Amazon.co.jpロゴ


ARTNETイラストコンテスト2020ARTNETイラストコンテスト2020 参加募集中!
テーマ選択式・画材自由
どなたでもお気軽にご参加ください (2020年6月14日まで)
back<<
>>next

グラン・バルブ
イラスト「無題」
キャラプロフィル
OCP番号:
名前グラン・バルブ
年齢? 才
性別
身長? cm
体重? kg
種族プラント人
性格厳しくも優しい、正義を愛する
特技戦闘術、サバイバル術、家事その他
弱点火、塩(植物のため)
カテゴリ人外・ライトファンタジー

[Seed Boy]



お久しぶりです、詩月です。
毎度投稿失礼致しますm(_ _)m
今回は『THE Seed Boy』より、まだビジュアルを出していなかったおじいちゃんです。

【グラン・バルブ】
→シードボーイの祖父で、アクションゲームで言うチュートリアル担当的な立場のキャラ。
衛兵たちと共に悪い魔物を退治してフローラル王国を護衛する、現役のハンターとして活躍するベテランおじいちゃん。
孫には戦闘術だけでなく、料理や掃除・洗濯と言った家事からサバイバル術まで色々教えている。
戦闘の際、接近戦では自作の槍を、遠距離戦では同じくブーメランを投げて攻撃する。


Final Chapter:『エピローグ』

====================

フィオーレ姫、カレッキー、そして新しく生まれ変わった白魔女アミエーラを連れて、一向は王国へと戻って来ました。
シードボーイと姫は王にこれまで起こった事の全てを話し、カレッキーとアミエーラ、そして魔物たちを許してもらえないかとお願いします。
王は2人の言葉を信じ、これからはプラント人の役に立つべく、しっかり各自の能力を活かして働くと約束する形で許しました。
王国を救ったシードボーイは国の者たちに祝福され、讃えられ、その日一日、国中がお祭り騒ぎとなりました。シードボーイ以外に姿こそ見えないものの、彼に力を貸してくれた精霊たちも讃えられ、崇められました。

そしてその日の夜更け。シードボーイはおじいちゃんに連れられ、生命の樹の祠へやって来ました。
そう。役目を終えたサニーとレイニーとの別れの時が来たのです。それを知ったシードボーイと精霊たちは別れたくないと、お互いに泣きじゃくります。
しかしそれは叶わない事でした、何故なら住む世界が違うから。番人もおじいちゃんも仕方のない事だと、一生懸命説得します。
しばらくして落ち着いた3人は、その運命を受け入れる事に。この姿としては眠りにつくが、これからも樹の一部としてずっと、この世界もシードボーイも見守っていると約束しました。
それを見た番人は安堵の表情で、封印の呪文を唱えます。

“ありがとう、誇らしい友よ”。

そう言い残した精霊たちは美しい淡い光に包まれ、祠の中に、樹の中に帰って行きました。

精霊たちと別れた後、シードボーイはおじいちゃんに手を繋いで帰ろうと言いました。おじいちゃんは孫と手を繋いであげました。
その後番人にさよならを言い、2人は家に向かって帰って行きます。
おじいちゃんに精霊たちとの大冒険を嬉しそうに語るシードボーイの姿は、とても活き活きとしていました。

ふと振り向くと、満月の光に照らされた生命の樹の真上には、とても美しい夜の虹がかかっていましたとさ。

それはまるで、2人を見送るように。

〜The End〜

====================


以上で『THE Seed Boy』のキャラの投稿は終了となります。
かなりってレベルじゃないくらい時間がかかってしまいましたが、今回の作品も応援及び、暖かいコメントをありがとうございました!十+
今後も思い付き次第でまた新しい作品を投稿して行きたいと思いますので、その際はまたよろしくお願い致しますm(_ _)m

作者: 詩月さん [作者検索]

No.013733 [編集/削除]

500 x 400 (87 kb)/up/Q:1 2019年04月08日(月)

[Seed Boy]

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力)

URL:



[No.013733通報]


作者検索


back<<
>>next

・ オリキャラclub! OCP

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。