Amazon.co.jpロゴ


back<<
>>next

オレはお父ちゃんに会った事をお母ちゃんに言わなかった。
台風以降、お父ちゃんには会えてない。
オレは台風で荒れ散らかったバラックのある河原へ行った。

よもさんという髭の長いおじいさんが辺りを片付けていて、お父ちゃんは夜には居てると言う。
「坊のお父ちゃん、花火が見たい言うてたで。」
オレは小遣いをかき集め、特大打ち上げ花火を買って対岸で上げた。

次の日の朝、お母ちゃんの電話に連絡が入った。
川の下流で見つかった遺体の身元確認に来てほしいと言う。
お母ちゃんは志賀さんに支えられて確認に出向いた。

オレはわけが分からなくなって、バラックの河原に駆け出した。
よもさんが小屋の前で待っていた。
「オレの花火、昨夜お父ちゃん見てたのに…!
 今警察から電話があって…。」

「ワシな、よもつひらさか言います。
 台風の時、お父ちゃんの魂だけ避難させてん。
 坊にお別れさせたげたんや。」
おじいさんはぺこりと頭を下げた。

「あっという間にお父ちゃん流されてな、魂ひっ掴むのに精一杯やった。
 ワシの仕事はな、なるべくこの世に未練残さんと成仏してもらう事。
 お父ちゃん、花火喜んでたで。」

お寺の境内一面に万灯供養の無数のロウソクの灯が揺らめいている。
志賀さんの手助けもあり、お父ちゃんは荼毘に付された。
オレはお父ちゃんの話をお母ちゃんと志賀さんにも聞いてもらった。

「よもさん…、黄泉比良坂か。
 あの世とこの世の境目の事やな。」
「志賀さん、信じてくれるん?」
あれからよもさんの姿を見かけた事はない。
「また誰かの魂を救いにどこかへ行かはったんやろな。」

オレ達はお父ちゃんの名前を書いたロウソクの前で手を合わせ、夏の夕空を仰いだ。

   ―*―*―*―*―

なんとか間に合いました。ヨカッタ…ε-(´∀`;)
VS参加作で、絵板からの続きの最終話になります。
前話はコチラ↓
https://oekakiart.net/oeb10/index.cgi?mode=tan&no=260885

大阪四天王寺さんの万灯供養に行った事があります。
たくさん灯されたロウソクは幻想的でどこか儚げでした。
自分のVSエントリーはこれで締めとなります。
三重塔に手こずりました(;^ω^)
パース定規を使ってますが、あまり役立てれていません><
乗算、加算発光、オーバーレイと、使うレイヤーもそれぐらいで、このツールを使ったらいいという思いつきが遅いのが経験値の低さですね。反省。
しかしながら描きたかった夏の風物詩は、大会を通じてわりと盛り込めたかなと思います*^^*
参加された皆様、お疲れ様でございました!

No. 055168 Artworks by. ヨヲさん  

CT

[編集/削除] イラストサイズ: jpg 850 * 850 (587 kb)/up 2021年08月26日(木)

[オリジナル] [VS]

おざわさくらさん

こんにちは(^▽^)
続きをとても楽しみにお待ちしていましたが、最終話は涙なしでは読み進められませんでした><
お父ちゃん…今回のお話を拝見して、改めて今までの作品を振り返ったら、今まで以上に切なさがぐっと増してきました。
きっとお父ちゃんはそうなんだろうなぁとは思っていたのですが、まさかこういう形とは…前回には既に伏線があったのですね…切なすぎます><
そしてストーリーの素晴らしさもさることながら、今回もとてもハイクオリティの大作ですね。
涼し気な夜風になびくろうそくの灯が、厳粛でとても美しいです。
鎮魂の光景と静かな夜が柔らかく溶け込んで、やはり胸がぐっときました。
全作通じて映画のスクリーンで拝見したいけど、絶対に号泣しちゃいそうですT×T

改めてVS、切なくもとても美しいお話を見せて下さり有難うございました♪
過ぎゆく夏の美しい思い出が心に残ったような、そんな気持ちになりました。

2021年08月26日(木) [No.055168-1 - 編集]
はぐパンさん

隊長お疲れ様です+完走おめでとうございます。
この度は夏チームに勧誘していただき、ありがとうございました。あそこで声をかけていただかなかったら、正直参加していたかどうかわかりません^^;;
微力ながら全力で(笑)援護射撃をさせていただきましたが、少しでもお役に立てていたら幸いです。
完結編はタッチがガラっとかわっていたのでびっくりしました。ツールの差でこうなるのでしょうか。
美しい一連の情景をありがとうございました。

