お絵かき掲示板Art.net

絵を描くパソコンおすすめ2018

絵を描くのにオススメなパソコンを初心者さん向けにご紹介します。
餅は餅屋のことわざ通りパソコンは専門店で買うのが安くてサポートも的確で安心です。

今回は私も長年愛用しているPC専門店ドスパラ アマゾンからご紹介します。
ドスパラだけで全て揃える事もできますが、アマゾンも併用する事でお安く揃える事ができます。

なるべく最新情報に更新していこうと思いますが、パソコン価格は頻繁に変動しますので最新情報は販売サイトをご確認ください。
またドスパラでは「メモリ増量」等の期間限定キャンペーンを頻繁に行っていますのでチャンスを見逃さないように!

2018年6月27日

1番おすすめなデスクトップパソコン入門機

パソコン本体「Magnate IM」

価格を抑えつつも趣味でデジタル絵を描くなら十分な性能のおすすめパソコンです。
SAI,フォトショップ,クリスタ等の人気ペイントソフトの動作環境を満たす入門機
パソコン本体+モニター+ペンタブで2018年1月現在で約10万円未満(販売サイトで最新価格をご確認ください)

Magnate IM はミドルクラスCPUのi5-7400に4GBメモリ(キャンペーン中は+4GB)と趣味で絵を描くなら文句なしの高性能
予算に余裕があれば購入時に[構成内容の変更]から[120GB SSD]を追加してPCやソフトの起動を高速化できれば更に完璧
同価格のクリエイター向け入門PC「raytrek debut! IE 」よりもCPU性能が大幅に高く断然Magnate IM がオススメです

高さ36cm 奥行き42cm 幅19cmとコンパクトサイズながらも後から性能アップさせる為の拡張性も抜群
基本的にパソコンは大きいほど拡張性が高く後々便利。更に通風性も良いので壊れにくいです。
置き場所に困る場合はパソコン本体を部屋の隅に置いてモニターと入力機器だけ机に置く事も出来ます。
自由なレイアウトには長いHDMIケーブル無線マウス無線キーボード無線ペンタブが便利です。
Magnate IM サイズ

Magnate IM は無駄にオーバースペックじゃないので消費電力が低いのも長時間絵を描く人には地味に魅力(発熱が少なく壊れにくい&電気代も安い)
巨大な絵や、多量のレイヤー、重い自動加工処理、3Dモデル等を使うにはやや力不足ながらもグラボやメモリを後から増設して解決可能です。
グラボやメモリの増設は横フタを開けて差し込むだけなので説明書を見ながらやれば初めてでも簡単に行えます。
ドスパラのパソコンには基本設定はもちろん増設やカスタマイズのやり方まで詳しく書いたガイドブックが付属するのが魅力です。

パソコンで絵を描く為に最低限必要な物

パソコン本体(マウス・キーボード) + 液晶モニター
Magnate IM には有線マウスと有線キーボードが付属しているので、後は最低限モニターが必要です。
予算が厳しい場合ひとまず液晶モニターは買わずにHDMI入力端子があるテレビにパソコンを接続する事も可能です(HDMIケーブル別売)
ただしテレビ画面は光沢パネルなのでPC用モニター(ノングレアパネル)と比べて長時間絵を描くと目が疲れます。
モニターやペンタブはドスパラのセット割引を使うよりもAmazon等で買った方がだいたい安いです(その時によります)

おすすめのモニターは「Acer KA240」価格と性能のバランスが良いです。
フルHD 24インチ(解像度:1920×1080)と程好い大きさ。
目が疲れにくい非光沢(ノングレア液晶)、HDMI端子対応+スピーカー内臓なのでHDMI接続なら配線スッキリで別途スピーカーを買わずとも音楽も聴けます(音質は悪いです)
更にVSEAマウント対応なのでモニターアームを買えば机上を広々使う事も出来ます。
イラスト制作に便利なデュアルモニター化する場合も24インチがサイズ的にも価格的にも増設しやすくオススメです。
難点は価格相応にTNパネルなので視野角により色変化や輝度変化が起きやすくイラスト制作に向いていないと言われていますが、私も使っていますがそんな事はありません。
なぜならパソコンで絵を描く時に座る位置をグルグル変えたりはしないからです。
もちろん予算に余裕があればIPSパネルの高価なモニターを買った方が見やすいですが、あくまでAcer KA240は安い割に良いモニターです。
スピーカー付きなので別売のHDMIケーブルでパソコンに繋げば音楽も聴けます。
モニターから音を出さない場合はPCとモニターを繋ぐ[DVI-Dケーブル]はモニター付属なのでHDMIケーブルは不要です。

