お絵かき掲示板Art.netイラストギャラリー線画コンテスト2017 > 「 ツムジ 」

線画コンテスト2017 線画部門 No.000158

ツムジ

Artworks by. はぎさん

イラスト

750 x 500 (0 kb)/up+neo/Q:1 /描画時間:3分28秒 (55工程)
2017年07月12日(水) - 2017年07月22日(土)

ツムジ
妖怪や怪異の一種で、蝗害の寓意化であると考えられている

最初期である平安期の資料には「津蟲」「辻無慈」などの表記が見られ、
津波のように押し寄せては村落を破壊し続ける様が形容されている
安土桃山以降は「ツムジ」「ツムヂ」の表記でほぼ統一された

「強靭な顎で一切をかみ砕きながらどこまでも突き進む」とされ、
ツムジ単体および群体による被害の伝承が全国各地に散見される

英雄、豪族、大名による「ツムジ退治」の伝承も各地に数多く残り、
中でも越後長尾氏による「津蟲討伐記」はつとに有名である
現地の各史跡の他、歌舞伎や文楽の題材としても人気を博し現代にも伝る



---------------------------------------------------------
…ま、全部嘘なんですけど(白目)

それと絵の形式等で不備がありましたらご指摘ください
お願いいたします


刺したり斬ったりでは倒せそうにないラスボス感@@
両者と場所、いっぺんにパッと分かる斜めの構図の使い方が
うまいなぁと思いました!動きのようなものも漂ってきますね^^
余白と線のコントラストも美しいです!
白は白(255.255.255)でしかないはずなのに、
すごく鮮やかでパキッとした白色を感じました。
線の太い作品はなかなかこちらで拝むことはできないので
そういった意味でも眼福です^^ありがとうございます!

トメヂさん(2017年07月21日(金) - )

こんにちは。
途中保存でタイトルを拝見し、頭のてっぺんの「ツムジ」を思い浮かべてました。
つむじ風の方だったですね。
そして、蝗害の寓意化なんですか。
説明読んで、そんな妖怪がいたんだーと思ったところで、嘘なんですか!?(←確かこの間のVSでも引っ掛かった
妖怪の大あご、すごい迫力。かっこいいです。

ぎんの字さん(2017年07月22日(土) - )

ご報告
途切れていた線や描き忘れ等、修正致しました


>トメヂさん
暖かいお言葉の数々ありがとうございます〜励みにさせて頂いております

全身固そうなので、きっと弱点は口の中!だから得物は長柄の槍!グサァ!
…みたいな感じで厨二、もとい童心丸出しで想像しながら描いてました
実際こんなの目の前にしたら三十六計一択ですけどネ^^

線の太さに関してはメリハリをつけたくてこんな感じになりました
個人的にはちょっとやりすぎかなーと今になって反省してる部分ではあります
加減、むずかしい(´・ω・`)

こちらこそ、お言葉を頂いて鋭気モリモリです〜感謝感謝であります


>ぎんの字さん
どうもこんにちは〜暖かいコメントありがとうございます、光栄です^

しかし二度とワイの嘘に騙されてはいけない(戒め)

でもきっと日本に限らずこんな感じの寓意化っていっぱいあるんだと思います
悪人や反社会的な集団を狼とか狐、あるいは妖怪とか悪魔に置き換えたりして
イソップとかグリムとかはきっとそういうのの集大成なんでしょうし
そんなことを考えつつちまちまと描いてましたヨ

はぎさん(2017年07月23日(日) - )

こんばんは^^
そういうお話探してみればきっとありそうな気がします。
言葉で想像の形を描き、物語を発展させていく・・・すごいですね
ツムジが背景や武士の存在により、動きがかんじられ、かしっとした線により迫力をかんじますv
素敵な作品ごちそう様ですv

ビビさん(2017年07月23日(日) - )


お絵かき掲示板Art.netイラストギャラリー線画コンテスト2017 > 「 ツムジ 」