Amazon.co.jpロゴ


美男子&乙女イラスト選手権2022
お絵かき掲示板Art.netイラストアドバイス掲示板 > プチイラストの描き方「デフォルメ」鈴城章さん

プチイラストの描き方 「 デフォルメ」

イラストNo. 002425-0
OriginalSize.806 * 1071


画像ダウンロード[img1]

はじめまして。鈴城章と申します。
最近、イラストの練習を始めました。
伝言メモとかの端に、ちょっと可愛いイラストを添えられるようになりたいのですが、線が雑っぽく見えるし、キャラクターもあまり動きがないというか、いきいきしていない気がしています。
線の描き方とか、キャラクターのポーズ、バランス……些細なことでもかまいませんので、ご意見、ご指摘、アドバイス等をよろしくお願いします。

尚、このイラストは、ジョジョの奇妙な冒険という漫画を貸してくれた友人に、ありがとう!のメッセージと共に送ったもので、題材にしたのは上記作品のシーザーという、シャボン玉がトレードマークのキャラクターです。

どなたでもこの絵に加筆してアドバイスできます。

鈴城章さん 検索 [お名前検索] 同じ質問ジャンルを検索 [デフォルメ]
No.002425 - 2016年06月14日(火) [編集/削除]

Res.002425-1
トメヂさん

こんばんは〜
素敵なエピソードで心がほんわかしました^^
友だち同士のやりとり、ってところが
一番のポイントかなと私は感じました。そこで、
雑な絵はダメな絵なんだろうか、と考えてみてほしいです。

友だちだからこそ通じる適当さってありますよね。
タメ口みたいなもので、お互いに雑で、それが嬉しい。
そういうことってありませんか^^
雑っぽい絵は相手を緊張させず、気楽にしてくれます。

更新:2016年06月15日(水) [No.002425-1 - 編集]
Res.002425-2
トメヂさん


489×459

それでも雑はいやだー ってことでしたらばこちら、
お絵描き寄りのアドバイス。
簡素さ(可愛さへとつながる)と、雑っぽさは少しちがいます。

キャラの大きさにくらべて、線がたくさんありすぎだな〜と感じたので、
線の量を減らしてみました。線の太さもほそめに変更。
以下、頭部から順に説明します。

バンダナの上から前髪を描いているので、線が重なって
ごちゃっとしてしまい、これが雑っぽさにつながっていると思われます。
ですからここはきちんと描く。

線が多いところ、形が複雑なところは
線を途中で切ってしまうという方法があります。
こちらの絵でいうと髪の毛や羽飾りの部分。

耳やアゴの下にあるもの(よく分かりませんでしたゴメンナサイ)を
すべてカット。シーザーに絶対必要ってものではないですよね。

手を少しみじかめに。(可愛らしさの演出)


下腹部が省略されていたので、どういうポーズかよく分からなかったのですが、
シャボン玉の上に足を広げて乗っている、と解釈して足を描きました。
もしかしたらよじ登っているところかもしれませんね。

雑っぽさを減らすには、
・ごちゃっとさせない(省略できるところと、してはいけないところを考える)
・左右対称を意識する(完全な左右対称である必要なし)、
・まる、さんかく、しかくを意識する(×ランダムなカタチ)

などの方法がお手軽だとおもいます。

更新:2016年06月15日(水) [No.002425-2 - 編集]
Res.002425-3
鈴城章さん

トメヂ様
初めまして。アドバイス、ありがとうございました!

簡素さと雑っぽさは違う、ということで、線の太さや数について、具体的に教えていただき、とても勉強になりました。
直していただいたものを見て、そう、こういう感じを目指していたんだ!って、すごく納得しました。

ポーズは、ご想像の通り、シャボン玉の上に足を広げて乗っているところです。

最初のレスで書いていただいたとおり、友達に送るメモの一部なので、絵画のようなきれいさとかは求めていないのですが、自分の気持ちを伝えるのに、自分のイメージを形にできれば良いなぁと思って、こちらで質問させていただきました。

いただいたアドバイスを大事にして、今後も精進します。
本当にありがとうございました。

2016年06月15日(水) [No.002425-3 - 編集]

この記事は最終更新から60日過ぎているためコメント出来ません。
質問投稿者さんは編集からコメント受付を再開する事もできます。

[002425通報]




無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。