2021年08月26日(木) [No.055168-2 - 編集]
ビビさん

こんばんは^^
あのおじいさんが「よもつひらさか」だったのですね!(^^)!
「未練残さず成仏してもらう」のと「花火喜んでいた」の言葉で親孝行できてよかったと寂しさが和らぐ思い・・・悲しくも心がしんみりと温かくなる素敵な物語だったなぁと思いましたvあの世とこの世どちらにも良い思い出・・・
美しい夜空、揺れ動くろうそくの涼しさに温かさを加えた空気感、臨場感ある建物景色凄いなぁと魅入りましたv
画像で見せていただき心に響かせていただいた素敵な物語ありがとうございましたv

2021年08月26日(木) [No.055168-3 - 編集]
ちゃかさん

こんばんは。
うーん、そうだったのか−・・と言うわけで切ないです。
でも最後に花火を喜んでくれたから良いのかな。
すみません、言葉になりません(^^;)。申し訳ない。

今までも含めストーリーの組み立てもイラストも素晴らしいなあと感心しました。
臨場感あふれていて美しいです。背景のビルは現実的なのに、手前の風景が浮世離れしていて
不思議な気持ちになります。

大作、お疲れ様でした。

2021年08月26日(木) [No.055168-4 - 編集]
拍手レス 好きな絵です 2021年08月27日(金) 12:42 隠れファン
ひかるさん

完成お疲れ様でございます!
沢山の供養蝋燭が神秘的かつ、後ろの背景はちゃんと日本のレトロな観光地のような建物群で、きちんとした舞台背景が出来上がってらっしゃる。
きちんと礼服なお母さまにも、キャラクターのまじめな性格が表れているようで、設定のしっかりした感じも1枚絵の完成度を上げてますね><
しんみりとせつなげなストーリー、楽しませて頂きました。

素敵な夏の大作&チーム立ち上げ有難うございました(*´ω`*)

2021年08月27日(金) [No.055168-6 - 編集]
ミミニャ〜さん

久し振りのVSお疲れ様でした。
意外すぎる結末にドキっとしました。
揺れる炎とロウソクの迫力が凄く魅力的。
物語を読み終わった後に改めて見ると、3人の真剣な表情や、光の表現も感慨深いです。
建物の細かな表現もヨヲさんらしいというか、とにかく凄い圧巻です。
遠くに見えるビルに広告まで出して頂きありがとうございます(笑

2021年08月27日(金) [No.055168-7 - 編集]
拍手レス 仕上げが丁寧で綺麗です。 2021年08月28日(土) 07:18 風磨
四夜流氷さん

こんにちは〜!
前回の大雨の中の避難の絵の時にはベターエンドかな?と思っていたのですが、絵師名簿にてこれまでの絵の時系列を書かれていたのを拝見した時点で花火大会の絵の時点で・・・と思っていたので、ビターエンドに納得しつつも切ないです;;
せめて最後の別れができただけでもおとうちゃんにとっては幸せだったのだと思います。
それまでの絵がモノクロの中に一部色の入った絵だったのに対して、こちらの絵がフルカラーのため、過去の記憶から現在の出来事にシフトしたような演出になっていて、より胸に来るものがありますね。
揺らめく炎だけでなく建物の明かりもおとうちゃんへの送り火なのかも?と錯覚してしまうのはおとうちゃんや少年側への感情移入の影響かもしれません。
 様々な夏のイベントを経て夏の終わりを感じさせる見事な情景でしめた流れに「夏」チーム発起人であるヨヲさんの矜持を感じました!
本当に素敵な作品、ありがとうございました><

2021年08月28日(土) [No.055168-9 - 編集]
バドスさん

ヨヲさんVSお疲れ様でした!!(^^)
そして、衝撃の事実!!!(゜Д゜)お父ちゃん…!!
今回のヨヲさんの作品、イラストとしてもですが連載の物語として凄く楽しみにしていました!!
ちょっとまだ時系列をキチンと見直してないから、細かくは把握できてないかもしれませんが、なんか色々伏線があったなぁと、ヨヲさん凄いなぁ。凄い。
後で、きちんと時系列を追って物語楽しませて頂きます!!

