お絵かき掲示板Art.net
流良戒さん 銀の瞳は黒を纏う(※シリアス/死ネタ(?)注意※)
イラスト「銀の瞳は黒を纏う(※シリアス/死ネタ(?)注意※)」

※はじめに。※
今回の設定はいつもの”突撃隣の異世界転生☆”シリーズからの続編でありますが。
今回の舞台であるセシル中村様の世界観。設定概念をお借りするうえでコラボ系(※勝手にコラボ※)への要素系の注意を読み取った上で”多分”可能な限り”ROYAL FLUSH”の世界観に近づけて投稿させていただきました。

設定としてまず”狭間の世界”セシル中村様の創作する世界への”彷徨い人”という設定で話が進みますが。”突撃〜・・・”の要因もかなり強くなっております。

故に不快に思われる方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。そしていつもとは打って変わってシリアスと半分死ネタのようなものが入ります。ワンクッションは付けませんが説明を読んで苦手だと思われる方は無理だと思った時点で目を離すことをお勧めいたします。(※アポなしの突撃企画につき解釈などの相違があるかもしれません。できる限り粗相のないよう努めましたが内容などへの問題等が発生した場合は申し訳ありません※)



※というわけでスタートです※



↓↓↓↓




---


私はいつ”マナミ”からかけ離れた存在になったのだろうー・・・・・・・・・・・
あの日。太陽のように笑う私の中でのマナミの存在から・・・・私ははじかれ闇に生まれた。

それがいつだったかも何がきっかけだったかもわからない。只自分は”マナミ”からはじかれた別の生命体・・・・・・・同じ器の中にいるようで遠くかけ離れたようなものを見ている・・・・不確かな疑問と不安を抱える存在として出来上がった。

あぁ・・・またマナミが痛い目を見た・・・・・・次の世界への転生が始まる・・・・・・・・・痛い目を見るのは”私”だけでいい・・・・・・何故なら私は・・・・・・・・

”マナミ”ではないから・・・・・・・


----
「ここは・・・・・?」
次の次元へを生まれ変わる途中であろうか。いつもならばゆらゆらと波風にゆられるように心地よく目を覚ますこともなく流れていくそのはざまでなぜか私は目を覚ました。


どこまでも広がる水平線のような場所。雲一つない不思議な空気・・・あぁ・・・・・私はここに居てはいけない。・・・・・目を落とせばきっと異形の自分の姿がおぞましく浮かび上がる・・・・・・・・・
できることならば足元は・・・・マナミに合うような澄んだ空気の花々で埋まってくれ・・・・・・・・

そう念じた瞬間に足元からうっすらと色素の薄い花々が水面に映る私を覆い隠すように現れ始めた・・・・・・・

「・・・・ふふふ・・・・美しいな・・・」
どこまでも済んだ空気・・・・・・どこまでも広がる無限の世界。
「マナミにも見せてやりたい・・・・・この世界は・・・・いや未来はどこにでも繋がって歩いていける・・・・」

---
いつだっただろう。マナミが酷く落ち込んだ日があった・・・自分への嫌悪感を露わにし大いに泣き出していた。きっとこの先の自分の未来に悲観したのだろう。

・・・・・・あの時・・・・マナミは自ら命を絶とうとした・・・・・・・・・

「馬鹿だなぁ・・・そんなことしても・・・実験体に生まれたお前はまた別の世界で新たな人生を始めさせられるだけなのに・・・・」

知られてはいけない。気づいてしまってはいけないマナミの”秘密”それだけは・・・・・・・墓まで隠し通すつもりだった。

だが聞いてしまった・・・私は・・・あの猫たちの不穏な会話を・・・・・・


・・・「・・・!???」

”誰だ!?????”

