Amazon.co.jpロゴ


【参加募集中】ハロウィン イラストコンテスト 2020
back<<
>>next

玄生
イラスト「」
キャラプロフィル
OCP番号:
名前玄生
年齢19 才
性別
身長174 cm
体重57 kg
種族妖狐(黒面銀毛九尾狐)
性格自分の事に関しては面倒くさがり。他人には世話焼き。短期。
特技狐火や式神を操ること。
弱点子供。
カテゴリ人間・アジア風ファンタジー



「えーっと妖怪がひぃふぅみぃよ・・・・・・・・」
「ちょ、アキヒ数えてるだけだったら引っ込んでなさい!あんなの玄生に任せときゃ良いのよ」
「そうそう、イヅナの言うとおりだ。おい、お前ら!この黒面銀毛九尾様がまとめて相手しやるからこっち来な!」

・その昔大陸の方から(妲己とかで有名な)白面金毛九尾を追ってやって来た銀のように美しい毛を持つ九尾の狐。
たどり着いた先の島国で悪しき妖を封印、退治していた二人の通力を持つ双子「イヅナ」と「アキヒ」と出会い、その力を借りて白面金毛九尾を封印し、
そしてその後は恩を返すため(やることなくなって暇なったともいう。)二人にその力を貸し妖怪退治を手伝うと誓った。
・彼の前で白面金毛九尾の名はタブー。
・「要はお前とそいつって単に色違うだけだよね。色違い。」とか「何、元彼女かなんかだったの?その狐とお前って」とか言った日にはアキヒが宙を舞う(投げ飛ばされたとも言う)。彼女と彼の関係は永遠に闇の中。
・右手と左手の手袋にはそれぞれ壱朗丸と弐朗丸といいう式神の札が縫い付けてあり、妖怪を探したり囮に使ったりする。
・狐火は同時に9個まで出せる。火力は自由自在で木などの物を燃やすことはできるが、
触っても熱くないので熱で調理する料理にはいまいち使えない。
・変化は不得意で人の姿は↑の1パターンしか変化できず、後は本性である九尾と普通の狐の姿のみ。
・でも妖力は強い。(馬鹿でも九尾)
・その無駄に派手な服は道中目立つから!ホント目立つから!着替えよう!?と双子がどれだけ頼んでも「却下」の一言。どうやら気に入っているのか着替える気はないらしい。
・髪は剛毛。
・玄生とかいて「くろう」と読みます。
・色黒。
・髪は光の加減で黒に見えたり銀に見えたり。
・一人称は俺。口調は荒め。
・年齢、身長、体重は人型での見た目年齢。
・小さい子どもに何故か群がられる特殊能力がある。
・そしてついつい子どもは甘やかしがち。そういう意味で弱点。



初めまして、このたびOCPに初投稿させていただきました庚と申します!
ちまちまと考えていたキャラを皆さんの前に発表できて嬉しいやら恥ずかしいやら、です^^;
でもまた機会があれば名前だけはすでにばっちり出してしまった双子とかも描ければなぁとか考えていたりします(笑)
それでは短いですがここら辺で。

作者: さん [作者検索]

No.004059 [編集/削除]

500 x 400 (92 kb)//Q:2 2008年12月30日(火)

百緑さん

はじめましてこんばんは、レス失礼します。
茶褐色の肌が素敵な狐さんですね、釣り目と目元のメイクが似合っていて格好良いなぁ、と思いました。性格のほうも荒くれ口調の割に子供には優しいという意外性が良いですねv

落ち着いた色ながら独特な派手さのある服装が良いですね、大きな袖などの布の使い方や装飾も非常に自分好みです^^
素敵なお子さんを有難う御座います、それでは乱文短文失礼しましたー

2009年01月03日(土) [No.4059-1 - 編集]
さん

初めまして百緑さん、コメント有り難うございます!
見た目も口調も優しそうには見えないのに子どもにはデレデレってどうなのだろう・・・?と心配していたのですが意外性が良いと言って貰えて一安心しました^^
無意識に子どもには甘くなる人なのできっと双子と一緒に居るのも双子が子どもだからかもしれませんね((笑
服の色は今まで白黒でしか玄生を描いた事がなかったのでどうにかして落ち着いた色で!と四苦八苦してたら気付くとどんどん派手に´v`あれ?どこで間違えたんでしょうか((苦笑
まぁでも、完成してみると百緑さんのおっしゃる通りこれはこれで良い気がしますね^^

見ていってくださって有り難うございました^v^*



2009年01月04日(日) [No.4059-2 - 編集]

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力)

URL:



[No.004059通報]


作者検索


back<<
>>next

・ オリキャラclub! OCP

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。