Amazon.co.jpロゴ


お絵かき掲示板Art.net塗り絵掲示板 > 「告知。」ぎんの字さん
ぎんの字さん 告知。
イラスト「告知。」

Ihr stürzt nieder, Millionen?
Ahnest du den Schöpfer, Welt?
Such' ihn über'm Sternenzelt!
Über Sternen muß er wohnen.
(「An die Freude」より)

−−−−−−−−−−−−−−−

夜分遅くに失礼します。

まずは、塗らせていただくにあたって、サイズ変更およびコピー、反転の許可をくださいました管理人さま、線画主さまに
厚くお礼申し上げます。

こちらのの線画をお借りして塗り始めたのが立秋を過ぎた頃。
あ〜でもない、こ〜でもないと塗っているうちに、季節は遷り変わってようやく完成させることができました。

こちらの線画を拝見したとき、大きな絵の一部のように思えて、画面を広げたくなったのが塗ろうと思ったきっかけです。
反転させて狂いのないところ、線が綺麗に閉じていたところ、etc、凄い!の連続でした。

冒頭の詩は、ベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章で歌われ、演奏される第一主題のラスト部分。
塗っている間ずっとこの曲が頭をぐるぐるしていたので。
タイトルはユリを加筆した時点で決まっていました・笑

イメージを固めるために、初めはステンドグラスをWeb上で閲覧していたのですが、なんか、ちがうな、と。
行き着いた先は「ゴブラン織り」。
「塗る」というよりは「織る」といった感覚に近いものがあって、楽しかったです。

素敵な線画をありがとうございました。

工程数100,308/描画時間は塗りコン会場で1日+18時間を加算して3日+3時間

  • この線画を塗ろうと思った理由は何ですか?
  • 枠の外に広がる世界を見てみたいと思ったから。
  • うまく塗れたのはどこですか?
  • 瞳。
  • むずかしかったけど頑張ったのはどこですか?
  • バランス?
  • どんな感想をもらえると嬉しいですか?
  • 不要:イラストを見てもらえれば十分満足です。

No. 090327 Artworks by. 塗り絵:ぎんの字さん 線画.ラングさん 作者検索 [もどる]

[編集/削除] イラストサイズ: 800 * 800 (120 kb)/up+shipainter 2014年12月08日(月)



ヨヲさん

こんにちは、ぎんの字さん^^ついに完成されたのですね。おめでとうございます!
塗りコン途中保存時から線画サイズの4倍の大きさになっていて、どういう風に作品を広げられていくのだろうととても気になっていました。
線画作品を大きな絵の一部分と捉えられていてストンと腑に落ちたというか、繰り返す事でまとまりを持ってくる、さながら曼陀羅図絵のような美しさを感じています。
それにしても気の遠くなるような作業ですね・・・!
いくらコピー機能を使っても、元のパートの密度が高くなければここまでの説得力は出し得ないと思います。
初見でパッと目に入った時、熟練工が貼ったタイル壁画のようだと思ったのですが、ゴブラン織りとお聞きし、確かにこの幾何学的な模様の動きは織物のそれだわと得心した次第です。
その幾何学模様を中間色の比較的おとなし目の色味でまとめ上げられているところに、ぎんの字さんの渋いセンスが光っていると思いました。
どれだけ拡大して拝見してもドット絵だから全然ぼやけないんですよね。
隣り合った同系色がリズミカルなパターンを作り出していてとても綺麗に映ります!
それから加筆のモチーフがマドンナリリー!
自分も今百合を描くのにハマっているのでガッツリ食い付きました^^
受胎告知の象徴の花ですね。紋章も百合の花モチーフのもので、百合尽くしバンザイです(^▽^)/
模様が綾なす色の妙味が見応えのある大作、堪能させていただきました!
そして長時間の作成、お疲れ様でございました!
ゆっくり休まれて下さいネ。私は別会場でお待ちいたしております(←コラ)

アップ塗り絵は傑作チョイス非対応なんですね。ぐぬぬ・・・、ギリギリ歯ぎしり><
いえ、私は何度でも押しますよ。心の中の推薦ボタンを・・・!

