Amazon.co.jpロゴ


back<<
>>next

はぎさん ゴルゴーン
イラスト「ゴルゴーン」

『動くなァ!』
「出たなゴルゴーン!この「王国姫騎士くの一隊長」エリーゼルデが相手だ!」
『小娘ェ!動くなと言っているゥ!』
「ハッ!威嚇のつもりか?さっさと降りて来い!いざ尋常に勝…」
『コ ン タ ク ト を 落 と し て し ま っ た の で す が !(咆哮)』
「…えっ?」
『ちょっと(踏むと大変なので)大人しくしててくれる?(半泣)』
「…アッハイ(´・ω・`)」

何か必死で探してて可哀想だったので、一緒に探してあげたら友達になりました
め で た し め で た し


アオリであると同時にフカンでもある
みたいなのを目指して描いてみたつもりです

作者: はぎさん [作者検索]

CT

No.252356 [動画再生 作画アニメ] [編集/削除]

300 x 450 (221 kb)/neo/Q:1 /描画時間:1時間44分16秒 (6079工程) 2019年12月05日(木)

[NEO] [フカン・アオリ]

[傑作イラストに推薦]

拍手レス 迫力がある! 隠れファン (2019年12月05日(木) 08:27)
さん

えーと、、今最適なツッコミとは何かと考えていますが、、
この方のコンタクトを処方した医者の
職務に忠実感と勇気を称えたいと思いました
あ、末筆ですが腰お大事に〜 

2019年12月05日(木) [No.252356-2 - 編集]
拍手レス 迫力がある! 隠れファン (2019年12月05日(木) 13:58)
拍手レス 迫力がある!会話も面白い! 隠れファン (2019年12月05日(木) 18:08)
ビビさん

画面の迫力と物語のギャップに二回感動^^しました(笑)

2019年12月05日(木) [No.252356-5 - 編集]
Laraさん

こんばんは
フカンとアオリ両方収めた構図が素晴らしいですね。
ゴルゴーンの形相が凄いなと思ったのですが、
コンタクトを落として必死になっていると知って可笑しくなりました。

2019年12月06日(金) [No.252356-6 - 編集]
ぷらむさん

こんばんは!
柱を這うように迫ってくる躍動感がいいですね!
緊迫感のあるシーンと思いきや会話が意外性があって思わずくすっとしてしまいました^^

2019年12月06日(金) [No.252356-7 - 編集]
はぎさん

拍手コメント本当にありがとうございます、励みにさせて頂いておりますm(_ _)m


>どさん
お言葉感謝感謝でありますm(_ _)m
真面目な文章を考えてると背中かゆかゆになっちゃう病
なのでこんな感じのしょうもない文章に逃げている次第です

あ、腰はもう全然大丈夫です、お気を遣わせてしまい申し訳ありません;
発症当時は丸二日身動きひとつできませんでしたけどねーハハハッ(地獄)
横になるのがキツイので睡眠が一番しんどいって言う…ぎっくり腰は怖いぞ


>ビビさん
お言葉ありがとうございます、嬉しいなぁ(*´▽`*)
実はコンタクトは視力云々ではなく相手の石化を抑えるための物
ちゃんと目を見て話せるお友達が欲しくて作った物なんですよ、
みたいなほんわかルートへ舵を切ることも可能だなって今思いました
後付けサクサク(十八番)


>Laraさん
どうもこんばんは〜勿体ないお言葉恐縮の極みですm(_ _)m
今改めて見ると…こういう構図描き慣れてないんだなって我ながら感じちゃいますけども;
クリーチャー的なのを描く時は、これまでの蓄積と言いますか、資料いらないので
こうしなきゃいけないとか縛りが無くて自由に楽しく描けるので楽しいです、はい


>ぷらむさん
どうもこんばんは〜お言葉感謝感謝ですm(_ _)m
動画で見ると下描き段階では後ろ脚も描いてますね…なんで省いたし(自問)
一旦柱を這い上がってから上から襲ってくる、みたいな雰囲気にしたかったんでしょうけど
描 く の め ん ど く さ か っ た ん で し ょ う ね(自答)

2019年12月10日(火) [No.252356-8 - 編集]

コメントの投稿 はぎさんの「ゴルゴーン」に関するコメントや返信などを投稿

コメントの使い方

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力)

URL:

通常コメントフォーム


[No.252356通報]


作者検索


back<<
>>next

・ ARTNET お絵かき掲示板

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。