Amazon.co.jpロゴ


線画イラストコンテスト 塗り絵イラストコンテスト 線画&塗り絵 募集中! アップロードもOK!
お絵かき掲示板Art.netオリキャラclub! OCP > 「アルマリア・シャルトリューズ」原作:日下京一さん
日下京一さん アルマリア・シャルトリューズ
イラスト「無題」
キャラプロフィル
OCP番号:
キャラ名前:アルマリア・シャルトリューズ
年齢:25 才
性別:
身長:162 cm
体重:55 kg
種族:人間
性格:温和、優しい、嫉妬深い、冷徹、独裁者
特技:チェス、人を騙す、あやとり
弱点:孤独、感情に疎い
カテゴリ:人間・西洋風ファンタジー

FIMBUL神聖教皇領(教会)



みなさん、GWはいかがお過ごしでしょうか?
今年のGWは難しいスケジュールですよね・・・遠出しようにも出来ない空しさ・・・。

前回、投稿したシレーネの双子の妹を投稿します。
刺青や髪の色、服の色、化粧、能力などあらゆるところで対極になるようにしました。
シレーネは比較的曲線の多いデザインですが、アルマリアは幾何学的な要素を多くしています。
特に、刺青のデザインと、キラキラの王冠とイヤリングのデザインは面白かったです。
服装は礼服や制服をモチーフにして、左右非対称にして歪さを、腹部の辺りは束縛感を表しています。
聖女なので非戦闘員ですが、なぜか動きやすそうな、戦闘員のような服装をしているのがミソです。
もしかしたら、このシリーズのキャラクターで1番、ずる賢くて腹黒いキャラクターかもしれません。


---------------------------------------------------------------------------------------

アルマリア・シャルトリューズ
Almaria Charteruse

聖女。
正式名称は第13代神聖教皇領領主。
薄い色のプラチナブロンドに、深い青色の瞳を持つ。
「明浄の光」と呼ばれる聖女にのみ彫られる刺青が額と右手の甲にいれられている。
優しく穏やかな性格と風貌もあって、領内では絶大な人気を誇っている。

地位は教会の最高位にあたり、あらゆる実権を持っている。事実上の教皇領の領主である。
先代聖女が昏睡状態のまま在籍していたため、戴冠したのは10年前だが、実務は9歳頃から行っていた。先代も含め、聖女は周囲の枢機卿に操られる傀儡であり、その政治は全て傀儡政権であった。聖女も帝王学や政治を知らず、ただ信仰対象の偶像として存在するのみであった。しかし、それまで聖女の教育係・世話役であったデュボネへの叙勲や初等教育の義務化、才能のある者への官僚抜擢など、過去の聖女とは違う政治手腕を振るっており、傀儡政権から脱することに成功している。一方的に周囲の土地を奪取するのみで、ほぼ鎖国状態であった教皇領にて他国と外交を行ったのも彼女である。
帝王学や政治学などはデュボネから方々の学書を仕入れてもらって学習した。そのため、デュボネを心から尊敬し、感謝している。
傀儡政権により、巨大な権力と富を独り占めにしてきた法務卿一派にとってはまさに目の上のたんこぶであり、幾度も命を狙われている。自身の組織した精鋭隊により、その反撃を防いでいる。この経緯から、法務卿一派の治める分野には手が入れにくく、未だに教会では冤罪や非人道的行為が絶えない。
また、隣国の初の女性将軍の政治手腕や軍での活躍を評価し、彼女の思想や手腕に大きな影響を受けており、一度だけ彼女と会談したことがある。

優しく、聡明な風貌と性格を持つ反面、冷淡で傲慢な独裁者のような性格も持つ。
自身に必要ないものや、不利益なものは徹底的に排除するような一面もある。そのためには、暗殺等も辞さない。
姉のことは愛している反面、試練をものともせず、仲間を得て自由に生きている姿に激しい嫉妬も抱いている。姉のことは常に気にかけており、常時偵察をつけている。
聖女という立場、その生い立ち、能力や対価などが複雑に相まって、対極の性格が同居している。
その二面性や本音を知っているのは、側近のデュボネのみである。
ある目的があって、それを達成するためだけに毎日を生きている。
その目的が何なのか、知るものは全くいない。
シレーネはおおまかに見当がついているようだが・・・・・


物事を忘れさせる能力を持っている。この能力は一方向のみであり、シレーネの能力でのみ復帰させることが出来る。
この能力は最大値まで発揮すると、対象そのものが存在していた記憶や歴史そのものを消し去ることが出来る。消し去っても、能力者本人にはその記憶等は残る。
言葉が話せる前から、自分の能力を使えていた。
そのため、幼い頃、自分のその後の人生を変えるような記憶の改ざんをやってのけ、その時に対価として乳母を犠牲にしている。このことを知っているのは本人と後に教育係となったデュボネのみである。

対価は殺害。殺すのは魚でも小動物でも動物であれば何でもいい。数はその能力の範囲による。ナイフによる刺殺が条件であり、聖女としてはかなりショッキングな対価である。


「私は聖女。世界の光であれとの使命と呪縛を神から頂いた者です。」
「この世界を壊す…それが私の使命」
「人を家畜のように扱った人間が、一人前に命乞いなど、許されませんよ」
「どうでしょう?私の手は犠牲となったものの血で真っ赤です」
「白は嫌い。赤や黒が目立つから」

No. 012141 Artworks by. 作者:日下京一さん [作者検索]

[編集/削除] イラストサイズ: 400 * 500 (226 kb) / up / 2014年08月14日(木)

FIMBUL神聖教皇領(教会)

CTぱちぱち
拍手レスフォームを表示

fan illustration.


拍手レス 全体的に魅力的!! .. 2014年05月03日(土) 00:29
nonaneさん

>隠れファンさん

ありがとうございます:)

2014年05月08日(木) [No.12141-2 - 編集]

URL:


お名前
編集用パスワード:
文字色:

[012141通報]

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。