Amazon.co.jpロゴ


お絵かき掲示板Art.netイラストアドバイス掲示板 > 色塗りがパッとしない、下手「その他」むむさん

色塗りがパッとしない、下手 「 その他」

イラスト:オリジナル作品 画材:アイビスペイント


5年前の自分のイラストをリメイクしました。オリキャラです。(背景やキャラデザインのダサさ・謎要素は理解していますが、過去絵を再現したものですので、今回は何も言わないでください……笑)

今回アドバイス頂きたいのは色の塗り方についてです。くっきりとしたペン(Gペン等)を使って影を塗り、その境界線をぼかす。もしくはフェードで塗っています。髪の毛はスクリーンや加算発光を使っています。

ぼかしすぎると良くない、エアブラシを使いすぎるのも良くない、原色に近い色を使いすぎるのも良くない...ということは理解しているつもりです。(描き終えて保存した後、このイラストは結構色選びが悪かったなと反省しています…元データを消してしまい修正が効きませんでした)


自分のどのイラストを見ても、線画は上手くなった!と思っても色塗りが全く上達していません。YouTubeで色塗りの仕方などを見てやってみているのですが、どうにもお手本のように行きません。のっぺりしていて立体感がない、ぱっとしない印象です。

Twitterでイラストを載せた際等に、サムネでパッと目を引くのはやはり色塗りだと思うのです……。目に止まるような色の塗り方をしたいです。どちらかと言うと、くっきりとした感じです。

まとめると、@のっぺりして見えないような塗り方……具体的なペンの種類や方法を教えて頂きたいです。

A影の色の選び方も曖昧になっています。好きな絵師さんのメイキングを見た際、肌や服も全て同じ色で影を塗っていました。乗算です。同じ色で良いんだ!と思い実践したことがあるのですが、肌の影が気持ち悪くなってしまいやめました。影の色の選び方なども教えていただけると幸いです。

長文乱文失礼しました。

どなたでもこの絵に加筆してアドバイスできます。

むむさん 検索 [お名前検索] 同じ質問ジャンルを検索 [その他]
イラスト:オリジナル作品 画材:アイビスペイント No.004417 - 2021年06月03日(木) [編集/削除]

Res.004417-1
すがりさん


571×959

むむさんはじめまして。
質問からは少しずれてしまうのかもしれませんが、色塗りの際に自分が気を付けているポイントをお伝えできればと思い、アドバイスさせていただきます。

@のっぺりしている に関して
色合いの問題が大きいように感じます。影の色が薄く、顔周りのコントラストが弱いため、人物絵で最も重要である顔部分に視線がいきにくくなっています。また、服のハート型の部分に黒色が使われており、その部分だけ異様に明暗がはっきりしすぎているので、余計にのっぺりした感じが際立つのだと思います。
改善方法としては、顔周り以外のコントラストを弱めること、目立つ色を置かないこと。(スクリーンレイヤーで色を薄めたり、彩度を落としたり方法は色々です)逆に、顔周りは影とハイライトをハッキリとさせて視線がいくようにしたほうが良いかと思います。

A影の選び方 に関して
慣れないうちは、顔周りは赤っぽい色を、他の部分は薄めの紫や青色を乗算で重ねるのが良いかと思われます。色相を変えることができるなら、一度色を塗ってから色相をいじり、しっくりくる色を探してみると自分好みの影ができると思います。


最後に、主に顔周りを少しだけ直した絵を置いておきます。
顔部分の情報量を増やし、主線の色とハイライトを変えて、視線がまず顔にいくようにしています。加えて、顔周り以外で目立つ箇所(服のハート部分、髪のハイライトと青み、腰のリボン、背景)を目立たなくしました。
絵全体の彩度と明度もやや落とし、余白部分を狭めています。

何かの参考になれば幸いです。

2021年06月04日(金) [No.004417-1 - 編集]
Res.004417-2
mさん


768×1024

むむさん初めまして!mと申します。
リメイクイラストを初めて拝見した際、おっしゃられているほど下手、と感じませんでした。
とても綺麗な色使いですし、丁寧に描かれていると思います!