マナミのかけら。姿かたちはゾンビ体の時のモノであるそれは何かの気配を感じそちらの方へと顔を向けた。

そこには白い花々の咲く銀世界に変わりつつあった”その空間”に似つかわしい黒い男が此方を向いて立っていた・・・


「・・・・・」

あぁ、そうか・・・・そういうことか・・・・・・・

「こんな美しい景色の場所・・・私には似つかわしいわけだ・・・・」

死神・・・きっとそうだろう。

猫たちがよこした口封じの男・・・・・・・


「お前は・・・私を”破壊”しに来たのだろう・・・・?」
ここはきっと次元の隙間・・・・きっと何かのイレギュラーで私は狭間の世界に落ちたんだ・・・・・・・・

「私は”マナミ”に必要のない存在だから・・・・・・」
”マナミ”とは不釣り合いな悍ましい容姿。知ってはいけない記憶の断片。

「・・・・・大丈夫、私は逃げやしない・・・・・・安心しろ。”マナミ”に危害を加えないならば私はおとなしくここで消える・・・・・・」


「ただ・・最後に念じさせてくれ・・・・・」

私にとってマナミは・・・・・・・・・・・・

”自分の中で目覚めたそれをずっと否定して遠くから見ていた”
私は”マナミ”であって”マナミ”ではない・・・・・・・・


なぜかな・・・私は”本体”であるマナミにきっと憧れていたからだろう・・・・・・


「これが恋であったならば・・私は泡として消えることを望もう・・・・・」


マナミのかけらが何かを待ち望むように顔を上げると男の手が近づいて来た・・・・・


「ここでお別れだ。マナミ・・・・・」

もし次に私もお前のように・・別世界を歩むことがあるならば・・・・・次はきっと”マナミ”ではなくお前に恋する美しい花々のようになりたい・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・「お前のような・・・・」
それもわるくない。涙の流れる口元を吊り上げそれは笑った。

「その容姿・・・・きっと”マナミ”も好みだろうな・・・・」

初めて会ったとは思えない・・どこか懐かしいこの場所で。
出会えたのが”お前”でよかった・・・・・


「いずれあの猫たちには痛い目を見て貰う・・・」
美しい・・・・・・・まるで白磁の陶器のような・・・・・・黒をまとった白い器・・・・・・・・・・
「この冷たく美しい手に手折られるならきっと私も本望だ・・・」



それが狭間の世界の番人JOKER(さん)とマナミのかけらの最初で最後の出会いであった。


----
※というわけでセシル中村さまのお宅のJOKERさまをお借りしました・・・・・・・
デザインが素敵で気になっていたのですが注意書きや設定画進むにつれ何故か私の頭の中で”この世界・・・突撃でいけるんじゃないかな?”という何故かいけるだろうという感覚だけが深まっていったので(※ダメでしたらスミマセン※)思いっ切って思い切りました。ダメでしたらスミマセン。

一応最初に注意書きをしたとおり”狭間”の世界とJOKERさんの設定を重視したのですが・・・・・・・・ゾンマナちゃん(ゾンビマナミさん)の言う”猫の追手”はだいぶ勘違いです・・・勘違いですがゾンマナちゃんは”本体”への憧れがどんどん本体との感情からかけ離れていきそれが”恋心”なんじゃないかなと思うくらいに思いつめていた子なのでそう思ったんだと思います。

私もゾンマナちゃんを失うのはものすごくものすごく惜しかったのですが来世で結ばれたらいいね?みたいな感じで転生してもらうことにしました。(※ネタ的に色々苦手な方がいらっしゃいましたらもうしわけありません※)でも多分マナミ本体はゾンマナちゃんのことは嫌いではないのできっと多分また第二のゾンビ化とかもすると思います。


・・・・・そんなわけで色々苦手要因も多かったかもしれないですが今回の話。

ちなみに実験体設定と”暗躍”する?”猫”の存在は実は全く何も考えてません。
わりと行き当たりばったりの過激(突撃なので)なチャレンジなのですが・・・とりあえずここまで読んでくださり有難うございました。

今回は原作者であるセシル中村さまに敬意を表して”勝手にコラボ”のタグは付けないことにいたします。ツイッターの共有ボタンは付けるか付けないか迷ったのですが一応つけておくことにします・・・拡散するならアートネットさんがにぎわうよう宣伝にお使いください。

・・・・・・というわけでセシル中村さま素敵なお子様をお借りさせていただきました。有難うございます。今後の創作活動も凄く気になっておりますのでできれば応援させていただきたいです。ほとんど初対面に近いですがいきなりの突撃転生失礼いたしました。有難うございます^^;

作者: 流良戒さん [作者検索]

No.009170 [編集/削除]

530 x 750 (648 kb)/ 2021年06月04日(金)

