ARTNETオリキャラclub! OCP [PC用表示] > ミニリスト

オリキャラclub! OCP

全表示作者別|全表示

ミニリスト表示ノーマル||カタログ||ミニリスト


「ジュラン」
・ ●茶零●さん
イラストNo.013697
500 x 400 (31 kb)

ええ・・・・はい。百華入洞艶のキャラが、増えて行っていますけど、百華入洞艶の本家の
キャラは、あと1人で終わりますが、まだ未公開ですけど過去編を、再開する予定です。

再開する予定日も決めていません・・・・(爆)、本家が終わると同時に次の、オリキャラを出させて頂きます。まぁ・・・・・、まだ製作途中なので時間が結構、掛かりそうです。長くなりましたが、本題に入ります。ジュランについて隣の国の、青鈴律城の皇后でギヨルと、ユミョン
の母親でスヨンの妻。元はチェファンと同じく将軍の娘で、チェファンのいとこ青鈴律城の、
皇后として迎えられスヨンと結婚をし、その後ギヨル、ユミョンを授かる。はい性格は温厚で
誰にでも、優しく下女、中女、下男、中男に人気が高くとても誇らしい存在である。特技は
工芸茶を、入れることで工芸茶は中国派から、入手した物を取り寄せている。なおお茶飲み仲間
は、チェファンで彼女が来日すると、工芸茶を入れて一緒に工芸茶を楽しんでいる。可愛いお饅頭を、作るのも好きで城に居る下女、中女、下男、中男達に直接彼女が振舞っている。スヨンが不在の場合は、兵士を仕切る時もあり温厚でもありながらも、戦の編制などを仕切ることが多い
。睡蓮を地上に浮かばせる能力を、持っている幼い頃それが、不気味と言われ一度心を閉ざした
頃が、あるがスヨンも煙を操れる能力が、あったためお互い惹かれあったと言う。現在はその能力が、好きでスヨンと二人きりの時に、よく使っている。弱点は睡蓮で彼女の部屋に、小さな池があり、そこで睡蓮が綺麗に咲いて仕事終わりに、長めているだしい。一人称:私 二人称:名前呼び、貴女(貴方)、○○○○様

サイプルボイス
「私の名はジュランと、申します。」
「チェファンいらっしゃい、丁度工芸茶が入れたところの、なのよ?お茶しましょう。」
「陛下が不在中、この青鈴律城の危機があれば、どんな過酷な試練でも取り組みなさい。」
「睡蓮・・・・、綺麗ですね陛下。」ええ・・・・はい何か中国派を、出した方が良いのか分からなくなります。まぁ・・・・もう1人だけ、追加しょうと思います。最初韓国風でしたが最終的に、東洋人派になって来ています。まぁいいか(爆)あと工芸茶気になります!、一度でもいいから、飲んでみたいです。次回の投稿は1月27日投稿予定です。なお投稿予定日が、遅れる場合もあります。では長々な文に、失礼しました。

2018年01月20日(土)
[検索] [編集]

拍手レス かわいい! .. 2018年01月20日(土) 14:33

URL:

「無題」(●茶零●さん)にコメント

お名前:
パスワード:
「みんと」
・ すいかさごさん
イラストNo.013694
500 x 400 (1025 kb)

かわいいというよりかっこいい?

2018年01月14日(日)
[検索] [編集]

URL:

「無題」(すいかさごさん)にコメント

お名前:
パスワード:
「チェファン」
・ ●茶零●さん
イラストNo.013693
500 x 400 (32 kb)

ええ・・・・はい、2018年最初の投稿をして行きます。引き続き百華入洞艶の、キャラを
投稿します。チェファンについて紅御洩城の、皇后でシュンハの母親で、テユンの妻。元は将軍

の娘で紅御洩城の、皇后として迎えられテヨンと結婚をし、その後シュンハを授かる。はい性格
はおっとりしていて、優しく下女、中女達の憧れな存在であり、第二の母親でもある。特技は薙刀で、結構な腕で何回も戦に出ている。なお薙刀は数年前に日本人の、一属から取り寄せた品【現在はその一属は、滅んでしまった。】弱点はスミンで、友人だったこともあり、彼女の死が
チェファンにとっては、後悔を生むようになってしまった。一人称:私 二人称:名前呼び、貴方(貴女)

