Amazon.co.jpロゴ


お絵かき掲示板Art.netイラストアドバイス掲示板 > 背景とキャラの方向が合わない「静物・背景・風景」しゃけさん

背景とキャラの方向が合わない 「 静物・背景・風景」

ファンアート:テニスの王子様 画材:CLIP STUDIO PAINT

イラストNo. 004469-0
OriginalSize.1041 * 1473


画像ダウンロード[img1]

これから書き込んで、テニスの王子様の越前リョーマくんになるはずの絵です。
「廊下で転んでしまった人に手を差し出している」イラストが描きたいのですが、背景がしっくり来ません。(パース定規を使い、ガウスぼかしをしました。)
どういう角度で描いたら人物の方向に合う背景になるでしょうか?
人物も背景も位置関係を見たかったので大ラフ状態ですみません。はやく細かく書き込める状態にしたいです。

どなたでもこの絵に加筆してアドバイスできます。

しゃけさん 検索 [お名前検索] 同じ質問ジャンルを検索 [静物・背景・風景]
ファンアート:テニスの王子様 画材:CLIP STUDIO PAINT No.004469 - 2021年07月27日(火) [編集/削除]

Res.004469-1
しゃけさん


2121×3000

背景無しの画像です。

2021年07月27日(火) [No.004469-1 - 編集]
Res.004469-2
はぐパンさん


659×869

また難しい角度を選びましたな……^^;;;
まずは「転んだ人目線に近いところから見上げている」解釈でいかせていただきました。

するとまず気がつくのは、緑の掲示板を仕切る下の線が、原画の角度だと上から見下ろしてる感じになってしまっているのですね。
すると、「床に近い位置から見上げている感じの天井」と整合性がとれません。

私自身、ここから直すのは難しいと感じましたので、転んでいる人物を描き足して、そこから壁と床の境界(A)を逆算(ここは視点に近いので平行に近くなるはず)、そこからさらにBの角度を割り出しました。
断っときますが直線を画面の外に伸ばして正確に遠近技法を使ったわけではないです。「感覚」です。ご了承ください。

もっと厳密に言うと、手の遠近(大きい)と転んでる人との整合性がとれてませんが、そこは漫画的表現として見逃していただくとして……。

張り紙Cは、「掲示板にべったり張り付いている」解釈をしました。

原画の天井はやや極端な見上げ角度になっており、そのせいで壁との接点が直角になってる感じがしない(画面右上に向かって蓋のように開いているように感じる)ので、照明カバーの角度(D)を微調整しました。

最後に、左目が画面左上に引っ張られすぎているように感じたのでそこもなおしました。

以上です。
あくまで私個人が「より自然に感じる」解釈でいかせていただきましたので、これが絶対に正しいとかそういうつもりはありません。参考程度にご覧くださいませ。

更新:2021年07月28日(水) [No.004469-2 - 編集]
Res.004469-3
はぐパンさん


1437×600

Cの部分が気に入らなかったので描きなおしました。
私はパース定規というものも使った事ないし(汗)なんかいろいろ怪しいですが、ざっくりとこんな風に考えているという参考になれば幸いです^^;;

Dの角度は感覚的に、これで直角なんじゃないかな?という角度を割り出してください(他にやり方を知らないれふ!^^;;)

アイレベル(青)がこんな位置にあると感じたのは、原画の少年の頭が天井にかかっているからです。よほど低い天井でない限り、かなり低い位置からでないとそうは見えないかな、と。
逆に掲示板の見え方を基準にしてしまうと、アイレベルは手のあたりになりますかね……。
そうなると天井はもっと上の方にいっちゃうかなぁと思うのです。
いずれにしろ難しいですね^^;;

2021年07月28日(水) [No.004469-3 - 編集]
Res.004469-4
しゃけさん

お返事遅くなってしまいごめんなさい。難しいものを描いている自覚がありませんでした…なるほどできないはずです😓アドバイス参考にさせて頂き、進めていきたいです。どうもありがとうございました😊

2021年07月28日(水) [No.004469-4 - 編集]

この記事は最終更新から60日過ぎているためコメント出来ません。
質問投稿者さんは編集からコメント受付を再開する事もできます。

[004469通報]




無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。