りで絵が描いてあるもの,
    イ.櫛の形の土台に絹の布でつくったつまみ細工をびっしり貼り付けて,花が咲いたようにしてあるもの(9の写真参照),
    ウ.つまみ細工で小さな花をたくさん作って,銀の針金で立体的に山形にもりあげたもの(6の舞妓さん8の解説参照),
  3. 前髪の両サイド…かんざしを差します。つまみ細工の花の固まりから藤の花のようなパーツがたれさがったものとか,花の固まりだけのものとか,つまみ細工で作った手まりから絹糸が垂れ下がっているものなど,ソフト素材のものを一方につけて,反対側には銀のビラビラかんざしとか銀プラス珊瑚などの細工かんざし,というのが多いです。ただし,これはお金持ちのフル装備の場合です。
  4. まげの結び目…ちりめんの金箔散らしの布や,絞りの鹿の子をふんわり飾ります。
  5. まげとたぼの間…いろいろな色の紙製の飾りを図のようにつけることが多いです。これを「丈長(タケナガ)」といいます。
  6. まげとびんの間…頭の後ろ側になりますが,ここに,さんごのかんざしとかを横向きに差すこともよくあります。だいたい,さんごとかヒスイの丸玉一本足のかんざしは,「根締め」といって,後ろ側,「根」のところにさすものです(図の中段の遊女は,銀の平打ちのかんざしを,下段の芸者は珊瑚の丸玉かんざしをそれぞれ根締めに差しています)。
5 髪飾りの種類とさしかた…娘や芸者,その他の遊女の場合

 娘さんの髪は,ほんとに飾りがいがあって,上村松園さんの画集とかをみてもらうと,あらためてこんなにいろいろな飾り方があるんだなー,と感動すると思います。

 遊女もつぶし島田を結うことが多いのですが,その場合も,「ミセスは固い素材」ルールで,べっこうのくしとこうがい,銀の平打ちかんざしを根締めに,まげ中央は銀の絹糸,という感じですっきりさせます。

 芸者(ミセス扱い)は遊女以上にスッキリが命,ですので,べっこうや銀のくしとかんざし,水引き,根のところにちりめんか紙の飾り,程度が中心です。
 この下段の芸者は,歌麿風に,びんを横に張って灯籠鬢にして,たぼはスッキリあげて,前髪も引き詰めて結っています。まげは大きく丸めただけの丸髷です。こういう形にすると,髪が顔にかからないので,涼しそうになります。

ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

6 髪飾りの種類とさしかた…京都の舞妓と芸妓

 京都の舞妓さんは,毎月,「3月は菜の花のかんざしをさす」「4月は桜」というように,使うかんざしの種類が厳密に決められています。

また,なりたての舞妓さんと,数年たった姉さん舞妓では髪型も変わります。
ただ,髪型で変化するのは基本的に後ろのまげのところで,前髪とびんはほとんど変わりませんので,お絵かきの時には,髪飾りの月決めルールだけ注意してください(8.で後述します。実際のデザインは,後に紹介する文献や,ネット検索で,現物をご確認ください。)。
つまみ細工のかんざしの花の固まりから,藤の花のようなパーツがたれさがったものを使えるのは,新人の舞妓さんだけで,数年たつと丸い花の固まり部分だけになります。

京都の舞妓さんは,びんを横に張って,耳から離しますが,びんの先端は灯籠鬢とは違い,少し下向きです。
たぼはスッキリと上に上げます。
この図のまげは,「割れしのぶ」といって,新人舞妓さんの形です。

6 髪飾りの種類とさしかた…京都の舞妓と芸妓

 舞妓さんは自分の髪の毛で結っていて,週に1回しかシャンプーできないので,髪の毛がなるべく顔に接触しないようになっています。
 一方,祇園の芸妓さんはかつらです。芸妓さんや歌舞伎や日舞のかつらは,見た目優先なのでびんやたぼが首や顔に近づいているスタイルが多いです。
 京都の芸妓も,ミセス扱いなので,「ミセスは堅い飾り」ルールで,べっこうの櫛,銀や珊瑚,翡翠などの根締め,金銀または白の紙,水引,ぐらいでスッキリさせます。

ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

7 前髪・毛先問題…江戸時代の衛生事情

 「和風」として日本髪らしきものを描いてあるけど,カットされた前髪がふさふさと額にたれていたり,毛先がどこかから顔にたれさがっている,という絵もしばしば見かけます。現代風の絵を書き慣れた立場では,なんとなく,前髪を額にたらしていないと不安だからとか,おでこまるだしはいや,とかいう理由でしょうか。しかし,江戸時代の花魁とか芸者とか娘の絵だとすると,これは絶対にありえません。現代物の絵なら,祇園祭にやって来る原色ユカタの娘さんたちのように,特盛りの茶髪ヘアに造花もてんこ盛り,でも何でもアリなので,前髪がないとどうしてもいやだという場合は,ファンタジーか現代ものをおすすめします(なお,サユリ,というハリウッド映画は祇園の舞妓とは真っ赤なウソで,髪型も髪飾りも着物も嘘だらけですので,決して参考にしないでください。)。

 なぜ江戸に「カットしたフサフサ前髪」はなかったのかというと,江戸時代の髪は猛烈に汚いからです。
 花魁でも遊女でも,洗髪は月に1回の遊郭の休業日のみ,と決められていました。それ以外の日は,目の細かいくしでガリガリひっかいて,フケを落とすだけ。しかも,あの形に結うために,「びんつけ油」という整髪料の油を使うのですが,和風ろうそくと同じ原料の,ラードをうんと固くしたような白い固まりで,手で温めてもなかなか柔らかくならず,しかもネバネバに糸をひくような粘着性の強いしろものです。
(現代でも,歌舞伎や日舞の白塗りのお化粧のときは,これを素肌に,にちゃーっとすりこみ,化粧下地にします。すると,毛穴がすべてふさがって,汗をかかなくなります。そこに水溶きしたおしろいをハケで塗り込むのです。おそろしい…)
こんなキョーレツな油で髪全体をカチカチに固めてあるので(おすもうさんのまげをイメージしてください),現代の舞妓さんは,週に1回のシャンプーのとき,まず60〜70度ぐらいの熱湯に髪をつけて油を流して,それから固形石けんで10回洗い,さらにシャンプーで3回は洗わないとびんつけ油がとれないそうです(おすもうさんは髪が傷んでも平気なので食器用洗剤で髪を洗う,といいます。)。

 ところが,江戸時代には石けんがなく,熱湯で洗う以外には,小麦粉を水にとかしたものや,「ふのり」という海草を煮たもので汚れを吸着するのが精一杯でした。しかも熱湯はたくさんの燃料を要するので貴重です。(いまから40年ぐらい前までは,日本の銭湯では,シャンプーは別料金で,「洗髪料」というのをとられたんですよ(本当)。)

7 前髪・毛先問題…江戸時代の衛生事情

 そういうわけで,歌麿の浮世絵美人がみんな髪の毛をすっきりと上にあげて,顔に髪の毛がつかないようにしているのは,髪の毛が油でギトギトで,顔や着物につくと激しく汚れるからです。みなさんでも,1か月シャンプー禁止,といわれたら,前髪をクリップで留めて上に上げて,おでこに髪がさわらないようにするのではないでしょうか。

 なお,女の人が着物の襟を「抜いて」,襟を後ろにずらすようになったのも,たぼが着物のえりにさわって油がつくのを防ぐためでした。江戸の町娘が普段着の襟に黒い繻子(つやつやした布)をかぶせているのも,髪油で着物自体の襟が汚れるのを防止するためのカバーです。

