Amazon.co.jpロゴ


back<<
>>next

四夜流氷さん さすらい〜世界中がTribe〜!
イラスト「さすらい〜世界中がTribe〜!」

民 族風(ミン・ゾクフー):AD259〜354
三国時代の女傑である民 族風はチャイナドレスの上に丈の長い上着を纏って戦いに赴き、数多くの戦果を挙げたという。
現代において、「待っていたぜェ!この瞬間(とき)をよォ!」や「不運(ハードラック)と踊(ダンス)ちまったんだよ」
という言い回しが好きそうな方々が好んで着用するような服を「族風」と呼ぶのは、
この民 族風の勇猛さにあやかろうしたことに由来しているのは言うまでもない。
『民民書房刊:「お前の発した!?を数えろ」より抜粋』

そもそもチャイナドレスの発祥が二十世紀とかいうツッコミは
民○書房ネタ的にも受け付けておりまそんヽ(。ω゚)ノ
あと検索しても『族風』という言葉がヒットしなかったこともナイショですヽ(。ω゚)ノ
それと持っているモノは完成が日を跨ぐという予想から先読みして11月11日ネタをまぜたのですが・・・日を跨がずに描けちゃいました(^-^;

・・・というのは表向きのネタ。
実際のところ、日本語の民族の意味って幅が広すぎて、「お前がそう思うんなら、そうなんだろう」レベルってばっちゃが言ってた!
今回のテーマでは民族≒少数民族・・・むしろ部族(Tribe)的な解釈が多くて興味深かったです(小並感)

裏向きのネタは、「この描き方はきーず民風なんじゃない?」というもの。
オエビって結構そのオエビごとに主流の描き方があって、それもあってか自らを「〜民」と呼称していた記憶があったりなかったり。
例えば、おそらく元々きーず民だった方々が移民して形成されたのがぴくらぼだったと推測されるのですが、
同一レイヤーの鉛筆彩色をぼかした後に水彩で整える手法(今回の手法)が多く見られたのがきーず民、
水彩主線の下レイヤーで彩色を行う市販ツールに準じた手法が主流だった気がするのがぴくらぼ民、
と案外主流の手法が分化していたように思います。
なにせ私は最初、ぴくらぼさんで片っ端から動画見たり、小技を実際に(他のオエビ含めて)試したりしていましたが(隙自語)
きーずに漂着して初めて今回の手法を知った位なので。
あと本家民(poo民)の主流の手法は厚塗りって感じがしました。
しかし、某共和国民の主流の手法は自分が活動していた期間が短くて、よくわからなかったです(^-^;
そして、アトネ民の主流の手法・・・まったくわかりませんヽ(。ω゚)ノ
まぁ、おそらく今活動している方々の多くは某共和国さんからの移民だと推測されるので、
尚更、かつてのアトネ民風というものを私が推測できなかったとしても、それは仕方のないことだわ・・・。
などと昨今、色々なところで話題の移民問題や
こういうナショナリズムを意識させることによる政治的分断も絡めてみますたヽ(。ω゚)ノ

作者: 四夜流氷さん [作者検索]

CT

No.210544 [動画再生 作画アニメ] [編集/削除]

200 x 200 (94 kb)/neo/Q:1 /描画時間:1時間36分21秒 (3387工程) 2018年11月10日(土)

[ポッキーの日] [オリジナル] [民族風] [NEO] [女の子]
拍手レス かわいい! 2018年11月10日(土) 23:57 隠れファン
拍手レス ネタが面白い。 2018年11月11日(日) 10:44 隠れファン
拍手レス 好きな感じ。 2018年11月11日(日) 18:28 隠れファン
ミミニャ〜さん

こんばんは、四谷さん!
相変わらずテーマの捻りが効いてますね!Σ(・□・;)
赤いドレスの質感が綺麗です。
この小さなキャンバスで細かなシワまで表現していて凄いです。
髪や表情なんかも細かいですね〜 なんというか、どうやって描いてるのか不思議w
そして殴打用の角材かと思ったらポッキー!?

ぴくらぼ民のご先祖様が、お絵かきーず民?という新事実に驚きですΣ(・□・;)
アトネ民の主流の手法は私もまったくわかりませんw
むしろ同じタイプの描き方してる人を探す方が難しいぐらいに、ずっと多種多様化してきた気もします(^^;

2018年11月11日(日) [No.210544-4 - 編集]
拍手レス かわいい! 2018年11月14日(水) 01:28 隠れファン
拍手レス ネタが面白い。 2018年11月16日(金) 00:30 隠れファン
おこめさん

四夜流氷さん、こんにちは。
凛々しい美女×チャイナドレス×特攻服という新たな世界を魅せてくれたことに感謝の言葉を伝えたいです…笑
特攻服に周瑜や孔明と刺繍されているのが中華っぽくて、
細かいところまで設定作り込まれているのを感じました!

