Amazon.co.jpロゴ


お絵かき掲示板Art.netイラストアドバイス掲示板 > 絵の上達法はやはり模写しかないですか?「人物全身」るななんさん

絵の上達法はやはり模写しかないですか? 「 人物全身」

イラスト:オリジナル作品 画材:鉛筆

イラストNo. 004518-0
OriginalSize.1024 * 726


画像ダウンロード[img1]

絵の練習するのに模写してもそっくりになかなかかけなくて頓挫してしまいます。もしコツとかあったら教えてください。もしなければ違う方法あるならおしえてください。
ただし目標とする絵師ひとりにしぼるとします。

どなたでもこの絵に加筆してアドバイスできます。

るななんさん 検索 [お名前検索] 同じ質問ジャンルを検索 [人物全身]
イラスト:オリジナル作品 画材:鉛筆 No.004518 - 2021年09月05日(日) [編集/削除]

Res.004518-1
とおりすがりーさん

グリッド模写すると良いかな、と思いますよ
一枚の絵をグリッドで分割して、そのマスの中身ごとに書き写すという模写方法です。

詳しくは「グリッド模写」で検索。
または、よー清水さんの書籍「絵がふつうに上手くなる本」でかなり詳しく解説されてます!

「絵がふつうに上手くなる本」は模写だけでなく、
一枚の絵や写真から、どの角度でも絵を描けるようになるためのテクニックなども解説されてます!
まじで良い本なので買って損なし!(ダイマ)
お小遣いで買えないなら図書館にリクエストして借りてでも読んで欲しい!

2021年09月05日(日) [No.004518-1 - 編集]
Res.004518-2
だらだらさん

こんばんは、コメント失礼します。
模写は上達するための一つの手段としてかなり「アリ」だと思います。

ただ、ですよ?

単に模写するだけでは上手くならないと思うのです。

やっぱりやる気が出ないと、楽しくないですよね。
楽しくないと、描くのが嫌になりますよね。
嫌になると、描かない(もしくは練習が義務)になりますよね。

じゃあやる気を出すにはどうすればいいかっていうと、それはやっぱり

「好きな絵を見つける」こと

だと思います。

そして、その好きな絵を模写するんです。
その絵のなにが好きなのか。
目がきれい。
腕がしなやか。
線画が美しい。
こんな風に描きたい。
そう感じて、どう上手くなりたいのかハッキリ意識した上で模写をする。
完全な模写に意味はありません。
模写をして、その絵のどこを学びたかったのか。

一つでも「分かった」があれば、(たとえ全く似ていなかったとしても)その模写は大成功。

模写って絵の上達には凄く効率的だなあって、個人的には思っています。
コツっていうにはあまりに曖昧になってしまいましたが、一つの意見として聞いて頂ければと思います^^

更新:2021年09月08日(水) [No.004518-2 - 編集]
Res.004518-4
なし氏さん

自分は模写しないのですが、一応少しは上手くなっていってるのかなーという感じもしてるので、模写しなくても多少上手くはなれると思います。
模写しないメリットは他の方の絵を純粋に楽しめる事と、資料に無いものも描ける事。
デメリットは何を描いたかわかってもらえない事があってファンアートには向かない事と、上達するのが遅い事。
模写しないのにもするのにもメリットはありますので好きな方を選ぶと良いと思います! 応援してますっ。

2021年09月08日(水) [No.004518-4 - 編集]
Res.004518-5
るななんさん

だらだらさん、発見するのが難しい場合はどうすれば
いいですか? わたしかなり難易度たかい漫画を模写して
自分のものにしたいですが、したところで、線自体おかしいとか
バランスおかしいなとかしか漠然としたものしかみつかりません。

2021年09月08日(水) [No.004518-5 - 編集]
Res.004518-6
だらだらさん

こんにちは。長いので心して下さいね(笑)

