Amazon.co.jpロゴ


back<<
>>next

セシル中村さん 覇王の風格(パッシブスキル)
イラスト「覇王の風格(パッシブスキル)」

当初は前回(>>206182)のリベンジのつもりで描いていたのですけど、完成してみるとやっぱりバレバレな気がしたので、大人しく名前を明かして投下させて頂きます|ω・`)コソッ

という訳で、今回はシロガマさん宅【鮫島ギンジ】先輩を、何ちゃって劇画風に描かせて頂きました!(`・ω・´)>

自分のクセをどうにか隠そうと、原哲夫先生の絵を参考に造形バランスを調整した(鼻の下を伸ばしてみたり、頬骨から顎迄のラインに余り起伏を付けない様にしたり)つもり……だったのですが、それでも自分らしさが思うように隠せなかったのは、そもそも絵柄の方向性が同じ8頭身ガチムチ系だからなのでしょうか _( :3」∠)_

そんなこんなで、結局企画参加未遂に終わり、ネタとしても非常に中途半端な1枚となりましたけれども orz
それでも、鮫島先輩は是非とも描かせて頂きたいお子様のお一人でしたので、凄く……楽しかったです(*´艸`*)
改めましてシロガマさん、素敵なガチムチもといお子様、まっこと有り難うございました!(*´∀`*)



最後になりましたが、前々回【- checkmate -(>>206132)】、前回【わたしは誰でしょう?(>>206182)】の返信完了致しております(`・ω・´)>
改めまして、コメント&拍手くださった方々、まっこと有り難うございました!(*´∀`*)

作者: セシル中村さん [作者検索]

CT

No.206207 [動画再生 作画アニメ] [編集/削除]

400 x 530 (122 kb)/shipainter/Q:1 /描画時間:1分20秒 (3217工程) 2016年01月12日(火)

[パロディ] [お借りしました] [学生戦争]
まさかさん

こんばんは。レス失礼いたします。

筋肉のついた首筋、ごつごつとした表情筋の発達した顔、
目つきの悪い表情、どれも個人的にツボで目が奪われました。
かっこいい!すごく、かっこいいです!
ガチムチ好きにはたまりません。

2016年01月12日(火) [No.206207-2 - 編集]
移 渡人さん

ゴゴゴゴ…
迫力が凄いです。
そして、線とか、トーンとか、技術も凄いです。
セシル中村さんの画力があるから、
絵にこれだけの迫力が出せるんだなと思いました。
タイトルに、流石「覇王の風格」だなと、頷いてしまいました。

2016年01月13日(水) [No.206207-3 - 編集]
じぇいらさん

は、迫力が半端ないっす!そのお顔で睨まれたら萎縮してしまいそうです。((゚゚;))
トーンの扱いが上手で漫画の1コマにあっても違和感ないです!
輪郭線の太さとか、影の付け方とかに力強さを感じました。

2016年01月13日(水) [No.206207-4 - 編集]
拍手レス ネタが面白い。 2016年01月13日(水) 18:36 隠れファン
シロガマさん

こんばんわ。この度は凄いギンちゃんをありがとうございます!

すごい迫力っ。こりゃあ間違いなく子供も泣きますわ^^;
覇王の風格――覇王なんて御大層な言葉だと思われがちだろうけど、この顔を見たら納得できちゃう! 
でもって、このコマの次の瞬間には周りの人々から距離を置かれて、内心シュンとしちゃうギンちゃんが想像出来ちゃう……彼にとって凄いスキルなのか厄介なスキルなのか^^;

――にしても、本当に漫画の一コマを切り抜いた様な凄い精巧な出来ですよねぇ……
トーンの使い方とか、効果音?のデザインとか……
前々から思っていたのですが、セシル様って、本当に漫画家さんだったり、そっち系の仕事をしている――とか? (勝手な想像ですのでスル―OK

兎にも角にも、凄い威圧感満載の素敵ガチムチギンちゃんをありがとうございました!

2016年01月13日(水) [No.206207-6 - 編集]
毬屋さん

浮き出る血管、DOGEZAしたくなる眼光、風格ありすぎまする!!〈震え)
ゴッツゴツでガッチガチ、その筋肉に飛び込みたいです。
劇画鮫島さんかっこいい・・・(*´д`*)効果音も線も全てがなんという迫力ッ
このコマが収録されているコミックはいつ発売ですかねっ(゚∀゚ )フンス! 読みたすぎる・・・!
などなど想像してすごくワクワクしました!ありがとうございました^^

2016年01月16日(土) [No.206207-7 - 編集]
セシル中村さん

●拍手@1Resさん●
鮫島先輩の渋格好良さに目を付けられるとは、拍手@1Resさんとは旨い酒が飲めそうだ(`・ω・´)