その上でお悩みの@のっぺり見えない描き方に対して、
こうなると良いかもしれないと気づいた点を加筆させていただきました、、
よかったら参考の一つとして見ていただければ嬉しいです。

◼️ 素材ごとに色の塗り方を分ける
全体的に塗り方を統一されているように見受けられましたが、
服と肌、髪の毛は性質が違いますので、それぞれ塗り方も異なってくる箇所が出てきます。
例として、頭についているおおきなリボン(服と色が一緒でかわいいです*^^*)を
リボンっぽく塗らせていただきました。
伝われば嬉しいですが、こんな感じで素材ごとに影や光の当たり方が変わります。
それぞれ「服 塗り方」「花 塗り方」などで検索すると、それに特化したメイキングなど出てくるとおもいますので 、その中でむむさんの画風に合うものを選んでいければ良いと思います。
(ちなみに今回の塗りや影は全て投げなわツールで行ってます)

◼️ 奥行きを表現する。
「立体感」とありましたが、
「奥にあるもの(今回は左側の髪の毛)」や、
「暗くなる所(耳の後ろから流れる髪の毛とその下の背中、胸の下、左肘の下など)」に
薄い灰色などで構いませんので乗算で大きな面積の影を入れると
お顔や目の前にある腕などとメリハリがつくと思います。
もしくは一番奥にある髪の毛は背景に馴染ませる感じにしてもお顔が際立つと思います。

◼️おまけ 画像などの素材を使った場合は絵に馴染ませる
これはお悩みの中になかったので補足となりますが、今回のイラストに貼り付けされている画像?
の彩度が高めで、かつ線画や塗りには使われていない黒が大きく入ったりしているので
お顔よりも先にそこへ目がいってしまいます。
画像の彩度をさげたり、ぼかしたり、他の色と馴染むような工夫をすると
他の可愛い要素に視線が行くようになるかなと感じました。

長くなり読みづらいかもしれません、すみません。
一つでも解決に繋がるものがあれば嬉しいです。
色遣いやグラデーションなどとっても素敵です!頑張ってください!
返信不要です!

2021年06月04日(金) [No.004417-2 - 編集]
Res.004417-3
むむさん

すがりさん>>塗って頂いたイラスト見た時、自分のイラストじゃないように見えてとても驚きました……!色塗りの大事さを痛感しました。たしかに顔周りのコントラスト、かなり大切ですね。お恥ずかしながら言われるまで気が付かなかったのですが、たしかに服のハートの黒い部分がかなり気になりました。影の色の選び方についても参考になります。これから色塗りするのが楽しみです…!ご丁寧にありがとうございました!

2021年06月04日(金) [No.004417-3 - 編集]
Res.004417-4
むむさん

mさん>>褒めて頂いて元気が出ました(><)(最近、色塗りがしたくないレベルで落ち込んでいたので有難いです)
たしかに素材ごとに色塗りの仕方を変える、という視点は全く持っていませんでした……。質感が違うなら影の落ち方も違うのは当たり前ですね。頑張ります…!また、先程も別の方にも指摘されていた「ハートの黒い部分」がやはり目につくんだなとしみじみ実感しました。第三者に見てもらうことの大切さも実感しています。おまけも大変参考になりました……!これから色塗りすることが楽しくなりそうです。ご丁寧にありがとうございました!

2021年06月04日(金) [No.004417-4 - 編集]
Res.004417-5
はぐパンさん

率直なところ、あなたは色彩のコントラストという概念を失いつつあるのではと感じました。
肌、髪、服、背景がぜーんぶ似たような明度と彩度の範囲内にあって、全部が調和し全部が埋没しています。

明度と彩度を寄せるのは、色彩を調和させるのに一番安易な方法で、かつ危険でもある方法だと思います^^;;