あると便利な物

ペンタブはほぼ必需品レベルにおすすめです。 絵を描く為のソフトもお安く付いてきてお得。(マウスだけでも絵は描けます)
WACOMペンタブ Intuosコミックは人気ペイントソフトのクリスタPRO(2年ライセンス版)付属なので断然お得!
2年ライセンス版とは、使用開始から2年後に「継続利用(有料)」または「クリスタDEBUTへの移行(無料)」を選択するダウンロード版です。
クリスタDEBUTでも十分高性能なので2年後も安心して使える優秀なお絵かきソフトです。
(付属ソフトはダウンロード形式なので中古ペンタブは安くてもやめた方が良いです)

アナログで描いた線画をPCに取り込んで着色するなら単機能スキャナーがコンパクトで便利。
置き場所があるならスキャンもコピーも印刷も出来てしかも安い複合機の方が色々使えて安いのでおすすめです。

アナログ絵の取込

[A4] スキャナー GT-S650

モニタースピーカー使用時

PC→モニター接続用HDMIケーブル

モデムとPCを接続

インターネット用LANケーブル

黄金の輝き布質感
PCまるごとバックアップ

外付けハードディスク 2TB

手軽にバックアップ

USBメモリー 16GB

机上スッキリ

モニターアーム


【とにかく安さ重視!】デスクトップ

パソコン本体「ナイト AS

格安PCながらも、お絵かき掲示板はもちろんピクシアSAIなど動作が軽いペイントソフトを使うならば何とかなる性能。
120GB SSD標準装備で高速起動が魅力ですが、データ保存領域が少ないので[構成内容の変更]から[1TB HDD]の追加をおすすめします。
メモリも4GBと少ないですが、動作が重いようなら後からメモリ を追加すると良いです。
自分で取り付けるのが心配な人は購入時に追加する事もできます。

[120GB SSD]が無い代わりに[500GB HDD]と8GBメモリが標準装備のレグルス AM も同価格帯では選択肢の一つです。
こちらは構成内容の変更なしでも実用に耐える構成です。(8GBメモリは期間限定サービスなので販売サイトをご確認ください)
(SSDとHDDの用途は同じく描いた絵などのファイルを保存する場所ですが、SSDは容量が少なく高価な代わりに非常に高速で静音。パソコンやソフトの起動が爆速になります)

【持ち運びたいなら!】ノートパソコン

ノートパソコンなら「レイトレック デビュー DX-KS (クリスタ推奨PC)

ノートパソコンは持ち運び出来る事と置き場所に困らないのが利点です。
逆に言うとそれ以外は価格・性能・耐久性など全てにおいてデメリットしかありません (^^;)
それでも外出先で使いたい場合はレイトレック デビュー DX-KS (クリスタ推奨PC)がおすすめのノートパソコンです。
ノートパソコンは後から機能強化する事がほぼ出来ないので最初からそこそこな性能の物を選んだ方が後悔は少ないでしょう。
(外出先で使う予定が無いなら絶対にデスクトップの方がおすすめです)

【絵描き特化型ミドルクラス】クリエイター向けおすすめパソコン

パソコン本体「レイトレック LZ P2

満足性能のミドルクラスPC 印刷用の大判ポスターイラスト制作や軽い3Dモデル制作も快適
ハイエンド6コアCPU Core i7-8700にクリエイター特化型グラボNVIDIA Quadro P2000 5GBを搭載
10億色以上の色表示を可能にする10bitカラー対応(普通のPCは約1600万色)10bitカラー対応モニターが必要
ハイエンドCPUで3DCGのレンダリング処理なども高速!もちろん16GBメモリに 250GB SSD登載でPCやソフトの起動も爆速です。
(ゲームには向いていません)

【多目的パソコン】ゲームもお絵かきも出来るパソコン

ゲーミングパソコン本体「ガレリアDJ

趣味で絵を描くには十分過ぎる高性能+息抜きにゲームも動作可能なゲーミングパソコンの入門機です。
ミドルクラスCPUの[Core I5 8500]にゲーム向けグラボ[GTX1060 3GB]を搭載。対応モニターや4Kテレビがあれば4K出力も可能です。
このスペックならば特に高画質設定などにしなければほとんどのPCゲームが遊べます。
もちろんゲームが出来る(ゲームは最大級にマシンパワーが必要です)という事はイラスト制作など他の作業も快適です。
4K表示ではウインドウを同時に沢山開いても広々なので資料を開きながら描くなどの使い方もできて快適にイラスト制作が捗ります。

パソコン工房「インテル第8世代Coreプロセッサー搭載ゲームパソコン」

デル株式会社

ソフマップ・ドットコム