●まさかさん●
どっしりとした首回り、頬骨や顎の逞しいラインくっきりな肉付き方は勿論の事、更に『目付きの悪さ』に迄着目なさるとは──まさかさんとは男性の好みが合うに違い無い(確信
そんな鮫島先輩(>>205479)は、無口な上に強面だから色々と勘違いされてしまう(主に裏世界の人間的な意味合いで)そうなのですけど、その実、仲間思いだったり子供に泣かれてしまった時はオロオロしたりと中身はとても表情豊か、そのギャップが又素敵なんですよね(*´艸`*)
今回は「敵には容赦ない」鮫島先輩の一面を描かせて頂きましたが、かっこいいとのお言葉を頂けて大変嬉しゅうござりまする!(*´∀`*)

●移 渡人さん●
>迫力
鮫島先輩はひと睨みでチンピラを黙らせる程の眼力をお持ちだそうですので、迫力はかなり意識しました!(`・ω・´)>
因みに、しぃペに於けるアナログ漫画的トーン(テクスチャ)表現に関しては「どうしてもトーン使いによる濃淡が思うように出せないなぁ(´・ω・`;)」と長らく打開策が見つからなかった自分的課題のひとつだったのですけど──最近ようやく「濃度を変えれば同じテクスチャでも濃淡の違いを表現出来るじゃまいか!」と気付き、途端色々描いてみたくなった様です _( :3」∠)_(←単純
技術画力云々だなんてお言葉を頂くには、自分は未だ未だ未熟ではありますけれども><;
恐れ多くも有り難いお言葉、痛み入ります……!

●じぇいらさん●
>輪郭線の太さとか
劇画調をイメージした1枚でしたので、主線は特にどっしりな感じになる様意識しました!(`・ω・´)>
鮫島先輩のひと睨みは、実際にチンピラをも萎縮させてしまう程の威力があるそう(※公式設定)なので、拙作からその鮫島先輩の眼力が少しでも伝わりましたら嬉しいです、有り難いお言葉の数々まっこと有り難うございます!(*´∀`*)

●拍手@5Resさん●
中途半端過ぎてネタにすらならなかったと若干凹んでいたのですけど、そのお言葉に拙者救われ申した……ッ!・゜・(つД`)・゜・

●シロガマさん●
此方こそ、いつも素敵なお子様まっこと有り難うございます!(*´∀`*)
>内心シュンとしちゃうギンちゃん
やだそれ一体何て萌えギガプロレマ(*´艸`*)←
もとい、鮫島先輩は3年生だから周囲の学生さんも彼の人となりをよく分かっていて全幅の信頼を寄せてらっしゃるだろうと思いますが、顔合わせたばかりの1年生の時分とか、色々誤解されて大変だったのかなぁ……とかね! 鮫島先輩不憫すぐる……ッ!(´;ω;`)ブワッ
そんな鮫島先輩は、プロフ拝読する限りでは城戸先輩と特別に親しい間柄──という訳でも無さそうですけど、城戸先輩のクレイジーさにも動じず冷静に対処されそうなあたり、亜子ちゃんが信頼して度々相談を持ちかけたりしてそうだなぁとか、今日もMOW-SOWが捗り丼飯が旨いです本当に有り難うございます(*`・ω・´)=3
>前々から思っていたのですが
絵は完全に趣味として描いているのですけれども、そっち系の仕事に就いているのかと問われれば──片足の親指くらいは突っ込んでる感じ(DTP関係)ですかね?
魅力的なキャラクターや物語を創造し、それを実際に小説や漫画という形で表現/発信出来る手腕をお持ちのシロガマさんにその様におっしゃって頂けるとは光栄やら恐縮やらですが>< こちらこそ嬉しいお言葉の数々まっこと有り難うございます!(*´∀`*)

●毬屋さん●
>その筋肉に飛び込みたいです。
そしていざ飛び込んだら余りの大胸筋が高反発力にばいーんと跳ね返されてしまう訳ですね分かります^p^
効果音なんかは「取り敢えず『ゴゴゴゴゴ』って入れておけば大体雰囲気伝わるよね? φ( :3」∠)_」という大分勢い任せなチョイスでしたけど、鮫島先輩(或いはこのシチュエーション)の雰囲気に合ってましたら幸いです……!
>このコマが収録されているコミックは
菫さんが絵師名簿に上げてらしたパロディ(兎が如く)イラストも合わせ、もう龍が如く的な任侠物のイメージしか湧いて来ないんですが是如何にwww
堂島の……鮫!?(最早何の話なのかと



拍手くださった方々も、まっこと有り難うございました!(*´∀`*)

2016年04月03日(日) [No.206207-8 - 編集]

コメントの投稿 セシル中村さんの「覇王の風格(パッシブスキル)」に関するコメントや返信などを投稿

コメントの使い方

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力)

URL:

通常コメントフォーム


[No.206207通報]


作者検索


back<<
>>next

・ ARTNETお絵かき掲示板

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。