Amazon.co.jpロゴ


【参加募集中】ハロウィン イラストコンテスト 2020
お絵かき掲示板Art.netイラストアドバイス掲示板 > 腕から手にかけての違和感「人物部位・顔・髪・手足など」おだがわさん

腕から手にかけての違和感 「 人物部位・顔・髪・手足など」

ファンアート:Mリーグ 画材:CLIP STUDIO PAINT


趣味で競技の応援イラストを描いています。
腕から手にかけて違和感を覚えていますが、この違和感の正体がわかりません。
腕が長すぎるのか、手が大きすぎるのか。

物を掬い上げるポーズをもう少し自然に描きたいです。
アドバイスお待ちしております。
また、その他気になった部分などあれば
是非是非参考にしたいと思っております。
よろしくお願いします。

どなたでもこの絵に加筆してアドバイスできます。

おだがわさん 検索 [お名前検索] 同じ質問ジャンルを検索 [人物部位・顔・髪・手足など]
ファンアート:Mリーグ 画材:CLIP STUDIO PAINT No.004203 - 2020年10月14日(水) [編集/削除]

Res.004203-1
ゆきずりさん

こんにちは。
個人的な感想です。
イラストを生業とされているようなこなれたお仕事で、拝見する限りおっしゃられるほどの違和感は感じません。
手や腕に関しては、競技の応援イラストとの事ですし、そう言われてみればパッと見、アスリート体型の女性なのかなとは思いました。
しかし、雀士の方々なのですね。
でしたら記されてる通りやや腕も長く、お顔と比較して手も大きいかも知れません。
肩も張り気味なので、若干なで肩で丸みを付けて、女性らしさを前に出しても良いのかなと思います。
あと、フォントは手書き風のヨレ感のある書体ですが、人物に隠れて読めない箇所もあり、今イチ伝わりにくくシャープさに欠けるように感じました。
あまり出ばらず人物の邪魔をしないところを目指されたのなら、的外れな意見ですみません。
全体的には細かくフォーカスをぼかしてナチュラルな立体感を付けられたり、ユニフォームのシワにロゴが沿っていたりと、細やかな仕上げが成されていて、心配りの行き届いた作品と感じました。

更新:2020年10月14日(水) [No.004203-1 - 編集]
Res.004203-2
おだがわさん

ゆきずりさん

コメントありがとうございます!
嬉しい言葉も多くいただき、大変励みになります…!
自分がこだわった部分にも多々触れてくださり、大変うれしかったです。

「肩も張り気味」に、あ、ああーー!!と声を上げてしまいました。
確かに肩幅含め男性的記号がある気がします。
競技とはいえ麻雀なので、確かにがっしり体系になってしまっていました。
これは手癖なので、なおしていきたいです。
新しい気付きです。本当にありがとうございます。

フォントに関してもありがとうございます。
麻雀はスピード性のある競技なので
その点を加味してもフォントはもっとシャープで尖りのあるものの方が良いなと感じました。

大変参考になりました!
本当に本当にありがとうございました。

更新:2020年10月14日(水) [No.004203-2 - 編集]
Res.004203-3
移 渡人さん

おだがわさん、はじめまして。
もう遅いかな;とは思いつつもアドバイス失礼します。

画像を見てもらえば手っ取り早いかなとも思うのですが。
1枚目、爪の向きが違うのと、爪が小さいです。爪はもっと大きく描いていいです。

2枚目、人差し指と小指の長さが多分同じくらいになってます。
指で一番長いのは中指なので中指を中心に考えて描くといいかも?

線が荒いのはご了承下さい;

全体的に上手い絵だなと思いました。
ミニキャラのユニフォームまで細かく描かれているのが凄いです。

女性を描く時は男性の首を描くときより少し細めに描くと、
自然と肩幅も小さく描くので、描きやすくなるかもしれません。

2020年10月18日(日) [No.004203-3 - 編集]

URL:

おだがわさんの記事No004203にコメントを書き込みます。
アドバイスも、お礼コメントも、この記事に関連する書き込みは、すべてこちらから投稿します。

コメント

お名前 (未記入は名無しさんになります)
編集用パスワード:
画像添付

1つのコメントに1〜4枚の画像を添付できます [コメント投稿の使い方]

[img1]
[img2]
[img3]
[img4]

[004203通報]




無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。