Amazon.co.jpロゴ


お絵かき掲示板Art.netイラストアドバイス掲示板 > 水彩+色鉛筆の使い方について「塗り方・配色」はるまきさん

水彩+色鉛筆の使い方について 「 塗り方・配色」

イラストNo. 004014-0
大きい絵を見る[img1]  ・ 画像ダウンロード[img1]

連投すみません!
頂いたアドバイスを元に、色彩をハッキリさせたくて、水彩の捨て絵を引っ張り出してきて、色鉛筆で塗ってみました。
元の画像がなくて申し訳ないのですが、主に腕や羽根、ズボンの影や色が薄い部分を補うように塗りました。
その結果、色は多少ハッキリしたのですが、果たして上記のような使い方で合っているのか(本来の効果が得られているのか)よく分からない状態です。
前提として、水彩を下地として塗る手法なのか?それとも水彩を残して補う手法なのか?もっと色鉛筆を使うべきなのか?

せっかく貴重なアドバイスを頂いたのに、迷ってばかりですみません。
(画像のキャラはオリジナルです。)
もし色鉛筆を塗る前後の画像が必要であれば、出直してきます!

どなたでもこの絵に加筆してアドバイスできます。

はるまきさん 検索 [お名前検索] 同じ質問ジャンルを検索 [塗り方・配色]
No.004014 - 2020年02月27日(木) [編集/削除]

Res.004014-1
紅 亜門さん

イラストにダイレクトにアドバイス出すのは初めてなので、ツッコミ所が多いかもしれません(>_<)
また、あんまりにも未熟すぎるため、逆にアドバイスを頂きそうだと思っています(
色塗りの事は良く分からないんですが...一応参考程度に。
勿論、僕はこの手法でやった事が無いです((

何処をアドバイスすれば良いか、分からない次第です。
まぁ...個人的な意見としては、折角水彩を使うなら、水彩も少しは残した方が良いのかな〜と思っています。
水彩要素が無かったら、それって色鉛筆だけで良くね...みたいになると思うので(

色んな方にツッコミ入れられそうな意見っすね...(
まぁ...僕がこういう質問をする立場に立つなら...
「なんかこの塗り方綺麗だし、塗りやすいし、この塗り方愛用しよう!」
という感じになると思います。(これは...あまりにも単純すぎる(( )
要は、僕なら好きな塗り方を探し求めるって事です((

絶対にこうしろとか、そういう意見ではないので、僕は、はるまきさんが気に入った塗り方で良いと思います。
元から綺麗でかつ丁寧に塗られているので、そこからアドバイスや他の方の意見を参考に、好きな塗り方が見つかると良いな〜と思っています(^^)

もし、上から目線だったらごめんなさい(>_<)

2020年02月26日(水) [No.004014-1 - 編集]
Res.004014-2
はるまきさん

>紅 亜門さん
コメントありがとうございます!
質問内容が曖昧過ぎましたかね…。発色は確かによくなった。でもこの使い方でいいのか?が分からない点です。これは前提の部分ですね。
果たして水彩+色鉛筆本来の効果が得られているのか。こちらは結果の部分です。
大まかには上二つの質問になります。

自分の好きな塗り方を探す…確かにそうなんですよね。でも塗り方すら分からない状態なので、なにかきっかけ(基準)が欲しいと思ってしまいます。
失敗するのが怖い臆病者なのです。だから前提から固めておきたいのです。

亜門さんのおっしゃる色塗りへの姿勢は、本来あるべき姿なんだと思います。

2020年02月27日(木) [No.004014-2 - 編集]
Res.004014-3
ぼんぼこぼんさん

はるまきさん、こんばんは。

楽しめていればそれでOKでは?
色鉛筆彩色ってビックリするくらい個人差が出るんですよね。たしか【色鉛筆 イラスト 塗り方】とかで検索かけても個体差が楽しいです。
えっと・・・・ネットアップに使っていらっしゃるのはスマホですか?
 スマホやスキャナーによって認識が得意な色相、苦手な色相があります。撮影媒体に合わせた色調整をオススメしときます。もとはそれで混ぜ始めたもので。
 私はアナログ時は赤の発色が駄目なカメラ使っていたので、紫はすみれ色、青くしたい部分は紫を主に塗っていました。
 あくまでノリですが、髪の赤が少しくすんでみえるので、朱色やオレンジなどで黄色みを足すと明るい赤に発色できると思います。逆に暗くしたいなら赤紫や黒、なじませたいなら赤茶や焦げ茶色。補色バランス次第で黄緑や緑なんかも楽しいです。

2020年02月27日(木) [No.004014-3 - 編集]
Res.004014-4
はるまきさん

>ぼんぼこぼん さん
コメントありがとうございます!
塗り方に根拠(なぜその方法を使うか)や効果(塗り方による見え方)が対応してあるものと考えていましたが、そういった話ではないのですね。いくつか塗り方があって、それを目的に合わせて使い分けていくイメージで考えてました。
なんか勝手に小難しく考えていたみたいです。自分が楽しめればいい、そういうスタンスで良いのですね。そういや私の場合「趣味」でしたね( ̄▽ ̄;)
とりあえず落ち着いた所でカメラの話へ。スマホカメラですが、青と青紫色が苦手ですね。前に青紫色の花を撮ったら鮮やかな青になっていたので。
髪は紺色で影をつけたので暗めですね。一応黄色も使ってみたのですが、塗りが足りなかったか。
こうやって試行錯誤しながら自分のイメージに近づけていくのが、趣味としての色塗りの姿勢なのかなと思いました。
物事の形が分からないと困惑する性分ですみません。

2020年02月27日(木) [No.004014-4 - 編集]

URL:

はるまきさんの記事「水彩+色鉛筆の使い方について」にコメントを書き込みます


お名前 (未記入は名無しさんになります)
編集用パスワード:
画像添付

1つのコメントに1〜4枚の画像を添付できます [コメント投稿の使い方]

[img1]
[img2]
[img3]
[img4]

[004014通報]

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。