サンプルボイス

「私の名は、チェファンと申します。」
「あらあら・・・、大丈夫ですよ私が、陛下に頼んで見ます。」
「皇后だからって甘く見ないで、下さる?このソン・チェファンが、相手を致します!。」
ええ・・・・、はい次回はスヨンの妻を投稿します。予定日は1月20日の予定です。では失礼しました。【チェファン以外のところも間違えていた文が、ありましたので修正をしました。】

2018年01月18日(木)
[検索] [編集]

拍手レス かわいい! .. 2018年01月13日(土) 16:23

URL:

「無題」(●茶零●さん)にコメント

お名前:
パスワード:
「アリョン」
・ ●茶零●さん
イラストNo.013690
500 x 400 (36 kb)

ええ・・・・・・はいスミンの方で、投稿予定日が結構すぎてしまったので、20日の投稿です
。※【注意事項】グロい文が含まれていますので、ご注意下さい。では本題に戻ります。

アリョンについて暗殺一家の当主で、ヒヨン、ヨンヒ、ヘユン、ナソン、キヨンの父親でスミンの夫。10代の頃スミンを誘拐しその後、ヒヨン達を授かる。時が立ってスミンが双子の弟スヨンに再開を、果たした時スミンを殺害し正気を、失ったスヨンが斬り掛かり決闘になった。彼は
途中でやめてスヨンにこう言った。【まだまだ殺す時じゃあ、ないねその時が来たらゆっくり殺す。】と残して去って行った。その後執事と共に拘束されて死刑の瞬間に、無礼を出しスヨンが自らの剣で、彼の首を切り落とした。享年47


はい性格は冷たく恐れられているだしい。特技は人体解体でその現場には、バラバラ死体や何ヶ所か刺された死体がある。なお趣味で眼球集めをしており特に、数少ない化けトカゲのグルーミヤの、眼球がお気に入りでそのグルーミヤと人間のハーフ、ジュファに強い好奇心を持っており
、彼の眼球も手に入れようと近づいたが、顔を撫でると行った行動を取りジュファに、一言だっけこう言った。【いつか奪うねその眼球を】と弱点は皇族でものすごく毛だっている。スミンを
浚った理由は、すごく面白い人形にしてやろうと思ったからの理由である。愛情を両親に注いで
貰えずに、育ったため愛情なんか要らないと精神に、誓ったため嫌いになったと言う。第一人称
:私二人称:名前呼び お前 君

サイプルボイス

「私はアリョンまぁ・・・・、よろしくとは言えないな殺すけどいい?。」
「あの女?あははっははは!!、ただの人形だよ。」
「あのグルーミヤが人間に、交わるなんってさぁ〜絶対無い奇跡だね君って。」
「あぁお前ら皇族は、馬鹿者だったなっ!!。」

はいジュファ以来の長い文です。何か名前を振り返って見たら最後に、んで終わることが判明しました。まぁ・・・・・選んでいったらそうなりました。;:

2018年01月18日(木)
[検索] [編集]

URL:

「無題」(●茶零●さん)にコメント

お名前:
パスワード:
「スミン」
・ ●茶零●さん
イラストNo.013689
500 x 400 (34 kb)

ええ・・・・・・はい、投稿予定よりも遅くなりましたが、投稿させて頂きます。
スミンについてスヨンの双子の姉で、10代の頃にアリョンに誘拐されて、その後

5つ子のヒヨン達を授かる。そして時が流れたある日のこと双子の弟、スヨンと再開を果たした時に、アリョンにお腹を刺されてスヨンに、思いを伝え終わると同時に息を引き取った。享年44はい性格は温厚で、あんまり怒ることはないが、その人に対して怒る時があるだしい。
特技は簪作りでヒヨン、ヨンヒ、ヘユン、ナソンにその作った簪を挿してやることが、好きで
キヨンにも一度だけだが、挿したことがある。弱点はアリョンで憎い感情もある中に、
ヒヨン達を授かったが子供達は、愛しい存在で手放すことが出来なかった。一人称:私 二人称
:名前呼び、貴方(貴女)

