お絵かき掲示板Art.net
オリキャラclub!OCP
燕樂(えんらく/リメイクVer)
イラスト「」
キャラプロフィル
OCP番号:
名前燕樂(えんらく/リメイクVer)
年齢24 才
性別
身長175 cm
体重62 kg
種族人間
性格お気楽そうに見えて実はキレ者
特技頭脳戦・心理戦
弱点家事全般・寒いところ
カテゴリカッコイイ系


●説明書●


こことはちょっと違う世界のお話。

伽羅や飛鳥の師範代。ひょっとこ面を装備。
二人からはマスターと呼ばれており、本名は「燕樂(えんらく)」。
世の盗賊やら悪人をやっつける正義の味方。
普段はそこらにいる男性となんら変わりはないが、
ひとたび仮面をつければ正義の師範代に大変身。

普段はケタケタと陽気に笑っているが、実は頭がキレる上に本心をなかなか見せない。
ちなみにIQは150以上ある、かなりのキレ者。
ただし不器用なためにお裁縫や料理、家事はてんで苦手。
それなりの顔立ちだが見た目には気を使わないのか、着物はツギハギのぼろぼろ。
寒がりなために肩に変なデザインの風呂敷を羽織っていることも。

戦闘は伽羅と飛鳥に任せているため、主に指令や作戦を考える役目。
二人だけでは危険だと判断した時のみ、戦闘に参加します。
腰につけた赤いひょうたん(脈打ってます)で、悪人を吸い込み閉じ込める。
何日か閉じ込め反省した後にひょうたんから出してあげますよ。

ひょっとこ面をかぶりながら戦っているので、世間の人々は燕樂の素顔を知らないでいる。
ので、村や町を散歩していても飛鳥の実態を知る者はなかなかいない。

弟子の伽羅、飛鳥とともに生活をしていて、日々二人の鍛錬に付き合っている。


●容姿説明●
お面→ひょっとこ面
髪型→もふっとパーマのかかったような髪をしている。クシも使わないのでかなりの無造作ヘア。
武器→腰につけた赤いひょうたん(脈打ってます)で、悪人を吸い込み閉じ込める。
ファッションにはあまり気を使わないのか継ぎはぎになった着物を着ている。(破れたら飛鳥に縫ってもらいます。笑)
寒がり故、これもまたファッションを気にしないせいかあまりセンスの感じられない風呂敷をマントのようにして羽織っている。
あまり目が良くないので、本を読む時や字を書く時はメガネを装備。
何か労力を使ったあとは必ず煙管(キセル)で一服する。



●台詞集●
俺ね、燕樂っていうんだ。マスターでいいヨ。
んじゃあさ、伽羅は配置A、飛鳥は配置Cについて敵をドッカーンしてねん。
飛鳥ー、理屈だとここをこうすれば綺麗に林檎剥けるハズなんだけど、なんか出来んのよ。
…こーら伽羅、これ壊したの伽羅だよネ?
うっわあ寒い、ほんと寒い。
…二人にはちょーっとキツいか。しょうがない、俺が殺るかなぁ。
伽羅も飛鳥も、大事な大事な俺の弟子だからネ。


-----------------------------------------------

こんにちは、ひよこ。です。
お面シリーズリメイク、第二段です。
性格、設定共に前の飛鳥と同じですが、服装のみ新しいです。
次は敵キャラにあたる杏子(リメイクVer)を描かせていただきます。

貴重なスペースありがとうございましたv

作者: ひよこ。さん [作者検索]

No.008503 [編集/削除]

500 x 400 (136 kb)/ShiPainter/Q:2 2010年10月22日(金)


fan illustration.

かま吉さん

こんばんは、レス失礼します^^
燕樂さんちょっと気だるげな雰囲気を出していますが、IQ150以上なんですね!わ、分けて欲しい^^;
武器がひょうたんであったり、個性的な衣装がとてもカッコいいです!
個人的に語尾に付ける「ネ」が可愛すぎるのですが…///
それでは素敵なお子様、ご馳走様でしたノシ

2010年03月16日(火) [No.8503-1 - 編集]
エア。さん

こんにちは、レス失礼します。
続々とリメイクが描かれてて、前の服装と合わせて見るのがとても楽しいですv
燕樂さん、より性格にあった派手さが加わってていいですね^^
ボロい服の中に華やかさを持ってこれるのは単純に凄いなぁとうなってしまいました。
素敵キャラごちです〜。

2010年03月17日(水) [No.8503-2 - 編集]

投稿から1年以上過ぎたログにはコメントできません

[No.008503通報]

お絵かき掲示板Art.net

作者検索

・ 創作オリキャラ投稿&交流お絵かき掲示板【オリキャラclub! OCP】

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。