Amazon.co.jpロゴ


ARTNETイラストコンテスト2020ARTNETイラストコンテスト2020 参加募集中!
テーマ選択式・画材自由
どなたでもお気軽にご参加ください (2020年6月14日まで)
お絵かき掲示板Art.netイラストアドバイス掲示板 > 絵の方向性について「その他」はるまきさん

絵の方向性について 「 その他」

イラスト:オリジナル作品 画材:シャープペンシル

イラストNo. 004075-0
大きい絵を見る[img1]  ・ 画像ダウンロード[img1]

何度もお世話になっております。
以前こちらの方に投稿した際に、絵の方向性について聞かれまして、上手く答えられませんでした。
特に極めたい、上手くなりたい訳ではなくて、自分にとって難しいことに挑戦して達成感や満足感を得たいという気持ちで書いています。と言いつつも、同じ和風の世界観で書いていますが…。
絵を続けていく上で、こうなりたい!という目標を立てた方が良いのでしょうか?あまり真剣に方向性を考えた事がなくて、漠然と細かいところまで目の行き届いた絵が好きだなあ程度にしか考えていませんでした。
例えばどんな方向性があるかとか、例示して頂くだけでも構いません。方向性を決める事についてご意見を頂戴できればと思っています。

どなたでもこの絵に加筆してアドバイスできます。

はるまきさん 検索 [お名前検索] 同じ質問ジャンルを検索 [その他]
イラスト:オリジナル作品 画材:シャープペンシル No.004075 - 2020年04月29日(水) [編集/削除]

Res.004075-1
はるまきさん


1347×971

同じ風景系の絵ですが、参考までにつけさせていただきます。

2020年04月29日(水) [No.004075-1 - 編集]
Res.004075-2
名無しの紅さん

どうも、こんな名前で投稿していますが亜門です(
方向性について、僕はあまり考えていないのですが、基本的には
・ずっと憧れている作品の雰囲気・絵柄等を目標にする。
・今好きな物・得意な物を描く。
と言う感じだと思います。
ずっと憧れていて、いつかはこんな風に描きたい!と思っているなら目標等を決めた方が良いと思います。
しかし、時間と共に趣味・嗜好が変わってきて描く物も変わっているなら、好きな物を描いた方が良いと思います。
絵を描くのは肉体よりも続ける精神が必要だと思っているので、モチベーションが上がる方向性を選んだ...選ぶと言うのか、とにかく、そうした方が良いと思います。
チャレンジ精神も大事だと思いますが、何回か描いて向いてないと思ったら、それを目標にしていない場合は続けてもあまり楽しくないのかな、と思います。
さらなる例として僕の方向性を挙げると、昔は90〜2000年代の美少女アニメ風の絵柄を目指していましたが、時が経つにつれてゲス顔や男ばかり描くようになりました。
好きな物も結構変わるので、絵柄やシチュエーションも変わってきましたが、4年ぐらいこれを続けて今に至っています。
これだけ長期間絵を続けられたのは、そうやってきて楽しかったからだと思います。

長文ですが、参考になれば嬉しいです(^^)

2020年04月29日(水) [No.004075-2 - 編集]
Res.004075-3
ぼんぼこぼんさん

異国情緒があって好き。

リクエストが有りなら、はるまきさんの描くケルトの風景とか、キリム絨毯?のある風景とかが観てみたいです♪
 あとは平安時代の丹朱や金箔、七宝やギヤマンで飾られて悪趣味なくらいド派手だったらしい寺院や仏閣の風景とか♪( *´艸`)鬼のやつ素敵でした。

模様のデザインがとてもケルトやキリム的で素敵だと思います。
こういう複雑な模様うまく組めないので羨ましい(笑)和風も良いですが、この絵柄で西洋ちっくな指輪物語のワンシーンとかも観てみたいかも。

個人的には異国が見える不思議な窓って感じですかね〜次はどんな景色を映してくれるのか?それを考えるだけでも楽しい。

2020年04月29日(水) [No.004075-3 - 編集]
Res.004075-4
名無しのごん太郎さん

はるまきさん、こんばんは。
ええと、うまく説明出来るか自信は無いですが…(>_<)

私個人の見解としては、今のままで方向性を無理に決めなくても良いような気がします。
以前のお悩みでは『似たような』イラストになるのが気になるようでしたが、はるまきさんのイラストを全部通して拝見すると、はるまきさんの頭の中にある『物語の一部を抜擢した挿し絵』のようにお見受けしたので、同一世界の話であれば、似たようなイラストになるのは当然なんじゃないかなぁ、と思った次第です。
逆にいえば同一世界なのに雰囲気が違うと、閲覧する側としては別の話のイラストなのかな、と思ったりするでしょう。
しかし、全く別の物語で似たような感じなら、確かにバリエーションを増やしたほうが区別をつけやすいのかな、とは思います。