サンプルボイス

「私はスミンっと申します。」
「スヨン?スヨンですか?・・・・っ!、立派になられましたね。」
「アリョンのことは憎かったですよ、だた何故でしょう・・・・愛していたなんって・・・。」
「す・・・・スヨン・・・・、あの子達を・・・・頼みますよ。」
はい人生初めての死亡してしまうオリキャラです。名前を公開でアリョンと言います。次回は12月20日に、投稿する予定です。百華入洞艶のキャラの製作が、追いついていない状態に
(爆)まぁ頑張ります。

2018年01月18日(木)
[検索] [編集]

拍手レス かわいい! .. 2017年12月17日(日) 17:32

URL:

「無題」(●茶零●さん)にコメント

お名前:
パスワード:
「ギヨル」
・ ●茶零●さん
イラストNo.013685
500 x 400 (28 kb)

ええ・・・・・はい、予定より日が延長しましたが、進めて舞いにます。ギヨルについて
ユミョンの兄で、青鈴律城の皇太子。皇帝であるスヨンの後継者なったが、彼は叔母のスミンの

子の、キヨン方が後継者に向いているのでは、ないかと彼はそう思っていたが、久方ぶりにキヨンに会った時【私は後継者になれません・・・・、人殺しですからギヨルは、良い皇帝になれますよ。】っとはい性格は面倒見が良く周りの人々を、気を使っており妹のユミョンに、好かれているほどだ。特技は料理でヨンヒと共に、作るのが楽しいので一緒に、作っていることが多いだしい。弱点は驚かされることで、特にヘユンにやられるのが多く変な声が毎度出てしまう。なお戦は嫌いだが、無くなって欲しいことを、祈って戦っている。一人称:僕 二人称:名前呼び 貴方(貴女)






サンプルボイス

「僕はギヨルと申します。」
「僕が皇太子で・・・・・、良いだろうか・・・・。」
「このイ・ギヨルが貴方達の、大将の首を討つ!!。」
「ぴやゃあっ!!・・・・・、へ・・・ヘユンもうやめて下さい、、、、。」

はいまぁスミンより先に、出したかったので出しました。ちなめにスヨン達はイ家です。テユン
達は、ソン家と言うことになっております。次回は12月1日にスミンを、投稿する予定です。

2018年01月19日(金)
[検索] [編集]

URL:

「無題」(●茶零●さん)にコメント

お名前:
パスワード:
「スヨン」
・ ●茶零●さん
イラストNo.013682
500 x 400 (35 kb)

ええ・・・・・、はいチュンの方で投稿日が、間違えていたので直しました。
では本題に戻ります。スヨンについて隣の国の、青鈴律城の皇帝。祖父の時代ではテユンの国

と、戦をしていたがスヨンの、前皇帝の父親の時代になりテユンの国とは戦は、消えてのろかになったと言う。【現在は同じく別の国と戦がある。】はい性別は優しいが、怒ると結構怖いだしい。特技は煙系を操ることで、もちろん砂も操れる能力者。娘のユミョンが作った、お香の煙も操れる。なお攻撃も可能だが、あんまりやりたくないため現在は動きを、封じているのがほとんどである。幼い頃はそれが嫌で隠していた時がある。弱点は女顔で母親似だが、女性に間違われるので何か嫌だしい。双子の姉がいるが10代の頃、何者かに連れ去られてしまった。だが時が流れ再開を、果たしたけど結末が・・・・・狂うことになる。一人称:私二人称:貴方、(貴女)達、お前、貴様、呼び捨て




サンプルボイス
「名は貴方が、申し上げよこの無礼者。」
「チュン・・・・、テユンがいないかと私の背後に、隠れないで欲しい。」
「姉上?・・・・、スミン姉上っ!!。」
「っ!・・・・・、貴様!!。」「すっ・・・・」※剣を抜く
はい青鈴律城【じょうりんりつじょう】です。名前を公開スミンと言います。次回は11月18日に、投稿する予定です。まぁ予定ですけど日が延長する場合も、ありますのでよろしくお願いします。あっ忘れていましたが、テユンとスヨンは幼馴染です。