そしてコメントがすごく勉強になりました(笑)
私もぴくらぼさんで絵版の使い方を覚えていったので、上レイヤーに線画、下レイヤーに着彩が主流だったりします。
共和国さんやアトネさんは、絵版の知識を積んだ人たちが徐々に我流を極めていったから多種多様になっていったような気がします…!

2018年11月16日(金) [No.210544-7 - 編集]
四夜流氷さん

ちなみにタイトルの元ネタはTribeをDriveにすると分かるかも?分からないかも?

>ミミニャ〜さん、こんにちは〜!
一応、民族風を頭の中で反芻していた際に「族風」というフレーズをデンパ受信して、かつてテーマにならなかった「セーラー服」の時に描いたスケバンさんの時にそとさんが「スケバンさんと伺って、すぐに浮かんだのが〜特攻服」と仰っていた伏線の回収にもなるな!と思ったのが発端です(^-^;
えっ?伏線にすらなっていない?こりゃまた失礼しました〜!
>どうやって描いてるのか不思議w
そのための動画、動画・・・あと、そのためのNEO・・・?
この描き方を動画で初めて見た時、一度ぼかしで崩れた鉛筆絵が水彩で再構築されていくのが、今までの描き方の常識を覆されていくようで衝撃だったことを覚えています(・ω・)
ポッキーは本当はポッキーの日用の別のネタがあったのですが、その他もろもろでお流れになったのでこの時点で使っておいてよかったです(^-^;
あとポッキーがないとレイアウト的にも寂しかったので><;

>ぴくらぼ民のご先祖様が、お絵かきーず民?という新事実
あいにく、言質が取れているわけでもないので考古学的な推測に過ぎないのですが、考古学よりは実際に自分で見ている事実もあるので多少は根拠があるかな?的な感じですね;
・根拠1:2001.6.26 きーずさん開始 2002.11.23 ぴくらぼさん開始
この時系列的にもぴくらぼさんが先ということはないはずです。
・根拠2:きーずさんの選出トップ絵を描かれた方々がぴくらぼさんの常連だったり、お絵かき講座をしていた
・根拠3:ぴくらぼさんで講座をされていた方がぴくらぼさんのオエビ終了後、きーずさんに数年ぶりに来られていた
・根拠4:ぴくらぼさん→きーずさんと流れて感じたのが「源流はこっち(きーず)だったのか!?」という個人的感想
という感じで、あの当時のどなたからか決定的な証言が聞けるまでは私にとって「ぴくらぼ民のご先祖様が、お絵かきーず民」説は「お前にとってはそうなんだろう、お前の中ではな」レベルどまりです(^-^;
そろそろ「お絵かき掲示板年代史」や「お絵かき掲示板とはなんだったのか」という検証本が出てもいい頃な気がするのですが、まだですかね?
 アトネさんの主流の描き方については、私が16周年の際に「アトネ色(16)ってなんだよ?(哲学)」と言っていたように不定形な気がしますね><
それでイインダヨ〜

>おこめさん、こんにちは〜!
「時代考証なんていい!とにかくネタを描くチャンスだ!」という勢い任せだったのですが、そのように仰って頂けてうれしいです!
孔明と周瑜については、「特攻服だと背中の刺繍が欲しいなぁ〜三国志・・・せや!」って感じでした(^-^;
気付いて頂けてうれしいです><

あの当時の素敵オエビ絵師の方々がもう少し証言してくださったり、オエビ界に戻ってきてくだされば、私がトンデモ新仮説(進化説)を流布してしまう危険性もないのですけどね(^-^;
おお!おこめさんもぴくらぼさんでオエビを学ばれたのですね!
私も当初あちらで学び、キャラ絵は上レイヤー線画、下レイヤー彩色が基本で、P-BBSの2枚レイヤーで下レイヤーに背景を描いた後に上レイヤーにキャラ絵を追加する場合は厚塗り風になってしまうのは仕方ないと思っていたのですが、きーずさんで「鉛筆アニメ塗りぼかし水彩(当時、勝手に命名)」を見て「そういう風にしてもいいんだ」と目から鱗でしたΣ(゚Д゚;)
 仰るように共和国さんやアトネさんは各地のオエビで鍛えた人達が集まって形成された感がある多民族国家的な印象で、一概に主流の描き方というのが分からない感じですね。
・・・などとオチは「民族風」に絡めておきましたヽ(。ω゚)ノ

>拍手、拍手レスを下さった方々もありがとうございます〜!
皆さんは自身の出身オエビを♪覚えて い〜ますか〜?

2018年11月17日(土) [No.210544-8 - 編集]

コメントの投稿 四夜流氷さんの「さすらい〜世界中がTribe〜!」に関するコメントや返信などを投稿

コメントの使い方

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力)

URL:

通常コメントフォーム


[No.210544通報]


作者検索


back<<
>>next

・ ARTNET お絵かき掲示板

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。