この一枚に収められた、色々な灯りが混在して幻想的で、現実とあの世の堺の不思議な感じがします。
蝋燭の火の揺らめきや、提灯の暖かな光、背景のマンションの現実的な光に、月と星の柔らかく自然な光。
イラストの美しさは勿論ですが、この一枚から伝わる物語をちゃんと込めて描かれる表現力があるのが、ヨヲさんの凄い所だと思います!

お父ちゃんに花火見てもらえて良かったね、とか、お母ちゃんも別れた旦那さんの為に手を合わせてくれるんだとか、それこそ志賀さんいい人過ぎて、お母ちゃん再婚しても安心だね。とか、よもさんの正体だとか、この物語について誰かと語りたいくらいに私の中で色々な気持ちが湧いてきます(>_<)
VSの最初の頃、セミの作品で笑って最後にこの作品で泣いて、素敵な作品の数々にとても楽しませていただきました!
有難う御座います!お疲れ様でした!!(*´∨`*)

2021年08月28日(土) [No.055168-10 - 編集]
ぷらむさん

こんばんは!
どんな結末になるかと思ってましたが切ないです…。
時系列拝見しましたが花火大会の時もう会えないような予感がありましたが…最後に花火見てもらえたことがおとうちゃんと少年にとっても幸せだったのかなとしんみりと思いました。
夜空の色と対比する蠟燭の暖色系と揺らめき、提灯の柔らかな光の加減、遠景のビル群の描き込みや窓の明かり色々な光の表現が印象的で構図も遠近法が的確でヨヲさんの描写技術凄いなといつも思います!
情緒あふれる夏の風物詩と共に綴られた小説のような素敵な物語堪能させて頂きました!
期間中素敵な作品ありがとうございます!お疲れ様でした!

2021年08月28日(土) [No.055168-11 - 編集]
セシル中村さん

皆さんが既に言葉を尽くしておっしゃってますが、これまでの漫画的なトーン使い&色数を抑えた描写から一転、本作で一気に色彩とリアリティを得た事で、これ以前の作品が全て回想であったのだと見手をスッと納得させる演出に唸りつつ、マンションやビルが建ち並ぶ中、三重塔に見守られる様に囲われたお寺の境内だけはそんな現実世界から切り離され現世と幽世の狭間に在る様な、なんとも不思議な心地のする一枚に息を整えずにはおれません……!

それにしましても、まさか「よもさん」が「黄泉比良坂」に繋がっていましたとは、黄泉比良坂といえば場所を指すという先入観から全く思い至りませんでした。
という事はお父ちゃん、【逃げ水】にてよもさんと行動を共にされてた辺り、その時には既に『この兆し』があったという事なのでしょうか……そう考えると一層、胸に来るものがありますね……。

手前にある1本の蝋燭の火だけが、風の流れに逆らう様に3人に向けられているところにお父ちゃんの気配を感じつつ、あの二人きりの花火大会がせめて、父子二人にとっての救いであった事を祈ります……!

そんなこんなで最初、赤ずきんお姉様で颯爽と参戦なさった時には、まさかこんなしみじみと噛み締める様な結末を迎える事になるとは思いませなんだ、改めてヨヲさんの作品その振り幅と常に高クオリティを保ち続けられる集中力に感じ入った今期VS、本当にお疲れ様でした&有り難うございました!

更新:2021年08月29日(日) [No.055168-12 - 編集]
ぎんの字さん

こんにちは。
連作完結編、拝見できて嬉しいです。
嬉しいですが、おとうちゃん・・・(;ω;)ウッ
なんとなく、そうなんじゃないかなと思いつつ、いや、そうであってほしくないという思いと半々でした。
そっか、よもさん、最後に子に会わせてあげてから黄泉平坂へと送り出したのですね。
優しい話だなー・・・(;ω;)ウッ
ヨヲさんのお話は全体に優しさに満ちていて、どのお話も大好きです(赤ずきんも!
そうそう、歩くんのお話、実は続きが気になっていて。
トリックスター的なカラスさんが最後に出てきたところで終わっていますよね。
私の記憶違いだったらごめんなさい;
あ、作品から横道にそれてしまった^^;
数多ある蝋燭も見事ですが、やはり、背景の構造物に目が行きます。
さすが、ヨヲさん!と思いました。
VSお疲れさまでした。楽しかったですね^^