 そういう衛生環境で,髪の毛先が顔にかかっている,ということは,つまり「髪型が崩れている」ということで,それは「なりふりかまってられないほど疲れていて貧乏である」とか,「狂乱状態である」ということです。歌舞伎の狂乱物の代表が八百屋お七の「火の見櫓」の場面と,鷺娘の「地獄の責め」の場面ですが,いずれも,命にかかわる危機的状態です。歌舞伎の狂乱髪型は,お約束として,前髪とびんはそのままで,つぶし島田のまげ部分だけがばさっと落ちて,ポニーテール状態になり,びんの中からもひとふさずつ髪が肩のところにたれさがり,後ろの鹿の子もほどけてたれさがった状態にします。そして,狂乱を示すため髪を前後に振り乱しながら演技します。
 また,これとは違い,下図のように,「シケ」といって,一本だけ,わざと後れ毛を特定の場所に出す手法もありますが,高等戦術です。
 江戸時代の髪のおしゃれとは,後れ毛(アホ毛)や毛先が一本も出ず,きれいに面状にぴしっと髪が整っていることです。また,西洋でも日本でも,明治から大正時代ころにモダンガールとかが出てくるまでは,女性が前髪を切るということはなく,長く伸ばしたフルワンレングスをきれいに結い上げることが賞賛されていました。ですので,くれぐれも時代物では前髪フサフサ,毛先タップリの日本髪の娘さんを描かないようご注意ください。

ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

8 つまみ細工の構造

 江戸時代の娘さんや舞妓さんが使う花かんざしは,絹製のちりめんの布で作った「つまみかんざし」です。

今の合成繊維でできた布地は,ふちの切り目のところを加熱すると,ポリエステルとかナイロンがとけて固まり,ほつれなくなりますが,絹は加熱しても固まりません。ですから,布の切り目が外に出ないようにきちんと縫ったり,切り目を内側に入れて花の形にする必要があるのです。このため,つまみ細工は独特のパーツから作られています。

 作り方というか構造は次のとおりです。

  1. 正方形の布を対角線で折って三角形にします。
  2. 折り目が花びらのふちになるように,三角形の向かい合う2つの頂点を,その中間の頂点の上に重ねます。
  3. しわをきれいに整えると,真ん中がへこんだ,しずく形のパーツができます。これが花びら1枚分です。
  4. これを5枚組み合わせて,花の形にします。
  5. 花びらの中央に,金の糸や紙製の水引で花の芯を作ります。芯の形で花の種類が変わります。これで桜の花や梅の花のできあがりです。
  6. 花をいくつか組み合わせて,丸いてまりのような形にします。新人の舞妓さんのかんざしの場合,しずく形のパーツを三角形に折ったものを,リリアンのようなひもにのりづけして,ぶら下がるパーツをつくり,丸い花の固まりから何本もぶらさげます。
  7. なお,しずく形のパーツをぎゅっと折って,先端をとがらせれば,菊の花びらのようなとがった花びらができます。こうやって,パーツを組み合わせて,藤や松などいろいろな花かんざしを作るのです。
8 つまみ細工の構造

 舞妓さんの花かんざしの決まりは次のとおりです。

  • 正月…実物の稲穂と,その根本に白い鳥の小さな人形付き
  • 1月…松竹梅
  • 2月…梅
  • 3月…菜の花
  • 4月…桜
  • 5月…藤
  • 6月…柳
  • 7月…祇園祭(白っぽい花に小さなうちわ)
  • 8月…すすき(銀色の放射状の花)
  • 9月…桔梗
  • 10月…菊
  • 11月…紅葉
  • 12月…顔見世のまねき(松の中に名札があり,好きな歌舞伎役者に名前を書いてもらう)
ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

9 つまみ細工のかんざしの実物見本/町娘

 舞妓さんの写真は,googleの画像検索で一杯ヒットすると思いますので,それ以外のつまみ細工のかんざし等の実物見本として,私が日舞の「鷺娘」で使わせていただいた町娘のかつらの写真を掲載しておきます(なお,プライバシー保護のため,顔は加工してあります。)。身分及び設定は,江戸時代の裕福な町娘,というところです。

 なお,この写真では,舞台で早変わりをする都合上,たまたま白無垢を着ていますが,このような髪型の町娘の場合,普通は赤とか紫とかのハデな振袖を着ていて,着物の衿には黒繻子(汚れ防止のつやつやの布)をかぶせているのが通常です。