はるまきさんが『何をしたいのか』『最終的にどうしたいのか』によっても、絵の描き方も変わってくるんじゃないでしょうか。
例えば『このオリキャラたちの物語を残したい』であれば、自分でサイトなりブログを作って残すのも有りですし、『本にして手元に置きたい』であれば、コピー本なり印刷所に頼むなりになると思います。
あくまでこれは趣味の範囲の話なので、もしプロの道を視野に入れているならば、投稿サイトに登録するのも有りかなぁ、と思います。
(見当違いだったらごめんなさい。そこら辺は全く無知なので、お役に立てなくて申し訳ないです<(_ _)>)
要するに、目標が定まれば方向性も決まってくるんじゃないのかなぁ、と(*´ω`*)

絵の方向性…難しいですよね(>_<)
ただあんまり悩むと、せっかくのモチベーションが落ちてしまうんじゃないかな、と、いちファンとして、余計な老婆心でコメントさせていただきました。
蛇足ですが、私のモットーは『楽しく描けてりゃいいじゃない♪』なので、全く参考にならなくてすみません<(_ _)>

長文乱文、失礼しました(^_^;)

追記:言葉足らずのところが数ヶ所あったので、若干編集しました(>_<)

更新:2020年04月30日(木) [No.004075-4 - 編集]
Res.004075-5
ミミニャ〜さん

こんにちは、はるまきさん
絵の方向性って、なんだか曖昧で難しい問題ですよね (^_^;

これは別に助言とかでは無くて、例えば思い付いた方向性です。

・美しい線やデッサンなど、上手くなる事に喜びを感じる、画力を追い求める方向性。
・他者からの評価は気にもせず、自分の好きな物だけ描く事に喜びを感じる方向性。
・他者からの評価や誰かを感動させる事を追い求める方向性。
・売れる絵を描く為に流行などを追い求める方向性。

他にも、可愛い系とか精密とかデフォルメとか、絵柄的な方向性もあると思います。
アナログとデジタルや、水彩やコピック、スプレーアートや点描画などなど、
画材や技法の違いも絵の方向性と取れるかもしれません。

例えば私は、自分の好きな物を好きなように描く方向性です。
いわゆる自己満足系です (^_^;
あとは毎月1冊ぐらいは絵の技法書を買って読むので、それで知らなかった技法とか見ると「ああ、これもあれも試してみようかな」みたいな様々な方向性に突き進んでます(笑)
もちろん、このサイトで見るイラストにも刺激を受けます。

私の場合は趣味だし、今は特に強い向上心とかも無いので、
今、描く絵を自分で楽しめればそれで良いと思っています。

もちろん向上心がある方や、利益を上げたいと思っている人は、また別だと思います。
その場合は、やはり、しっかりと方向性は決めた方が良いように思います。
方向性というのかは解りませんが、短期的な目標を決めて、
例えばですが「〇を正確に綺麗に描けるように繰り返す」とかです。
「前回よりも良い絵を描く(自己評価で前回を超えたと思えるまで完成にしない)」とかでも良いかもしれませんね。

なんか、だいぶズレてしまった感もありますが (^^;
「絵の方向性」って、なんなんでしょうね?
よく聞く言葉だけど、改めて考えると凄く曖昧な言葉に感じます (^_^;

例えば、はるまきさんの絵は、凄く情熱がこもっているように感じます。
沢山の絵の中にあっても、素通り出来ないぐらいの描き込み密度でインパクトがあります。
はるまきさんの絵は大半がそう感じるので、それがある意味で、絵の方向性のようにも感じます。
例えばこの絵も、世界観があって、ストーリーもあって、魅力的です。
この方向性のまま、更に変化を求めるとするなら、やはりカラーイラストでしょうか。
別にモノクロが悪い訳ではありませんが、カラーはやはり表現の幅も方向性の幅も広いように感じます。(もちろん無理におすすめする訳ではなく一例です)

結局は趣味ならば、自分で楽しければ良いんじゃないかなぁとは思います(^q^;
もちろん上手くなったら、もっと楽しい!ってのはあると思いますが。

2020年04月30日(木) [No.004075-5 - 編集]
Res.004075-6
はるまきさん

返信が遅くなって申し訳ありません!
分けて返信します。もしかしたら同じことを繰り返し書いてしまうかもしれませんが、ご了承いただけたらと思います。

>名無しの紅さん
いつも貴重なご意見ありがとうございます!
今現在の話をしますと、あんまり「こうなりたい!」というのはないですね( ̄▽ ̄;)ただ、「模様(紋様)を集めたい、書けるようになりたい!」という気持ちはあって、和柄から西洋風、あるいはアジア風の模様から文字を広く集めている状態です。それを上手く作品に落とし込めれば楽しいかなあとは考えています。

好きなものを書くようにする、確かにそれはモチベーションを保ち続けるのに非常に大切なことだと思います。ただ、それではなかなか満足感を得られなくて、でもやったことのないことをやるのも(失敗するのが)怖くて、それで絵へのモチベーションが上がらない感じです。
また、おこがましいと思われるかもしれませんが、「自分の書きたいもの(モチーフ、構図)はあらかた書き終わった」と感じている節がありまして、それもモチベーションが上がらない要因なのかなと思います。
それで、方向性や目標を決めればまたモチベーションが上がるのかな?と思ったのと、他の方はどのようにしているのかな?と気になったのでスレを上げさせていただきました。

