Amazon.co.jpロゴ


線画イラストコンテスト 塗り絵イラストコンテスト 線画&塗り絵 募集中! アップロードもOK!
お絵かき掲示板Art.net練習用お絵かき掲示板 > 「宗教学戦用資料」そとさん
そとさん 宗教学戦用資料
イラスト「宗教学戦用資料」

途中失礼します。

毬屋さんが素敵な設定を下さったので、
許可をいただいて、転載させていただいています。
本当にありがとうございます。ヽ(*´▽`*)ノ

■しゅうきょうがくせん/毬屋さん
https://oekakiart.net/oeb15/data/G017915.jpg

■毬屋さんが作ってくださった設定
(毬屋さんの絵師名簿からの転載・あいうえお順)
因幡 桂:
アリスの所属していた神殿で神に祈りを捧げていた巫女。とても強い聖なる力を持っていて、神や天使をその身に憑依させることができる。
人ならざるものは全て見える。ちなみにガチの身体能力は祈りの力を上回るとかならないとか。とりあえずアリスよりは(というか神殿内で一番)腕力が強く、神殿内腕相撲大会で優勝した過去がある。

陰陽 有栖:
神や天使の存在を認めないとある団体に神殿を襲われ、一人逃げ延びた若き神官。
流れ着いた教会で手厚く保護され、心身共に傷付いた自分を救ってくれた教会の住人たちに恩を返すべく、
改めて力を振るうことを心に誓う。

氏無 軽:
神出鬼没の悪魔。悪魔だけどここ面白いね、という理由で居心地のいい透くんの教会に入り浸る。教会の屋根の上がお気に入り。
明るい性格で力が大きいからなのか邪気がないからなのか、教会の聖なる気の中でもけろっとしている。同じく教会によく顔を出す天使にちょっかいをかけるのが最近楽しいらしい。
もともとは悪魔ではなかったらしいという噂があるが、過去のことは断固として口を割らない。ん?今白い羽が見えたような・・・気のせいか・・・

火火弥 梅斤:
教会の聖歌隊の少年。オルガン担当。悪魔が見える。
教会に入り浸る悪魔とは結構いい話し相手同士らしい。悪魔に「俺より悪魔に向いてる」と言わしめた素晴らしい性格。
でっかいパイプオルガンを演奏したくて聖歌隊の一員になったらしく、信仰心は特にない。神がかり的に素晴らしい演奏をするので礼拝に来た人は涙し「神の使いだ」と感動する。

烏丸 有:
文句なしに美しい女神。その美しさから美の女神だと勘違いされやすいが、実際は人間(ひと)の生死を司る女神。
だが本人(本神?)は他人(ひと)の生死とかんなもんあたしが知ったこっちゃないわよ的に職務にはあまり精を出してない。神だけど人の惑いを見るのが好きらしく、わざと困らせるようなお告げをしたりするお茶目な一面もある。

城戸 晴彦:
何らかの理由で神を裏切り悪魔側についた神父。頬の十字架が赤いのは神への反逆の印で、胸には自分で銃でぶち抜いた十字架をつけている。好戦的で聖職者を敵と見なしている。神や天使の気配を感じることができ、悪魔や死神ははっきり見える。誰も側に置こうとしないが、めげずに近づいてくる一人の少女がいる。

一応最初に神を冒涜した者が十字架を血で染めて以来、赤い十字架は禁忌とされているという裏設定まで(勝手に)考えてました・・・;;;シロガマさんすみません・・・実際のダークプリーストは邪神とかを崇めている??のかもしれませんが、城戸くんは悪魔側についたものの信仰しているわけではなく、神への反逆心のみでダークプリーストになったというイメージです。

相馬 透:
村はずれの教会の神父。物静かで鳥や動物にえらく懐かれるので村の人からは優しい神父様だと思われてる。
神、天使、悪魔、全ての人ならざる者が見える。
幼い頃とある実験の被検体だったところを助けてくれた老神父に跡をついでほしいと言われて神父になったが、上記のような素質を見込まれたからこそだったと思われる。

鳥駒 まり:
大都市にある教会の女教皇。やさしくて朗らかな性格で親しみやすく市民からとても人気がある。全ての人ならざる者が見える。頭の輪っかは神から授かったもので祝福されている証。レアアイテム。かなり勘が鋭く何も無いところからズバッと核心をついたりする。礼拝に来る子供たちから「まり姉さま」と呼ばれている。

日御伽 志登利:
教会のシスター兼用心棒。神父とは幼馴染らしく、彼を傷つけるものは決して許さない。
シスターを目指したきっかけもこの神父の傍にいつまでもいたいと思ったから。幼い頃の思い出は宝物。
言葉遣いは乱暴だが優しい性格で、神父ともども村の人たちに慕われている。子供たちから遊んでほしいとせがまれるのを満更でもない様子で構ってやっているのをよく見かける。

藤 司場:
上級天使。生きとし生ける者の善行を大切にすくい上げ続け今の地位に上り詰めた努力の人(天使)。
なんで教会に悪魔がいるんだと最初は怒鳴っていたが、最近は大分慣れてきたらしい。
この地には女神のお供で訪れたのだが、風変わりなこの教会が気になり度々訪れるようになる。危ないところを助けてからいつも自身に祈り続けてくれる金色の目の少女がいるらしい。

森 二鷹:
一見悪魔寄りだけど、神側にも悪魔側にも属さない、人間に平等に死を与える存在。若くして優秀な死神で、死神の養成機関を飛び級で卒業したエリート。巫女の因幡さんと仲がいい。種族を越えた「ちっちゃいものクラブ」なるものを結成しているらしい。もう一人いる会員は美少年。

悠月 桃:
聖歌隊の一員の少女。天使が見える。教会に現れる上級天使のことを「天使様」と呼んでいる。
人の傷を癒せる神秘の歌声の持ち主。そのせいでさらわれるなど危険な目にも遭ったことがあり、身を守るためにも教会に入ることになった。
梅斤くんの演奏が大好きで、よくせがんではオルガンの音と一緒に歌っている。可愛らしく教会のマスコット的存在。

神:
天界に住む神々のことです。他の神(死神とか)は区別して書いてます。

作者: そとさん [検索] [もどる]

CT

No.106895 [編集/削除]

800 x 600 (132 kb)/shipainter/Q:1 2018年03月16日(金)

[宗教学戦] [お借りしました] [学生戦争]
No. 106895 コメント〆

[No.106895通報]


・ 練習用お絵かき掲示板

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。