[ROYAL FLUSH] [突撃隣の異世界転生☆]

原作:セシル中村さま(JOKERさん)/流良戒


流良戒さん

※ちなみにこのお話の捕捉につながるというか・・まぁダーク(シリアス)サイドのまとめのようなものOCPにて作りました。この話の後から後付けで作ったものなので話つながってないかもしれませんが参考になれば・・^^↓
https://www.oekakiart.net/occ/ocp/index.cgi?mode=tan&no=014653
※↑彷徨い彷徨って私よりのお話になってしまいましたがそんな感じで一応捕捉付けておきます^^;

2021年06月05日(土) [No.009170-1 - 編集]
セシル中村さん

流良さん今晩は、この度はJOKERを描いてくださり有り難うございます!
切れ長の目元、クールな眼差しが正にJOKERといった雰囲気ですね(*´`*)
又、JOKERの顎クイ(?)シーンは自分のイメージになかったので、ドキリとしました……!

添えられたお話や後書きから、ご自身のキャラクターに並々ならぬ愛情を注がれていらっしゃるのだな、という事もひしひしと伝わって参りました(^^)

2021年06月07日(月) [No.009170-2 - 編集]
流良戒さん

>セシル中村さま
こんばんわです!お忙しい中深夜に目を通してくださってコメントくださり有難うございます。

・・・・・・・・・JOKERさんの設定と世界観が素敵だったのでこの世界を生かして描くなら・・・と思い切っていろいろ思い切ったのですが。自分のキャラクターもですがお借りした世界観にも愛情そそいで書いたつもりだったので(ただJOKERさんの設定を受けた感じからそういう絡み方になったのですが)それも伝わってくれたらよかったなー・・と思ったのですが^^;
とりあえずなんでしょう込めた愛は伝わったのかな?って思って本当はもう一回くらい世界観をお借り出来たらなと思ったのですが(多分ゾンマナちゃんを探しに行くだろうなと)遠慮したほうがよさそうな感じですかね^^;
本当にキャラクターもですが息づく世界が素敵だったので突撃させていたいたのですが。
でもでもお優しいお言葉を頂いて凄く安堵しております。ダメだったらどうしようとか思っているので(割といつもそう思って描いてますが^^;)コメント頂けて嬉しかったです。コメントありがとうございました。自キャラには愛ばかりこもってますので大事にしていこうと思います^^

2021年06月07日(月) [No.009170-3 - 編集]
ゆかりんさん

全体的に画面がキラキラしてて、少女漫画チックな雰囲気にワクワクしました!
流良戒さんの作品はキラキラとかハートとかお花とか女子心をくすぐる作風でいいですね。
JOKERさんの横顔が美しくて・・私もドキドキしてしまいました(*´ω`*)
そしてゾンビになってもマナミさんは可愛い・・!

2021年06月08日(火) [No.009170-4 - 編集]
流良戒さん

>ゆかりんさま
コメントありがとうございます。昔は少年誌系を目指していたのでそう言われるのが苦手だったのですが(トラウマもあり)でも今は自分が好きで描きたい絵ならそれでいいんじゃないかなと思い少女漫画っぽい感じも視野に入れて描いてます。
キラキラにハート・・女子心。そう言っていただけると嬉しいです本人はゾンビのような干物なので(←)ゆかりんさまの夜宵ちゃんのような変身生活にあこがれなんか転生に返信と乙女をつめたような気がします(割と覚えてないですがマナミさんは乙女の塊のようなイメージで描いているので)そして嬉しい!ゾンビになってもマナミさんは可愛い!!!嬉しいです・・凄く嬉しい私もそう思いながらゾンマナちゃんを描いてたので(あの子はマナミさんから生まれた少しお姉さんな保護意識の強いそんなイメージをこめたので)好感持っていただけた!?と嬉しく思います有難うございます。

本当コメント頂いただけでも嬉しいのに本当お優しいお言葉を有難うございますお返事が遅くなりましたが凄く元気分けてもらえた気がします頑張ろうと思います、有難うございます^^

2021年06月10日(木) [No.009170-5 - 編集]

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力)

URL:



[No.009170通報]

お絵かき掲示板Art.net

・ 創作オリキャラ投稿&交流お絵かき掲示板【オリキャラclub! OCF】

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。