2018年01月18日(木)
[検索] [編集]

URL:

「無題」(●茶零●さん)にコメント

お名前:
パスワード:
「チュン」
・ ●茶零●さん
イラストNo.013680
500 x 400 (77 kb)

はい投稿を始めます!。チュンについて樹の精霊で、母親の世界樹命令でテユンと、その隣の
国の皇帝のサポート役に、選ばれてけして裏切りをするなと母親に、強く約束をされたと言う。

それ以来その約束を守ってサポートを、連続で取り掛かっている。はい性格は活発で生まれた時は、左右が分からず困らせていた時があったが、活発なところはそのままである。特技はつたを
召喚することで、地面を強く踏むことにより、つたが召喚されて攻撃が可能になる。もう1度強く踏むと、召喚されたつたも消えて、割れた地面も元に戻る。嬉しい時に何故か謎の舞を、踊る癖がある。周りから思うと結構不可思議な舞で、中ではつられて踊ってしまう人々もいる。
弱点は大きな炎で見ると頭の花が、枯れるそして怯えてテユンの、背後に隠れてしまう。なお母親の世界樹優しいけど、怒ると怖くて涙目になって誤る。第一人称:我二人称:名前呼び

サンプルボイス
「我はチュンって言うんだっ!、んまぁよろしく頼むよぉ〜。」
「ひっはあぁぁっ!デッカイ炎が!、ててててっ!テユン〜!。」
「つたで味わいなっ!、敵さんよぉ〜。」
「母上えぇ〜ごめんなさい!。」(涙)

はい次回は11月11日に、隣の国の王を投稿します。んまぁ・・・・ちまちましていたので、投稿日を報告です。踊り子をイメージした子です。では失礼しました。

2018年01月18日(木)
[検索] [編集]

URL:

「無題」(●茶零●さん)にコメント

お名前:
パスワード:
「テユン」
・ ●茶零●さん
イラストNo.013679
500 x 400 (80 kb)

ええ・・・・、はいさすがにちまちますぎる投稿ですが、進めて行きますよ。テユンについて
人間とセイレーンの、ハーフでシュンハの父親で紅御洩城の皇帝。祖父の時代では隣の国と

、戦をしていたがテユンの前皇帝父親の時代になり、隣の国とは戦は消えてのろかになったと言う。【現在は別の国との戦がある。】はい性格はドチで何も無いところで、よく転んでいて頼り無い皇帝と思われているが、根がしっかりとしていて結構仕切っている。特技は飛ぶことで飛んでいる間に、小鳥が寄って来て一緒にお喋りをするだしい。なお歌を歌うことも好きで、魔力は母親よりは強くは無いが、弱くも無いただ人前で歌うと皆眠ってしまうので、大体は毎日鼻歌で我慢をしている。弱点はキセルを無くすことで、生まれ付き体が弱いためキセルに、いつも乾燥させた薬草を入れて吸っているが、キセル事態を無くしてしまうので、探すのが大変だが何故か、いつも帯に刺さっている。ちなめに感情で頭の翼が動くので、すぐにばれてしまう。一人称:俺二人称:名前呼び、そなた





サンプルボイス

「名?まずそなたが申し上げろ、無礼者。」
「うわああぁっ!!・・・・・、痛い・・・・。」
「き・・・キセル知らない?、げほげほっ!!。」
「そなたの息子が、従者になったよ・・・デウ・・・・。」
はい紅御洩城【こうおんせつじょう】と言います。国の名前は・・・・大体韓国と変わりないです(爆)。なお隣の国も韓国系に、なりますがまぁ具体的には北朝鮮派と、考えて下さったらなお宜しいです。未公開ですがデウとは?、まだまだ秘密です。次回は11月4日に投稿する予定です。長々な文に失礼しました。


2018年01月18日(木)
[検索] [編集]