まずは自分の好きなものを振り返ることから始めてみようと思います。



更新:2020年05月02日(土) [No.004075-6 - 編集]
Res.004075-7
はるまきさん

返信が長くなりがちですみません(;>_<;)

>ぼんぼこぼんさん
気になる情報をありがとうございます!そして率直な感想をありがとうございます!
模様が好き!と言っておきながら、浅学で大変申し訳ないのですが、今までキリム模様の存在を知りませんでした( ̄▽ ̄;)
それでWikiで調べてみたら、凄い既視感があって驚きました。ケルトは憧れの模様でしたので、雰囲気が伝わっていてとても嬉しいです(*´▽`*)
リクエストについては、自分の感覚に落とし込めそうなものや面白そうなものであれば、頑張ってみようかなと考えています。ですので、下調べや資料集めに時間がかかるかもしれませんが、ケルトもしくはキリム、あるいは仏閣の装飾のイラストを書いてみたいなと思います。

新しい知識を教えて頂けると刺激になりますので、「他の作品や知識に触れる」ことの重要性を思い知らされます。モチベーションの向上にも繋がりそうです。方向性についても段々と意見が固まりつつあります。ありがとうございます!

2020年05月01日(金) [No.004075-7 - 編集]
Res.004075-8
はるまきさん

>名無しのごん太郎さん
方向性についてご意見をくださり、ありがとうございます!
似たような雰囲気になるのは同一の世界観だから仕方ない…ちょっと目からウロコでした。知ってる絵描きさん達は色んな雰囲気の絵を描かれているので、似たような雰囲気になることが悪いように感じていたみたいです。でも趣味でやるなら、別に似たような雰囲気でも構わないのでは?と思い始めてきました。

どうしたいか、についても実はあんまり考えていなくて、スマホで撮った写真やファイリングした絵を眺めたり、額を買って、お気に入りの絵を飾っていたりしていました。そう考えると、自家用の本にしたら幾らでも眺めていられそうですね(*´▽`*)
プロ関係につきましては、以前は意識していましたが、今は考えていないです。書くのが遅いのもありますし、若い才能が世の中に溢れている中で、流行に乗れないのは致命的ですね(;>_<;)
ですので、趣味の範囲で楽しめればいいのかなと、皆さんのご意見を聞いているうちに、その気持ちが強くなりました。

楽しく書ければそれでいい、本当にその通りだと思います。ただ名無しの紅さんの返信でも書きましたが、今現在モチベーションがあまり上がらない状況ですが、ここのイラコンの絵を書いている時は久しぶりにアイデアが沢山湧いてきて「楽しい!」と思えたので、この感覚を大切にしたいと思います。



更新:2020年05月02日(土) [No.004075-8 - 編集]
Res.004075-9
はるまきさん

>ミミニャ〜さん
絵の方向性に関するさまざまなご意見をありがとうございます!
そうですね、私だったら…と考えてみますと、
・評価は貰えたら嬉しいです。でも流行遅れ+万人受けしないことは重々に理解しているので、評価されなくても仕方ないと思います。
・自分の知識やアイデアを上手く作品に組み込めることに楽しさを感じます。
の二つが大きいです。
ですので、気持ち的に楽なタイプは「知識を広げながら、難しいこと含めて自分の書きたいものをのんびり書く」ことなのかなあと思います。向上心はあまりない(今の絵柄にそこそこ満足している)ので、技術的な所はなかなか伸び悩むかもしれませんが…( ̄▽ ̄;)
表現方法は、モノクロの方が慣れているのと早く書けるということで採用していましたが、時間さえ気にしなければ、カラーでも問題ないはずですね。盲点でした。

短期的な目標を立てるのもアリですね。私だったら「買った模様の本や技術書の内容をマスターする」「その他の本を読破する」あたりがすぐに始められそうな気がします。知識は世界観を膨らませたり、アイデアの元になったりするので、その辺りをじっくりできたらなと思います。
そして絵の評価をありがとうございます!「余白は埋める」のが一種の方向性になっている節がありまして、上手く余白を使えるようになりたいなとは考えています。

名無しのごん太郎さんへの返信でも書きましたが、やっぱり楽しく書きたい気持ちがあります。それは、一時期とても神経質になりながら絵を書いていて、書きたいものだったので一応楽しくはありましたが、評価を気にしすぎて不安定になっていたことがあります。評価を気にし始めると、楽しさも半減することに気づき、あまり評価を気にしないようにしてきました。
今回、皆さんのご意見を聞いていて、やりたいことや、どうしたいかが少しずつ見えてきた気がします。本当にありがとうございます!


更新:2020年05月02日(土) [No.004075-9 - 編集]

URL:

はるまきさんの記事No004075にコメントを書き込みます。
アドバイスも、お礼コメントも、この記事に関連する書き込みは、すべてこちらから投稿します。

コメント

お名前 (未記入は名無しさんになります)
編集用パスワード:
画像添付

1つのコメントに1〜4枚の画像を添付できます [コメント投稿の使い方]

[img1]
[img2]
[img3]
[img4]

[004075通報]

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。