2021年08月30日(月) [No.055168-13 - 編集]
Laraさん

最終話でこれまでの絵から一転色鮮やかでリアルなタッチになり、夢からさめたような心地になりました。
1万本の蝋燭と軒の提灯の灯りが、夕焼けの残る空と同化しているようです。
周囲が夜の闇に包まれても、境内は時が止まっているかのよう、きっとあちら側にいる方が見つけやすいように・・・
静かに手を合わせる3人の表情も穏やかで、お父ちゃんを見送ることができてよかったのかなと思いました。
何か予感のようなものはありましたが、最終話を読み終えてからこれまでの作品を振り返ってみようとしましたが、涙なしには見れそうにありません。
夏の情緒あふれる絵と物語をありがとうございました。

2021年08月30日(月) [No.055168-14 - 編集]
流良戒さん

こんばんわです!VS最終日にお話一気に追って読ませていただきました。
凄く・・・・凄く切なくて涙が出ました・・・・・・。

夏の終わりに命の尊さを感じさせられた作品だと思いました。
・・・・凄く凄く大事にしていたものが急に壊れてしまってでも代わりに支えるものとそれをつなぐものがあって・・・><//とっても切ないけれどもこの体験は凄く彼を立派な大人に変えていくんだろうなと貴重な体験ができたことが凄く羨ましく思います。


ヨヲさまのイメージは凄くアートネットさんを愛していられる方でだからこそ凄く大事に想っている方で・・・・そして凄く素敵で繊細な絵をお描きになられるなと前々から思っていたのですが・・・感性の表現の仕方も重みがあってぐっとくるなと思いました。本当に一つ一つ大事に描いてるんだろうな・・・・って。そういう姿勢凄く憧れますね。多分一つ一つの経験やかかわりを大事にしてるんだろうなって。

思って凄くしみじみと感じられるいい機会のような・・素敵な作品に出合えたなと思いました。このお話を背に次の季節又次の年と羽ばたいていく人が沢山いるんだろうなー・・・と思うとそういうきっかけとなるお話が作れる技量が凄く羨ましく思えるのですが。本当に素敵な一枚。素敵なお話、素敵でした。
一本一本線にもろうそくにも色彩にも想いを込めたんだろうなー・・・と思いました。私も手を合わさせていただきたいです・・・・・・・・・・こんなに人様の物語で涙流したのも久しぶりな気がします^^有難うございます^^

2021年08月31日(火) [No.055168-15 - 編集]
じぇいらさん

こんばんは、連載完結お疲れ様です!
前回の緊張感あふれるシーンで、どうなるのか気になっていたのですが…切ないですね。
前の作品で父がきちゃいかんと言っていたのは、こういうことが起こるのを予期していたのかなと色々考えてしまいます。
もう会えないのはさみしいけど、未練を残さずに成仏できただけでも救いなのかなと。

オエビ版のほうではグレーの色合いが中心的でしたが、最終話のフルカラーが作品の魅力を際立ちますね。
照らされる提灯やろうそくの明かりに温かみを感じます。
背景に現代的なビルやタワーと、手前の建物がまるで世界が異なっているように見えて印象的です。
そして何気なく建物の名前が「ART.NET」になっていて面白いと思いました。タワーに書かれている文字(笑)
小ネタを入れられるヨヲさんの発想も素敵です。^^
素敵な物語をありがとうございました!

2021年09月01日(水) [No.055168-16 - 編集]

URL:

拍手コメント 0/20 (候補から選択するか入力します)

URL:



[055168通報]


back<<
>>next

・ イラストアップロード掲示板

無断転載は禁止です。 Unauthorized reproduction prohibited.

oekakiart.net内の画像・テキスト・内容などを著作者に断りなく転載・使用する事を固く禁じます。
投稿イラスト作品等の著作権は作者様ご本人にのみ帰属します。

お絵かき掲示板Art.net
Thanks Icon.GARBAGE BOX