お絵かき掲示板Art.net
お絵かき掲示板
AMICHIさん ワンパターンも貫き通せば僕らのスタイルですよ。
イラスト「ワンパターンも貫き通せば僕らのスタイルですよ。」

こんばんは^^
お久しぶりに失礼します。

今アニメで放送されている最遊記シリーズから、三蔵を描きました。線画だけですみません><

今のシリーズから初めて観たのですが、元は続き物なのか話がいまいちわからなかったです。

そこで最初のアニメ「最遊記」からシリーズ全部のアニメを見通してみました^^根気…w

最近、男衆ばかりの物は色気を押し出す傾向がある中、ただの男の馬鹿騒ぎと男のノリを全面に押し出す感じがたまらんです。

4人共大好きですが、4人のなかでも良く刺されたり毒盛られたり攫われたりする三蔵が好きです。目つき悪くて口悪くて強がりなくせして案外ヒロインな役回りしてるのが面白いwかと言ってやっぱりリーダーなだけあって3人から慕われるカリスマ性を持つとかw

幼稚園児だった頃に始まった物語が、今も続いている…こんなに長く続く物語は、やっぱりそれだけの魅力があるのだなと思っています。

これからの4人の物語、楽しみです^^

それでは失礼します^^

※ 最遊記 (漫画・アニメ)

作者: AMICHIさん [作者検索]

CT

No.183626 [動画再生 作画アニメ] [編集/削除]

400 x 500 (119 kb)/shipainter/Q:1 /描画時間:1時間17分49秒 (4061工程) 2017年08月08日(火)

[三蔵法師] [主人公] [最遊記]

[傑作イラストに推薦]

ほなみ(honami)さん

初めまして。コメント失礼いたします。美人の三蔵さまを拝見できて嬉しいです。

彼らは重いものを背負っているけど、元気いっぱいに暴れてくれるのが良いですよね。

私は、どう進んでいこうかと悩んでいる時に「最遊記」に出合って、「自分のために生きる」という言葉に影響を受けました。
そうか「自分のために生きていい」のかと思ったら、道が開けて気持ちが楽になりました。
「自分のため」というのは自己中心ということではなく、できるだけ迷惑をかけないように責任もとりつつ、生きたいように生きるということ。

「最遊記」は私にとって特別な作品の一つです。原作者の峰倉先生が大病をされても頑張っていらっしゃるので、これからも応援していきたいです。

2017年08月08日(火) [No.183626-1 - 編集]
拍手レス 好きな感じ。 隠れファン (2017年08月09日(水))
mashuさん

こんばんは、おひさしぶりです^^
元ネタを存じ上げないのですが、随分長期間にわたって連載されているんですね。漫画はジャンプしか読んでなかったですorz
こちらのキャラクターさんは、加えたばこが渋くてカッコいい方だなぁと思いました。
タイトルになっているセリフも思わずなるほど〜どうなってしまいましたv
カッコいい三蔵さん、ご馳走様です!

2017年08月17日(木) [No.183626-3 - 編集]
香月のえるさん

こんにちは!
かっこいい三蔵が目に留まったので、誰だろうと思って見てみたら、AMICHIさんだとはw
AMICHIさんって綺麗な人(三蔵も綺麗ですが)を描くイメージが私の中であったので、意外でしたw
線が綺麗で、三蔵の美しさが際立ってます! 咥えタバコ……坊主なのにステキ!(笑

金髪紫眼ですごく綺麗なのに、タレ目で口悪くてよく危ない目に逢ってるなんて、いい意味で反則な気がしますvv そして、昔は美少年v でも、生臭坊主(笑

私も、この4人好きなんですよw 今でも漫画買って読んでますw 峰倉先生の漫画はすべて読んでますw 違う漫画ですが、私立荒磯高等学校生徒会執行部とか面白いですよw
ちなみに私は八戒派ですw あ、紅孩児も好きですw 光明三蔵法師も……言い出したら限がない。

綺麗な三蔵、ご馳走様でした!

更新:2017年09月04日(月) [No.183626-4 - 編集]
拍手レス カッコイイ! 隠れファン (2017年10月26日(木))

コメントの投稿 AMICHIさんの「ワンパターンも貫き通せば僕らのスタイルですよ。」に関するコメントや返信などを投稿

コメントの使い方

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力)

URL:

通常コメントフォーム


[No.183626通報]

お絵かき掲示板Art.net

作者検索

・ ARTNET お絵かき掲示板

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。