更新:2014年12月06日(土) [No.090327-1 - 編集]
拍手レス 感動しました。 2014年12月06日(土) 18:57 隠れファン
ぎんの字さん

>ヨヲさん
こんばんは〜、ありがとうございます!ようやく完成しました(;´Д`)
予定では11月1回目の三連休に仕上がるはずだったのですががが・・・orz
ラングさんの線画を見たとき、上下左右に反転させたイメージを思いつきまして。
思い切って、お願いしてみたところ、許可をいただけました。
実際にやってみて、思い通りのイメージが画面に現れたときは嬉しかったですね〜
曼荼羅、あ、それ、塗っているときに自分も感じました。
曼荼羅のような世界の表現には程遠いですが。

ステンドグラスかモザイクかで迷って、線画が鉛筆だったので、ステンドグラスかな〜と思いつつ、画像検索でつらつら閲覧していたのですが、塗りのイメージが固まらなくて。
むしろ、織物かな?→ゴブラン織りってどんなんだったけ?→画像検索、でした。
アンティークのゴブラン織り、密度が凄いですね@@;
織り目の拡大写真とかもあったので、ポチポチドットの参考にさせてもらいました。

地色のオレンジ系とその反転色の青に近いパープル系は何も考えずに選んだのですが、今思えば、夏に入手したサイケデリックアートの画集の影響だったかも。
草間彌生さんが最近のマイブームだったりとか。
地色2色が補色なので、模様は乗算レイヤーを使って同系色から色を作りました。他の色を使うことも考えたのですが、合わなかったんですよねぇ、これが。壮絶に・笑

「隣り合った同系色がリズミカルなパターンを作り出し」←一番気を使ったところです、気づいていただけて報われました(;´Д`)
しぃのテクスチャを使うことも考えたんですが、パターンが限られてくるし、単調になるし。
それだとなんだかつまらない、ということで、少しずつ、パターンを変えていきました。
仰る通り、気が遠くなりそうでしたが、パターンによっては、木目調にみえたり、羽根模様にみえたり、いろいろ得られたものが多かったです。
後悔はしていない←

ここに加筆するなら、なんだろう?→ユリ。
ほぼ即決だったのですが、ユリ〜、ユリ〜、受胎告知、ベタだなぁ、うまく描けないなぁ、他の花にしようかなぁ、でも結局ユリでした。
カサブランカにルレーブ、大輪のユリも見応えがあってステキなのですが、意外と鉄砲百合も好き^^
実家の青空駐車場付近一帯、鉄砲百合だらけにしたことがあります。
ほとんど手を掛けてなかったんですが、球根が勝手に増えたのか、ユリだらけになったことがありました。
スカシユリも素敵ですね。
意外と香りが苦手な方がいらっしゃいますが、私は大好きだなぁ。
花粉だけはいただけませんが。

お気遣いありがとうございます。少々出遅れましたが、これから別会場へと向かわさせていただきます^^

傑作チョイス・・・@@;いえ、お気持ちだけで十分です^^



たくさんの拍手、また、感動してくださった方、ありがとうございました^^

2014年12月07日(日) [No.090327-3 - 編集]
拍手レス 好きな感じ。 2014年12月09日(火) 00:14 隠れファン
dastonさん

こ、これは凄い!
ドット絵の神域とは、この作品を指すに違いないと思います。
計算されたトーンのパターン、色の調和、
厳かな調律に圧倒的な迫力を感じました。

「塗る」と言うよりも「織る」。
納得です。(^^

2014年12月10日(水) [No.090327-5 - 編集]
ぎんの字さん

>dastonさん
もったいないお言葉、ありがとうございます^^
ド根性フラグを立ててがんばった甲斐がありました。
何も考えずにひたすらポチってました。ドット描画中って、無心になれる不思議。
悟りも開けそうでしたよ←言い過ぎ