 髪型はつぶし島田で,日本髪専門のプロのかつら屋さんのお仕事です。ごらんのとおり,ほぼフル装備,というぐらい,いっぱい飾っていただいております。

 ここでつけているのは,「つまみ細工の手まりかんざし(房付き),つまみ細工のくし,鳥の形の細工物のかんざし,つまみ細工の平打ちの根締めかんざし,前髪の根元にはちりめんの赤い布,まげの中央には赤い布の手絡,まげの下側に水色の紙製のタケナガ」といったものです。

 歌舞伎で「お染久松」の心中物とか,「弁天小僧」など,町娘が出てくる演目をごらんになると,こういう「手まりの飾り」のついたつぶし島田がたくさん見られると思います。

9 つまみ細工のかんざしの実物見本/町娘

ページ最上部へ | 1 日本髪の作り方 | 2 まげの形と髪型1【島田髷・丸髷】 | 3 まげの形と髪型2【伊達兵庫】 |
4 髪飾りの種類【花魁】 | 5 髪飾りの種類【娘や芸者】 | 6 髪飾りの種類【京都の舞妓と芸妓】 |
7 髪飾りの種類【前髪・毛先問題】 | 8 つまみ細工の構造 | 9 かんざしの実物見本 | 10 参考文献 |

10 参考文献

 時代ものの漫画でおすすめのものは,
安野モヨコさんの「さくらん(花魁もの) (ただし,内容的にアダルトな部分があるので,18歳未満の方はご遠慮ください)
大和和紀さんの「紅匂ふ(舞妓さんもの)
この2つが段違いに時代考証がきちんとしています。
資料価値が高い上,読み物としても大変面白いので,興味のある方はどうぞ。

その他に,あまり高価でなく,とても役に立つ資料は次のとおりです。
舞妓さん関係…komomo」講談社インターナショナル刊,\3000
帰国子女の女の子が舞妓さんから芸妓さんになるまでを,順番に追いかけた写真集。
舞妓さんの生活実態の説明とか,
普通は見せてもらえない裏の写真がたくさん掲載されていて,舞妓ファンの方は必読です。

花魁関係…坂東玉三郎 すべては舞台の美のために」小学館刊,\2700
玉三郎の写真集はほかに2種類出ているのですが,数万円という超高価なものです。
この本は,安いお値段で,花魁姿の玉三郎の美麗写真が複数というか多数出ています!
いろいろなタイプの日本髪の写真も,前から,後ろからと大量にあります。
しかも,浮世絵をもとに着物を作って実際に着ているところの比較写真など,
お宝画像が一杯で,買って損はありません。
十二単を着ている写真もあり,時代ものの着物の資料としても一級品で,超お勧めです。

髪型一般…日本の髪型―伝統の美 櫛まつり作品集」光村推古書院刊,\1260
京都で日本髪を結う仕事をしている方々が,実際にシロウトのワンレングスのモデルさんを使って古墳時代から現代までのありとあらゆる髪型を結って,
2,3方向からその写真をとって掲載してある文庫版の写真集。
全編これカラーページで,資料価値はとても高いです。
ただし,花魁の伊達兵庫がないのが痛恨です。
また,モデルさんたちはシロウトさんなので,あまり見た目というかルックスは…(以下略^^;)

さて,いかがでしたでしょうか。「やっぱり難しいよ〜」という方も多いかもしれませんが,ある程度基礎がわかっていると,浮世絵や日本画,歌舞伎などを見る楽しみが倍増します。

 和風にご興味を持っておられる方が増えているのは心強いことですが,「しきたりやしくみを知って,正確な絵を描く」ことが,本当の意味で「和風を愛する」ことにつながるのではないかな,と,僭越ながら感じております。
今回の講座が,和風の好きな方への一つのきっかけになればうれしいな,と思っています。
 長文の解説をお読みいただき,ありがとうございました。

作例2
このイラスト講座は役立ちましたか?  CTぱちぱち。

着物の描き方1 | 着物の描き方2 | 日本髪の構造と飾り | ぺんたさんの絵師名簿 | テキスト掲示板


お絵かき掲示板Art.netイラスト講座>投稿イラスト講座vol.13『日本髪の構造と飾り』ぺんたさん