拍手レス かわいい! .. 2017年10月28日(土) 23:56

URL:

「無題」(●茶零●さん)にコメント

お名前:
パスワード:
「ヒョン」
・ ●茶零●さん
イラストNo.013674
500 x 400 (38 kb)

はいまぁ・・・・・・、間が空いていますが進めて行きます。ヒョンについて若い時刻の神で
、神界が嫌いで数年前に下へ降りシュンハ達の城で、神と言うことは隠して相棒の、パオと共に

城内に仕える武器を、作る職人になりパオが武器を作る担当に、ヒョンは飾りを作る担当になった。【時刻の神とばれたが、ただ隠しただけなので深い意味はない。】はい性格はのんびりで
、パオのペースに合わせないのが、多くパオを良く困らせている。特技は時刻を止める、進む、戻すことが出来る。指の鳴らす数によって止める、進む、戻すの回数が違いが出る。1回だと止める、2回だと進む、3回だと戻るその切り替えが早いだしい。【数年前に1回だけ戦に出たことが、ありその時に両目を負傷し時刻を、戻そうとしたが両目は治ることはなかった。現在も治らず目が、濁っていて見えないが声と、気配で誰だろうか分かるようなったが、以前は見えないことが、不便だったことは本当のことだしい。】弱点は家族で父親も母親も、兄弟も大嫌いで他の神々も家族と、同じぐらい大嫌い。なおキヨンが怖くてしょうがないが、それでも重傷した者の時刻を戻したりしている。一人称:俺二人称:名前呼び、あんた

サンプルボイス
「俺の名前はヒョンまぁ、よろしく〜。」
「目が見えないと思って、仕事と剣術が出来ないって、勘違いするなよジュファ。」
「てか兎族って皆喋り方が、お爺ちゃん言葉なの?パオ。」
「ひっ!!・・・・・、触らないで嫌だ・・・・っ!。」


はいパオの投稿から約1年も経っていますが、やっとのことでパオの相棒のヒョンを、投稿出来ました。ちなめにジュファとは仲が良いです。次回はシュンハのお父さん(王)を投稿します!では、失礼しました。






2017年09月30日(土)
[検索] [編集]

URL:

「無題」(●茶零●さん)にコメント

お名前:
パスワード:
「ルカフィン」
・ ドルフィンドラゴンさん
イラストNo.013671
500 x 400 (889 kb)

龍の様に太く長い胴を持つイルカ型の水竜。胴回りは80cm。
首下の大きな胸びれは人間でいう腕。くちばしの内側には鮫らしい鋭い牙が並んでいる。
胴はしなやかで弾力性がある一方、その肌は極寒の環境に耐えるほどの強靭さを持つ。
水陸両性で強い遊泳力と遠泳能力を持つ。水中では胴体を縦にくねらせて優雅に泳ぎ、地面では胴体を横にくねらせながら這いずって移動する。寝る時はとぐろを巻く。なお、胴体は育つ度に少しずつ細長く伸びる。
視覚や聴覚に優れている他、普通のイルカより数倍ものの知能を持ち、言語能力も備わっている。食性は魚食。くちばしからは超音波だけでなく、水、冷気を吐き出す。


相手に抱き着いて戯れるのが得意。長い胴を素早く巻き付け、身動きを封じてから締め付けにかかる。相手の呼吸や心拍数などを胴で感じ取ると全身の筋力を整え、呼吸や血流を妨げない様な程良い圧迫を相手の全身に与える。その後は締め付けている獲物の頭や頬を撫でてあげたり、頬ずりしたり、舌で舐めたり、くちばしでキスしたりして、獲物にじゃれつく。場合によっては締め付けが数時間続くこともあるという。