その漫画家さんの絵が好きで、どうしても近付きたい感じでしょうか。

まず線がおかしい、バランスがおかしいと感じられたとのことですが、これは重要な違和感ですよ。
「おかしい」と感じるのは、上手くなる余地がある証拠です。

前置きはさておき

今のるななんさんの状態は、元の絵と全く似ていなくて「もうどうしたらいいんだコレ……」みたいな感じだと(勝手に)推測します。


1つ、やり方を提示してみます。

@一度行った模写と、同じものをもう一度模写してみる
元絵に完全に似せる必要はないと思いますが、全く似ていないとやる気がでない、というのも凄く分かります。
もう一度同じ絵を模写してみましょう。
そうすれば、一回目のときと少し変化があるはずです。
不満があれば、もう一度模写してみましょう。
回数を重ねると、より元絵に近付いてくるはずです。

似てきたら嬉しいですよね。


※※※ここからは模写が苦痛でなければ読み進めて下さい※※※

A描けば全てが上手くなっていく、という考えを取っ払いましょう

この模写、何回かやっていると、特に苦手な箇所というのが出てくると思います。
例えば、目、顔の輪郭、髪(さらさら感とか)腕、脚、手足の指(ここが激ムズ)身体のバランスもろもろあると思います。

「いや、それ結局全部だよ、そんなにできるわけないよ」

と思うことになると思います。
いや、これは当然の疑問です。

何の道具もなしに身の丈を超える大きな壁を登れと言われたって登れるわけない(なんの話だ)ですよね。
どうしたらいいかというと、壁に登るための「くい」を少しづつ打っていったらいいのです。

絵って、描き続けていれば全部が上手くなるわけではないんですよね。
一個一個クリアしていって全体の絵が上手くなっていく(天才は例外です)


顔をきれいに描きたいから、今は顔だけを練習する。
その中でも目が特に上手く描きたいから、目を練習する。
というように、目標を小さくしていくんです。
目がある程度描けるようになっていったから、次は輪郭だ!
という具合に、です。後は野となれ山となれ()

そうして、模写の精度を上げると同時に、余力があれば、

Bある程度元絵に近づけて満足できたら、同じ構図でオリジナルを描いてみる
をしてみて下さい。そして、元絵と比べてみて下さい。
目標にしている元絵と対象させると、より改善点が見えてくると思いますよ。
そこでまた次の小さな目標を立てるわけですね。

そうして、また@に戻ります。
@→A→B
の繰り返しです。

ときに、「もうこんな堅苦しいの嫌だし、好きなオリジナルを描きたい!!」
ってなると思います。模写なんか二度としたくない、と思うときがきます。

なら、模写するのを止めて好きなものを描きましょう。
「好きこそ物の上手なれ」です。
模写をしないからといって、上手くならないわけではありません。もっと他のやり方もあるはずです。

好きなもの、オリジナルを描いている内に「やっぱり自分の絵が気になる」「より上手く描きたい」ってなったときに、また模写を検討してみましょう。


※※※

あと、一つ。別に覚えなくてもいいですが、
模写の意味は「作者の気持ちをトレース」することだと思っています。
どういう意図でその人が描いたかを模写によって知る行為なわけです。
それを知って、自分のオリジナルにどう活かしていくか。
ここが、ポイントだと思います。

2021年09月08日(水) [No.004518-6 - 編集]
Res.004518-7
るななんさん

だらだらさん
コメントが隠れないうちに質問します。
わたしはよく、描きなれないポーズをよく
描こうとします。とはいいつつ立ち絵もまともに
描けたことないですが。想像して具現化するのが
難しい場合どうすればいいですか。資料みればいいと
よくいわれますが、結局資料みても無理矢理想像膨らまして
具現化させようとしないと、むりじゃないですか?
絵師の方は模写いっぱいこなしたあとで想像が、できあが
ってくるのでしょうか?あと、ワンパターンの法則に従った
ほうがいいのでしょうか?無理矢理ポーズを歪ませるのは
そもそも破綻した考えなのでしょうか?ワンパターンの法則とゆうのは、漫画に書かれている横顔のときの腕のかんじや、首の感じ、脚の感じなどです。

2021年09月09日(木) [No.004518-7 - 編集]
Res.004518-8
だらだらさん

こんにちは!

