Amazon.co.jpロゴ


back<<
>>next

nonaneさん ひらく
イラスト「ひらく」

炭谷久浩さまのキャラクター、『トロンド・イェルガーチェ』さんをお借りしました。

チョークが必需品というキャラクターに惹かれ、拝借に至りました。
チョークって、小学校のとき、なんとなくカッコイイものだと思っておりました。
炭谷さま、ありがとうございました。

上向きにしたら、どことなく雰囲気がちがってしまいました・・。
トロンさんが怒って、延々と追っかけてくるというシチュエーションでお願いします。
穏やかな人って、怒らせるととても怖いものです。

また、色は私の独断でつけさせていただきました。申し訳ありません(><)


こちらの絵ですが、ブログに転載させていただく可能性があります。
炭谷さまがお気づきになれば、転載の許可の有無をお願いいたします。

作者: nonaneさん [作者検索]

No.007108 [編集/削除]

600 x 450 (229 kb)/shipainterpro/Q:1 2013年01月19日(土)

原作:炭谷久浩さん


セシル中村さん

ぱぴぷりかさん、初めまして^^ 原作者様より先に失礼致しますm

前回のクール&ナイフエッジな渋さ溢れるおじ様も素敵過ぎましたが
(当方無類の親父好きなモノでしてハイ(*´`*))
今回のトロンさんも、大胆な構図取りとざっくりとしたタッチ、
ダル系色で纏められた人物と鮮やかなチョークの配色その対比が
実に強烈な印象を与える1枚ですね……!@@

>トロンさんが怒って、延々と追っかけてくるというシチュエーション
とおっしゃる通り、覗き込む様に見詰めてくる視線に迫る様な構図も相まって、
にじりにじりと這い寄ってくる湿度の高い迫力を感じます……!((((;゜Д゜))))

唯一無二のセンスを感じさせる個性的な1枚、御馳走様でした!^^

2013年01月10日(木) [No.7108-1 - 編集]
ぱぴぷりかさん

>セシル中村さま
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
おじさま好きがここにもいらっすった・・・!嬉しいです。色々な方々のオリキャラで日夜おじさまを漁っております笑。おじさまカテゴリがあればいいのに!とすら思っております。
前回もおじさまでしたね・・・! (' - ';)
どうしても彩度の低い色で塗ってしまい、反省するばかりです。

またおじさまでこちらにお邪魔するかもしれませんね!では、私はおじさま漁りの旅にでかけます!

コメントありがとうございました!

2013年01月01日(火) [No.7108-2 - 編集]
炭谷久浩さん


ぱぴぷりかさんどうも、炭谷です。ファンアート有難うございます。
トロンド&タマちゃんを描いて頂き有難うございます。ぐっとこちらを見つめる勢いのある構図とチョークの使い方がとっても怖格好良いです!

怒る事がどれだけ有るかは分かりませんが、どちらかと言えば根に持つタイプでしょうね。溜まった恨み辛みが爆発するとタマちゃん引きずって延々と追いかけてきそうです。多分、体力は底無しです^^;(体力よりも精神が勝ってずっと追いかけてくる、そんな感じだと思います。)

彼らの色に関しては次投稿する予定の人にちょっと説明してもらおうかと思っていたのですが、好きな様に塗っていただければ、と思います。陰から覗く金色の瞳がとても素敵です。

ブログへの転載は喜んで、宜しければ自分にも転載許可を頂ければと思います。
それでは、この度は素敵なファンアートを有難う御座いました。

2013年01月03日(木) [No.7108-3 - 編集]
ぱぴぷりかさん



炭谷久浩さま
こんばんは。コメントありがとうございます。
新規の説明をみて・・・色がない!なんてこった、と思いました。がっつり色をつけてしまって申し訳ありません!お許しいただけて嬉しいです。
タマちゃん、かわいいですね///トロンさんが机とかに向かってても、タマちゃんはさりげにこっちを向いていそう・・・。引きずるほど、やっぱりタマちゃんは重いのですね。

炭谷さまのキャラクターをお借りしましたので、どうぞお持ち帰りください。

ありがとうございました!

2013年01月05日(土) [No.7108-4 - 編集]

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力)

URL:



[No.007108通報]


作者検索


back<<
>>next

・ オリキャラclub! OCF

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。