お絵かき掲示板Art.net過去ログ連載掲示板

みもざ・ぱぁく第2章‘ゴーストの章’

10章 10頁 完結 「イラスト」

美茂座市という少し不思議な街と、そこに住む人達の日常を綴った絵物語です。 ― 公園管理課職員達4人は、コミュニティバスに乗るおばあさんの幽霊の噂を確かめに行く事に…。 ― 

作者. ヨヲ さん


  連載No.000016 登録:2013/05/20 〜 更新:2013/05/20 (7 Res. 2013/06/08,)

イラスト

#14 ‘テントウ虫バス’

みもざ・ぱぁく内を 巡回するバスは、

‘テントウ虫’の愛称で 親しまれています。

公園管理課に 希望する声が 寄せられ、

10年前から 運行いたしております。

公園の 中央大通りを通り、

南のショッピング・モール、北の森、

西の住宅街から、東の学園地区まで、

通勤・通学に 利用する市民も 少なくありません。

     みもざ・ぱぁく中央管理事務所



連載早っ!!
しかも1枚1枚すごい凝った絵だし!スゴイ><;
まだ一章の途中読んでるところなのでまたじっくり見ます(^ ^)
物語や世界観の断片を見せる感じの展開で新鮮だし想像の余地があって面白いです。
テントウ虫!乗りたい!こういうゆったりした世界に引っ越したいです。

ミミニャ〜さん (2013/05/20)

>ミミニャ〜 様
こんにちは〜、ミミニャ〜さん^^
一度に大量投稿して申し訳ありません。
このお話は140話以上あって、まだ他所で連作中なのですが、これからはちょっとずつ投稿していきたいと思います。

第1章の時もそうだったんですが、新規連作の1話目を投稿して、絵の横幅の違う2話目を投稿すると、やはり一度文字レイアウトが崩れて、絵の上に少し文章が被るんです。
それで3話目を投稿すると、レイアウトがきちんと戻るので、今章も3話目まで立て続けに投稿し、確認のために4話目も投稿、じゃあもう10話全部投稿しちゃおうと、一気に上げてしまいました(^_^ゞ
一度レイアウトが元に戻れば、それ以降は不自由はないです。
またしばらくしたら新章少しずつ上げさせていただきたいと思います。

それとパソコンでお絵描き出来ないとの事。
自分はそういう事に全く疎いのですが、昨日アートネットさんでアイコン絵を描いていた時に気づいた事を書かせていただきます。
多分何の参考にもならないとは思いますが…。
第1章のアイコン絵を描いてた時、今塗りコンで参加している塗り絵でもそうなんですが、白マスクが上手くいかない時があります。
お絵描き画面では分からないのですが、白マスクして四角ツール塗りをした時に、レイヤー表示画面で白(透明色)部分に細かいラインが点々と入っているのです。
消しゴムをかけると消えるのですが、ここのところ立て続けに3回ほど、アートネットさんで描いている時に限って起こった現象です。
きっと何の関係もない事で、とんちんかんな事を自分は言ってるんだと思いますが、他所で描いてる時は起こった事のない現象なので、取りあえずご報告まで。
それと、私のパソコンが古いせいかも知れません^^;

それではいつもお忙しい中こちら板にも目を通して下さり、コメントも下さって、どうもありがとうございます!
無事不具合が直る事をお祈りいたしてます。

ヨヲさん (2013/05/21)

大量投稿は大歓迎です(笑
あとはもっと利用者様が増えてくれれば良いんですけどね;;

というかこの完成度で140枚とかスゴすぎます(><;

レイアウトとかのバグはすみません;詳しいご連絡ありがとうございます。
ぼちぼち直していく予定なので長い目でみてやってください;

四角ツールで余計なゴミが出るバグ?も謎ですね;
検証してみたい所ですが何分今ウチのPCがおかしな事になってるもので試せません;
このサイトだけでなるのならJAVAのキャッシュが壊れてるって事もあるかもですね。
ウチのパソコンが役立たずなのでアレなんですが;
もし治らないようで不便ならテキスト掲示板で質問してください。m(_ _)m

ミミニャ〜さん (2013/05/21)

>ミミニャ〜 様
こんにちは〜、ミミニャ〜さん^^
昨日塗り絵をしたところ、余計な点々は出ませんでしたので、多分大丈夫だと思います。
お気にかけて下さり、ありがとうございます^^b
このまま続きを塗っていきたいと思います。
コメントどうもありがとうございました!

ヨヲさん (2013/05/22)
お絵かき掲示板Art.net過去ログ連載掲示板

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。