オレンジとグリーンのかぼちゃカラーにオンレジの反転色青紫とか。
大丈夫かと思われているんじゃないかと。
調和しているんですね。よかった^^

厳かな雰囲気、迫力は線画自体が持っている力じゃないかな。
dastonさんに感じていただけたということは、それを台無しにしなかったということですね。

織物をやったことはありませんが(せいぜい刺繍くらい)それこそ気が遠くなる作業だと思います。
一度、本物の織物を見てみたくなりました。
縦と横の糸の組み合わせ。ドットで色を組み合わせていく作業と重なります^^



追加でいただいた拍手、好きな感じと仰ってくださった方、ありがとうございました^^

2014年12月10日(水) [No.090327-6 - 編集]
ラングさん

ぎんの字さん、こんばんは!完成おめでとうございます!
大変遅くなりましたが、線画お手に取って下さってありがとうございます!

ご連絡頂いた時から、どうなるのか楽しみにお待ちしてましたが、
作品拝見して、圧倒的な存在感に心震えて、はっと息を呑みました…!
ドットで構成されていながら柔らかさ、滑らかさを感じて。
ゴブラン織りと聞いて(ダッシュで検索して^^;)合点がいきました^^
区切りごとに異なるラインの方向や描き込みのデザインが
美しくて圧巻で。目を奪われっぱなしです…!
丁寧な描き込みが、パーツが折り重なっていく層の厚み、
重厚さを生み出しているのだと感じました。本当に素晴らしいです*´`*
糸が光を反射する時の色変化、上品な光沢のような、
下地と明るい色との色合いも綺麗で心惹かれます*´`*
中央部分等々、緻密な模様デザインも凄くかっこいい!
鳥の隣の丸い彼の神秘的な模様や瞳の色味の美しさも素敵です。
百合のボリューム感やぱっと開いた形がとても心地よくて、すごく好きです*^^*
真ん中でつぼみ部分が重なってアシンメトリーとなってるのも
味といいますか、あたたかみがあって。作品に更に惹き込まれました!

宜しければ是非、自サイトに転載させて頂きたいです。
素敵な作品に彩って下さって、本当にありがとうございました!

更新:2014年12月13日(土) [No.090327-7 - 編集]
こんにゃくさん

遅レス失礼致します。
元の線画を4倍だなんて!!まずその発想が斬新でびっくりです!
そして、紫とオレンジという難しい配色をこんなにも美しく仕上げていらっしゃって、配色センスの素敵さに憧れます!
緻密なパターンで織り成された素敵な作品を拝見させて頂き、ありがとうございました。
大作お疲れ様でした!

更新:2014年12月13日(土) [No.090327-8 - 編集]
esyさん

目からウロコの発想!凄いです!
皆さんとコメントが重複するのと、ボキャ貧で、
短文でしか言葉を送れませんが、素敵な合作に出会えて幸せです。
ぎんの字さんの見せるセンスに痺れました。
次回作も楽しみにしてます。頑張ってください^^
遅レスなので、返信不要です。

更新:2014年12月14日(日) [No.090327-9 - 編集]
mashuさん

こんばんは、遅レス失礼します(;_ _)
わわ・・・まさかこちらの線画が4倍になろうとは想像もつきませんでした( ゚д゚)
ドットでこの細かな柄を作ってらっしゃるんですよね。その労力を考えると本当に頭が下がります。
元の線画どこまでだったか何度も見に行ってしまいましたv万華鏡の様に綺麗に繋がっていてびっくりです。
元の小さなサイズでの魅せ方もセンスを問われますが、このサイズもかなりのセンスと技量が必要なので自分的にはハードルが高いです(;´Д`)
ゴブラン織りは仕事柄、目にする機会が多かったのですが、イラストでこれを表現(しかも塗り絵で)されるとは驚きの連発でした。
ぎんの字さんの本気度がひしひし伝わってくる大作が見られて眼福です!
長期間の描画本当にお疲れ様でした。
(こちらは遅いレスですのでお返事は不要です)

更新:2014年12月17日(水) [No.090327-10 - 編集]

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力します)

URL:



[090327通報]

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。
塗り絵等は共同著作物となり、線画を描いた人と、色を塗った人、お二人の著作物となります。