Amazon.co.jpロゴ


back<<
>>next

Laraさん 片手にピストル
イラスト「片手にピストル」

昔の歌が浮かんできたので描いてみました。
若い方はご存知ないかもしれませんね〜

スペースありがとうございました。

作者: Laraさん [作者検索]

CT

No.254000 [動画再生 作画アニメ] [編集/削除]

300 x 450 (217 kb)/neo/Q:1 /描画時間:5時間12分23秒 (15935工程) 2020年07月23日(木)

[]

[傑作イラストに推薦]

拍手レス 「サムライ」?懐かしいですね。 ぎんの字 (2020年07月23日(木) 23:29)
拍手レス 静かな情熱を思わせる視線が素敵です! そと (2020年07月23日(木) 23:48)
四夜流氷さん

こんにちは〜!
灰色の背景に白い肌と突き上げた腕と指が映えていて素敵ですね!
胸に抱いたバラの花束、肌に浮かぶ玉のような汗の表現が綺麗です!
片手にピストル・・・武装錬金で使われていたなぁとしか
思い出せなかったので、私は若い方だったのか・・・(錯乱)

2020年07月24日(金) [No.254000-3 - 編集]
拍手レス 唇に火の酒、背中に人生を〜あぁジュリー! ヨヲ (2020年07月24日(金) 16:03)
ミミニャ〜さん

こんにちは!
明確にモチーフを描いていないのに、しっかりテーマが伝わってくるのが新鮮です。
なるほどーと思いました。
陰影の付け方がカッコいいです。
歌は昔から偏ったジャンルしか聴かないので解りませんでした><;

2020年07月24日(金) [No.254000-5 - 編集]
ビビさん

こんばんは^^
タイトルは「サムライ」っていうんですね^^ぎんの字さんのコメントで初めて知りましたv
片手にピストル心に花束♪ですね^^ここの高音部分が印象に残ってます^^
素敵なイメージ画像なので、手からピストル感をかんじます^^

2020年07月24日(金) [No.254000-6 - 編集]
ぷらむさん

こんばんは!
手で銃を表現されてるのが面白いですね!
曇天の空を打ち抜くような所がスカッと感があって好きです。
薔薇が耽美な雰囲気で美しいです!

2020年07月24日(金) [No.254000-7 - 編集]
2963さん

目がいいです。聞いてみましたけど、これは描きたくなるような歌い手ですね!

2020年07月24日(金) [No.254000-8 - 編集]
Laraさん

コメントありがとうございます!

>ぎんの字さん
わかってくださって嬉しいです!
タイトルは「サムライ」なので日本刀が似合いそうと思いながら描いていました。

>そとさん
顔が似せられず、表情も難しかったです。
視線が素敵と言ってくださって嬉しいです。

>四夜流氷さん
片手にピストル 心に花束 (以下ヨヲさんが続けてくださっています)
という歌詞なのですが、衣装がほとんど裸に見えるので花束を抱かせてみました。
四夜さんはお若い方だったんですね^^

>ヨヲさん
あぁ、あぁ、あぁ〜
続けてくださってありがとうございます!

>ミミニャ〜さん
「銃」というお題で、漫画などで指で撃つ真似をするシーンがいくつか浮かんだのですが、一番描いてみたかったのがこれでした^^
線画の段階で陰影をつけてみましたが、カッコいいと言ってくださって嬉しいです。

>ビビさん
歌い出しが印象に残りますよね^^
サムライというタイトルが銃に合わないような気がして歌詞の冒頭部分にしました。
素敵なイメージ画像と言っていただき嬉しいです。

>ぷらむさん
手を上に上げたポーズだったので構図と背景に悩みました。
スカッと感があると言ってくださってよかったです。
この方には赤い薔薇が合うかなと思ったので、耽美な雰囲気を感じていただいて嬉しいです。

>2963さん
検索してくださったんですね。
どうしても描きたくなって頑張りましたが、表情難しかったです。
目がいいと言ってくださって嬉しいです。

更新:2020年07月25日(土) [No.254000-9 - 編集]

コメントの投稿 Laraさんの「片手にピストル」に関するコメントや返信などを投稿

コメントの使い方

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力)

URL:

通常コメントフォーム


[No.254000通報]


作者検索


back<<
>>next

・ ARTNET お絵かき掲示板

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。