@頭
イルカに限りなく近い流線形。耳はとても小さい穴のみで聴覚に優れている。超音波を出せる。
A脳
知能指数は1600と高め。
B眼
深海でも遠くの動くものがはっきり見える。
C口
イルカと同様に丸みを帯びたくちばしだが、蛇の様に開口角度が大きい。強烈な突きや噛み付きに用いるだけでなく冷たい空気を吐き出すこともできる。
D舌
ヘビのものに似た細長い形状。口から最大50センチまで伸ばして出せる。
E牙
くちばしの内側に80本並び、その全てがサメ以上に鋭く研ぎ澄まされている。硬い岩も簡単に嚙み砕く。
F全身の鰭
背鰭と尾鰭の他、胴体の側面には2組の胸鰭が生えている。尾鰭はイルカ同様に横向き。
G1組の腕
正確には頭部近くにある胸側の胸鰭で他と比べて長くて大きめ。鰭ではあるが器用に動き、細かい作業も得意とする。
H皮膚
イルカと同じく滑らかで弾力性に富み、伸縮性に長けている。自らの胴体を生物に巻き付けるとその生物の心拍数や体温などを測れる。
I全身の筋肉
頑丈である上にかなり発達しているので高い筋力を発揮できる。その為、巨体にも関わらず、長距離のジャンプやアクロバティックな動きも容易くこなす。胴体を巻き付けての締め付けはとても強力で大岩さえ粉々に砕いてしまう。
J骨
胴体はヘビ同様の骨格でそれ以外はイルカに準じている。胸骨が無く肋骨が自在に開くので腹が大きく膨れても支障は無い。


2017年09月23日(土)
[検索] [編集]

URL:

「無題」(ドルフィンドラゴンさん)にコメント

お名前:
パスワード:
「エレク」
・ みこさん
イラストNo.013670
500 x 400 (1034 kb)

容姿

黒ぶちのメガネをかけていて、髪は茶色。
白のワイシャツの上に、薄いエメラルドグリーンの白衣(実験着)を羽織っている。
ネクタイは、結んだときに上部が茶色、下部にむかって黄色になっている。また、ネクタイの右下には、"E"に"/ "が重なったような刺繍がされている。
実験着の左胸には、月のモチーフのピンがついている。
ズボンはスラックス。

持ち物

背表紙が黒紫で、目の模様が描かれた何とも怪しい本をいつも持っている。照れるとその本で顔を隠す癖がある。


特徴

体の周りには、電子を彷彿とさせるもの(以下、電子とする)が回っている。これは、彼の感情に応じて、速度をあげたり、落としたりする。
また、この電子は、熱を持つこともあるそうだ。
目には見えるが、さわることはできない。

科学的エネルギーを具現化する能力

彼の能力は、様々な科学的エネルギーを、具現化する能力である。彼の持っている本は、具現化する力を秘めている。それぞれのページで違う力を持っており、小さな力から、とてつもない破壊力を持つ力がある。
彼を怒らせるとどんな力で襲われるか分からない。また、性格は明るいが、少々気がふれている所があるため、油断はできない。

弱点はほぼ無いに等しいが、意外なことに、おだてられることには弱い。

サンプルボイス
「や、やめてください///誉められることにはなれてないんです…」
「いくよ!核爆破!」
「殺されたい?てか殺していい?」
「眠いっっw w w」

* gdgdですね…物理的におかしいところもあるしw))ファンタジーだからいいんだ殴




2017年09月18日(月)
[検索] [編集]

・ ●茶零●さん

始めまして!茶零【されい】と言います。エレクさんかっこいいですねっ!、一目惚れしました
。あとエレクさんを怒らせないように、注意がいりますねぇ・・・・。

2017年09月19日(火) [No.013670-1 - 編集]

・ みこさん

コメントありがとうごさいます!めっちゃうれしいです…!!茶零さんのキャラクターもとても個性豊かですばらしくかっこいいですよ…!!エレクは私の個人的なツボ、白衣メガネから発祥したキャラですw
かっこいいといってもらえてきっと照れてますよ*^^*笑

2017年09月19日(火) [No.013670-2 - 編集]

URL:

「無題」(みこさん)にコメント

お名前:
パスワード:
1 / 412 頁
初期表示



無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。

[HTML更新]
お絵かき掲示板Art.net
Thanks Icon.GARBAGE BOX
+Paint-Applet © Shi-dow
+Paint-Tool © PaintBBS NEO