大前提なのですが
「絵は一回描いたら上手くなる」
とは限らないので注意です。
基本は積み重ねです。
まず途中で終わらせず、絵を完成させるというのを目標にしてみましょう。

それはさておき。

結論から言うと、やはり「資料を用意する」ということになります。自分がはっきりとわからないものは描けません。
まず、描きたいポーズを描くには「自撮り」が必要です。
自分の身体を摸写する感じですね。
その後に、好きな服を着せます。
その、好きな服も何枚も画像を探してオリジナルを作っていきます。



>想像して具現化するのが
難しい場合どうすればいいですか

これはですね、お考えの通り「想像して描くのは難しい」のです。
どんなに上手い人でも、何も見ずに想像で描くのは出来ないはずです。
「神絵師はあれだけのオリジナリティの塊どうやって表現してるの?」となると思いますが、それはやはり

小さい物事(練習)の積み重ね

と言えます。
例えばファンタジー系の絵が好きな人がいたとします。
その人が摸写を積み重ねていくと、色んな服、鎧、剣の形を摸写を通して見て描くことになります。
すると、自分の中にファンタジー系の服装、装飾品のストックが出来あがっていきます。
その中から、いろいろ混ぜて「自分だけのオリジナル」を作っていきます。
オリジナルを描く、というのは今までの蓄積が必要ということですね。

「やっぱりオリジナルは想像で描いているんじゃ?」

と思われるかも知れませんが、そうではありません。
今までの蓄積を含めた大体のイメージを元に、次は実物の資料を漁ります。ひとつの剣を描く場合でも、何枚、何十枚と集めているはずです。

>ワンパターンの法則に従った
ほうがいいのでしょうか?

「ワンパターンの法則」というのがもうひとつ分からないのですが、それが自分の描きたいイメージに合うなら、活用してもいいと思いますよ。
合わないならやめましょう。


>無理矢理ポーズを歪ませるのは
そもそも破綻した考えなのでしょうか

これはどういったことを指すのか分からないので、ちょっとお答えできないです(;´д`)

おそらく歪まないポーズを先に描いて描いて描きなれて、その先にあるポーズのような気がします。

最初から、自分の想像するような素晴らしい絵はまず、描けないと思って下さい。
それを描いてウキウキするために、練習して練習して地道に地道に自分の理想に近づけていくのです。


長くなったので、また分からないところがあれば聞いて下さい。

2021年09月09日(木) [No.004518-8 - 編集]
Res.004518-9
るななんさん

模写やる根気がぜんぜんないです。
どうすればいいですか?
だらだらさん。

2021年09月10日(金) [No.004518-9 - 編集]
Res.004518-10
だらだらさん

こんにちは!

最初の質問に答えていなかったですね。

>絵の上達法はやはり模写しかないですか?

ですが。
答えは「そんなことはないです」
根気、やる気が続かないのであれば模写は諦めましょう^^

無理して描いても上手くならないですし、なにより楽しくないです。
かくいう自分も、上達とかは考えずにアートネットさんに投稿したりして楽しんでましたので。
ひとまず模写は必要と思ったときにすればいいと思います。

まずは楽しく描くこと。描き続けること。

最大にして最高の上達法かもしれません。

2021年09月10日(金) [No.004518-10 - 編集]

URL:

るななんさんの記事No004518にコメントを書き込みます。
アドバイスも、お礼コメントも、この記事に関連する書き込みは、すべてこちらから投稿します。

コメント

お名前 (未記入は名無しさんになります)
編集用パスワード:
画像添付

1つのコメントに1〜4枚の画像を添付できます [コメント投稿の使い方]

[img1]
[img2]
[img3]
[img4]

[004518通報]


2021年09月12日
2021年08月18日
2021年08月05日
2021年08月03日
2021年07月31日


無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。