ちょっとショックな見方かもしれませんが、あなたの塗りは、その技術だけがうまくなって、ある意味、「本当の色彩感覚が後退している」ように私の目には映りました。

これに一度はまると対処療法をくりかえしても似たような結果に終わると思います。……というより、描けば描くほど埋没する方法に無自覚にもっていってしまうのでは……。

まず、肌と背景の両方において、陰影、つまり濃い部分と薄い部分の変化幅が全く同じです。そしてドレスは「ほんのちょっと同系色を濃い目にしただけ」。こんな色の使い方をしていて何かが引き立つなんてことは起こりようもないです。

これが例えば、背景が深い緑の森、あるいはコバルトブルーの海、あるいは服が真っ白であったならば、絶対どれかが引き立つし、少なくとも全部が埋没するようなことはないと思います。

人は緑の中にある赤い花を見て美しいと思う、そういう対比の美しさを忘れてしまうと、対立を恐れるあまり似たような色しか使えなくなる。

思い切りが必要なのでは?

背景(and/or)服変えるだけでだいぶ変わるんじゃないですかね……。

2021年06月04日(金) [No.004417-5 - 編集]
Res.004417-6
ぼんぼこぼんさん


768×1024

むむさん、こんにちは。
これは好き?

更新:2021年06月04日(金) [No.004417-6 - 編集]
Res.004417-7
むむさん

はぐパンさん>>率直な意見ありがとうございます。たしかにショックでしたが、自分を見直すきっかけになって良かったです。実際、配色よりも色塗りの技術ばかり検索して見ていたように思います。全てのモチーフを同じような明度と彩度にするのは、良くいえば統一感が出やすく、悪くいえば埋もれてしまうということですね……。
・配色の仕方を考えること(メインカラーやサブカラー、アクセントカラーについてなどの先程動画を漁ってきました)
・ものによって、濃い部分と薄い部分の変化幅をつける
このふたつを意識することがまずスタート地点でしょうか?他に何かありましたら教えて頂けると嬉しいです。

2021年06月04日(金) [No.004417-7 - 編集]
Res.004417-8
むむさん

ぼんぼこぼんさん>>くっきりして目を引く点では好きですが、彩度がちょっと高いなと感じました。でもリボンの張りと滑らかさが強調されているような部分はとても好きです!

2021年06月04日(金) [No.004417-8 - 編集]
Res.004417-9
ぼんぼこぼんさん


768×1024

じゃあこれくらいかな。

私的に、むむさんの今回の配色は『地獄塗り』と呼んでいる配色です。

2021年06月04日(金) [No.004417-9 - 編集]
Res.004417-10
はぐパンさん

ちょっと横から失礼しますが^^;; ぽんぽこんさんの最初の修正案、私の目にはめっちゃ「グッジョブ」に映りました。これを彩度がきついと感じるというのは──感覚は人それぞれなので強制はできないのですが──「理想としている彩度」がかなりゆるいものであるという事なのかなぁ……。
しかしあなたの一月二月の投稿では、ここにあるような問題は感じられませんでした。(ちなみにこの絵に関しても、オリジナルの方が好みです)
何かあったんでしょうか?^^;;
一種こう、硬くなった体をストレッチするような練習が必要なのでは……。
うーん……私の思いつく限りではですが、コントラストの美しい絵をたくさん観ることからはじめたらどうでしょうか? 技術を吸収しても、意識が変わらないと解決にならないかもしれないので。例えばフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」って名画がありますが、あれ、めっちゃコントラストが綺麗ですよね。個人的には、イラストを見るよりも、そういう古典絵画を見た方がいい気がします……。イラスト系だと似たような部分を強調して吸収してしまうかもしれないので……。
(しかし最後はあなたの好みなのでこれも強制はできないです・笑)

更新:2021年06月04日(金) [No.004417-10 - 編集]

URL:

むむさんの記事No004417にコメントを書き込みます。
アドバイスも、お礼コメントも、この記事に関連する書き込みは、すべてこちらから投稿します。

コメント

お名前 (未記入は名無しさんになります)
編集用パスワード:
画像添付

1つのコメントに1〜4枚の画像を添付できます [コメント投稿の使い方]

[img1]
[img2]
[img3]
[img4]

[004417通報]


2021年06月04日
2021年02月27日
2021年01月06日


無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。